東大阪市60代女性:左下奥歯にインプラントを2本埋入して治療



東大阪市60代女性の症例です。
左下奥歯のブリッジ部分の調子が悪く、何となく歯が浮いているような感覚で噛む時に力が入らないという症状で来院されました。
ブリッジは20年近く前に治療されたとのことで、レントゲンで見るとブリッジを支えている歯の一方が中でむし歯になっていました。

ブリッジを外して虫歯治療を行いましたが、かなり深い虫歯で多く削る必要があり、元通りのブリッジにするのは不可能で抜歯が望ましい状態でした。

一番奥の歯でしたので、これを抜歯すると2本連続で歯を失うことになります。
しかしどうしても歯を保存することが出来ず、抜歯しなければなりませんでした。

抜歯後の治療は、入れ歯かインプラントかの2択ということになります。
入れ歯には抵抗があるとおっしゃったので、インプラントで治療することに決まりました。

患者さんのご希望がインプラントであったとしても、インプラント手術が可能であるかどうかは、CT撮影をして骨や血管の状態を把握しなければなりません。
患者さんには持病はなく、喫煙もされないために健康状態には問題は全くありませんでした。

下あごの奥歯にインプラントを埋入する際には、インプラントを埋め込むだけの骨が十分にあるかが重要です。そのためCT撮影のデータを様々な角度から分析し、骨の幅や高さ、神経の部位を確認します。骨幅が足りない場合は人工的に骨をつくる処置を行いますので、それさえ行えば殆どの方がインプラント手術可能になります。

骨の高さが必要な理由は、インプラントを埋め込んでも神経や血管を傷つけることのないように安全な位置を確保するためです。神経を傷つけると唇の麻痺がおこりますので、下歯槽神経を絶対に傷つけないように手術を行います。

骨の幅や高さ、神経の通っている場所を知るためには、CT撮影が欠かせません。そのため、インプラント手術を受ける場合は必ずCT撮影を行ってそのデータをもとに治療計画をたてている医院を選んで下さい。これはとても大切なことです。

事前にCT撮影をしていれば、そのデータをもとに立体的なシミュレーションができますので、安全な治療計画を立てることが出来、結果として危険のない位置にインプラントを埋入出来ます。

インプラント治療には安全性が最も重視されます。患者さんに安心して手術を受けていただけるように、当院では経験の豊富なドクターが手術を行います。

また、事前にご説明を十分に行い、患者さんに治療内容に関して納得していただかない限り無理に治療に入ることはありません。医師が治療の説明を十分に行い、患者さんが治療内容に同意することをインフォームドコンセントといいますが、当院ではこれを徹底させておりますので、ご安心くださいね。

  • 2017年09月22日

大阪市北区50代男性:差し歯の歯根歯折のため抜歯してインプラント1本埋入



大阪市北区の50代男性の症例です。
右上の差し歯にされていた箇所の歯茎が腫れ、出血や痛みがあることから来院されました。
レントゲンの結果、歯根が割れてしまっており、残念ながら歯を残せる状態ではありませんでした。
歯根が割れた場合は殆どのケースで抜歯になります。

ブリッジか入れ歯かインプラントか治療法を決定する前にじっくり話し合います


この患者さんのケースでは、歯を失った後の治療として、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの方法からの選択ということになります。
一つ一つの治療法についてメリットとデメリットをお話し、どれが一番患者さんの状態に合っているかを話し合いながら決めていきます。

当院では多くのインプラントの症例がありますが、どの患者さんに対しても強くインプラントをお勧めするというわけではありません。
患者さんが納得しておられない治療を無理やり行うようなことは絶対にありませんので、ご安心ください。

失った歯の場所や本数、患者さんの年令や全身の状態、生活習慣、患者さんが何を一番優先されるかのご希望等を考え合わせたうえで、歯科医師としての立場で最良と思える治療法と照らし合わせ、納得のいく治療法を選びます。

歯科医師としてお勧めしたい治療がインプラントだったとしても、患者さんがヘビースモーカーで煙草を短期間であってもやめられそうにない場合は、インプラント治療をお勧めするわけにはいきません。
歯科医療の臨床結果として、ヘビースモーカーの方はインプラント本体と骨が結合しにくいという事実があるからです。

また、心臓病や高血圧、糖尿病、骨粗鬆症等の全身疾患のある方も、インプラントには向きません。担当医によって数値が適切にコントロールされている場合は、インプラント手術可能なケースもありますが、いずれにしてもこれらの疾患のある方は、治療を受けていただくにあたって歯科医師にとっても注意が必要です。

最初から「入れ歯は嫌です」とはっきりおっしゃる患者さんもおられますし、出来るだけ治療費を抑えたい方もおられます。逆に「インプラントをお願いします」と希望される患者さんもおられますので、お一人おひとりのご要望はさまざまです。

当院では患者さんとお話ししながら、ご要望をお聞きし、なるべくご希望に沿う方向で、歯科医師としても納得のいく治療法で治療計画を立てています。

この患者さんの場合は、インプラントに大変興味を持っておられ、可能であればぜひ試してみたいとおっしゃったため、最初からインプラントを前提にお話を進めていきました。
全身の健康状態も良好で、骨の高さや幅にも全く問題がなく、抜歯後の歯ぐきの状態が良くなり次第のインプラント埋入手術となりました。

手術の経過も良好で、予定よりもやや早めの期間で上部構造の取り付けを行うことが出来、患者さんも出来栄えにとても満足していただけました。

  • 2017年09月21日

大阪府八尾市50代女性:ブリッジを切断し左下奥歯にインプラント2本埋入



大阪府八尾市50代女性の症例です。
ブリッジの部分に違和感を感じるとのことで来院されました。
レントゲンを撮ってみるとブリッジの支えのうち奥側の歯根にヒビが入ってしまい、抜歯しなくてはならない状態でした。

幸いブリッジを支えている2本の歯のうち、手前の歯は異常がありませんでしたので、ブリッジを切断して一番奥の歯を抜歯し、今後の治療計画を考えていくことになりました。

一番奥から2本歯がなくなった場合にはインプラントがおすすめ


咬合を回復してよく噛める状態に戻すためどのように治していくかは、欠損した歯の場所と本数によって変わります。
この患者さんの場合は一番奥から2本連続で失っているため、もうブリッジはかけられません。

入れ歯という方法もありますが、奥歯を2本失った場合で、特に一番奥の歯の場合には、入れ歯は安定せず、噛みづらい状態になることが予想されます。当院にも奥歯を入れ歯にしていたが噛みにくくて耐えられなくなり、インプラントの相談にみえられる患者さんが多くおられます。

結論を先に書いてしまいましたが、このような場合はインプラント治療がベストな選択ということになります。
しかしインプラントはどなたでも手術が受けられるわけではなく、手術が必要な事や治療費が高額になること等から、治療をためらう方がおられるのも事実です。

その他にも、糖尿病や骨粗鬆症、心臓病等の疾患のある方はインプラント手術が受けられないケースがあります。
ヘビースモーカーの方も、インプラントと骨が結合しにくく、インプラント治療が向いていません。

入れ歯とインプラントはどう違うのか


入れ歯かインプラントかの選択で迷った場合は、それぞれが一体どんな治療方法なのかを知る必要があります。

入れ歯は一般的に良く使われており、様々な材質や素材があります。保険適用の入れ歯と自由診療の入れ歯では、快適さという面では大きな開きがあり、どのような種類があるかはご希望の患者さんには医院でご紹介しています。

インプラントはアゴの骨にチタンで出来た人工歯根を埋め込んで、その上に被せ物を取り付ける治療法です。見た目は天然の歯と殆どかわらずとれもキレイです。
チタンは骨と結合する性質があるため、しっかりと頑丈な歯を作ることが出来ます。

総入れ歯の方は入れ歯とインプラントの良いところを取り入れた磁石式入れ歯という方法もあります。まず総入れ歯を支えるためのインプラントを埋め込み、インプラントと入れ歯の双方に小型の磁石を取りつけて固定させます。
磁石の固定源がインプラントですので、普通の入れ歯のようにガタつくことがなく快適に噛むことができるようになります。

このように、治療方法そのものについての知識を得られることで、ご自身に最適な治療法が選びやすくなります。もちろん歯科医師としてお勧めする治療法はありますが、患者さんがメリットもデメリットも知った上で、自ら選ぶことも大変重要だと考えます。

治療方法を決定するまでには担当医とじっくり話し合う機会がありますので、ご安心ください。
また、直接担当位に聞き辛いご質問などは、無料の相談ダイヤル(0120-505-589)までお電話下さい。経験豊富な専任のカウンセラーがご質問にお答えしますので、お気軽におかけくださいね。

  • 2017年09月20日

大阪府豊中市50代女性:下顎の奥歯抜歯即時埋入



吹田市50代女性の症例です。
下顎奥歯がむし歯になって神経をとって被せ物にしておられましたが、今回歯ぐきが腫れて痛みがあるとのことで来院されました。

検査してみると根の破折を起こしており、抜歯しなければならなくなりました。
患者さんのご希望で、抜歯と同時にインプラントを埋め込む即時埋入を行いました。

この方法は抜歯と同時にインプラント埋入の手術を行いますので、患者さんの身体への負担が軽く、全体の治療期間も短縮されます。

患者さんからの体験談をいただいていますので、ご紹介します。

インプラントは最後の手段


歯の治療としてはインプラントは最後の手段と思っていましたので、抜歯になったんだから、インプラントになってもしょうがないかなという気持ちでした。

価格も高いですが、入れ歯もいや、ブリッジもいやということになると、他に選択肢がないように思われました。しょうがなくインプラントに、と言うと、先生にはとても失礼かもしれませんが、歯を失ってどうにかしなければならなくなった患者としては、しょうがなくインプラントにという方も多いのではないかと思います。

そんなわけで諦めの境地といいますか、先生にお任せしますといった受身の姿勢で抜歯とインプラント手術に臨みました。

インプラントにして良かった!


ところが、実際にインプラントを体験してみて、驚きに変わりました。

私はインプラントに対して、「自分の歯がもう一度生えてきたみたい」だとか、「何でも噛める」とか、そんな夢みたいなことを望んでいたわけではありませんでした。失ってしまった歯の代用という程度の考えで、入れ歯やブリッジよりは良さそうだと思っただけでした。

しかし実際に治療が進んできれいなセラミックの歯が入った時に、「インプラントにして良かった!」と感じました。
それくらい見た目も自然で、もとの歯と同じように噛めたのです。
とても驚き、感動しました。
入れ歯もブリッジも気乗りがしなかった私にインプラントを勧めてくださった先生に対して、初めて感謝の気持ちが湧いてきました。

なくした歯の本数によって違うのかもしれませんが、私の場合は一番自然な形で歯を修復することが出来ました。本当に抜歯したのがウソのようです。インプラントで作った歯が、まるでもとからそこにあるかのように思えてしまいます。

それくらい自然にフィットしていて、違和感がなく、インプラントであることを忘れてしまいそうなくらいです。
先生、どうもありがとうございました。インプラントに歯周病は大敵と聞きましたので、これからはインプラントの歯を大切にしていきます。

  • 2017年09月14日

大阪府枚方市30代男性:左上前歯にインプラント1本埋入



大阪府枚方市の30代男性の症例。
先天性欠損があり、乳歯が抜けた後に永久歯が生えてきませんでした。
そのため、インプラントを埋入して欠損部分を補いました。

前歯に先天性欠損がある場合のインプラント


前歯付近に先天性の欠損がある場合、乳歯が抜けたあとは歯と歯の間に隙間が出来てしまい、歯が左右対称ではなくなってしまいます。見た目の問題もあり、患者さんはとても気にされていました。
このような場合には、隙間の大きさによってインプラント治療、矯正治療が行われます。
インプラントを埋入するだけの隙間がない場合は、先に矯正治療によってインプラントを埋め込むスペースを確保し、それからインプラント埋入手術を行います。

いずれにしても自然に見える美しい歯を再現しなければなりません。そのためにはCT撮影や模型を利用してまずシミュレーションが行われます。

ここ数年、柔らかい食べ物が好まれるようになった影響か、顎の小さいお子さんが多くなってきました。顎が小さいために歯が並びきらなくて歯が重なって生えてきた場合には、顎を大きくしながら歯列を整えていくような矯正治療を行わなければなりません。

そして顎が小さいお子さんが増えたと同時に、先天性欠損歯のあるお子さんも増加の傾向にあります。通常では乳歯が生え替わって永久歯に割りますが、先天性欠損歯があると、乳歯のあとに永久歯が生えてきません。そのため大人になっても乳歯が残っている場合が多く、なるべく長く乳歯を使うように歯のケアに気を付けることになります。

乳歯を大切にしていても二十歳前後で抜けてしまうことが多く、その場合には歯が欠損している部分にインプラントを埋め込む治療を受ける方が増えてきています。
インプラントは歯周病にさえかからなければかなり長持ちするとはいえ、二十代の患者さんが一生使えるかどうかは、まだ臨床での結果が出ていません。

長い人生の間に数回はインプラントのかぶせ物を取り変えなければならないということが予想されますが、それでもインプラントで作った義歯を快適に使い続けることは十分可能だと考えます。

インプラントは何本必要か?


よくいただくご質問に3本連続して歯がない場合に、インプラントは何本埋め込む必要がありますか、というものがあります。

一般的には、インプラント治療では、1本の歯に対して1本のインプラントを埋入するのが通常の治療です。2本の歯を失った場合には2本のインプラントを埋入します。
連続して3本以上の歯を失っている場合は、こうしなければならないという決まりのようなものはなく、3本のインプラントを埋入することもありますが、インプラントを並べて埴立したときに、歯や歯ぐきの高さを揃えることが難しいという問題があり、2本のインプラントを埋入してブリッジを作ることもあります。

しかしインプラントが何本必要かは、失った歯の場所や本数、そして患者さんの骨の状態によっても変化します。お一人で悩んでいても解決はしないと思いますので、インプラントの専門院で一度検査して、実際に何本必要かを診てもらってはいかがでしょうか。
当院では無料で初診相談を行っておりますので、すぐにインプラント手術を受けるわけではないけれど、選択肢の一つとして考えておられる方はぜひご利用ください。

  • 2017年09月12日