大阪市中央区30代男性:右下奥歯を抜歯してインプラント1本埋入



大阪市中央区30代男性の症例です。
お若い方なので骨はしっかりしており、歯ぐきも健康な状態です。
このような方の場合は、初めて歯を1本失ったときにインプラントにされることで、自分の歯と比べて遜色のない審美性とよく噛めるという機能面という両方の恩恵を受けられます。

治療方法

右下奥歯を抜歯してインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。



インプラントは骨に埋まっていますので強い噛み合わせの力を支えることができます。そのため今まで入れ歯で噛めなくて困っておられた患者さんからは、何でも食べられるようになってとても嬉しいというご感想を多くいただいております。

さて、数年前にインプラント手術の失敗について、大きく報道されたことがありました。
インプラント治療を成功させるために、必要なポイントを見ていきましょう。

インプラント治療を成功させるために必要なポイント


1.歯科医師の手術の手際が良いこと


お口の中には細菌がさくさんいます。どんなにきれいにクリーニングしても、細菌を完全になくすことは出来ません。
感染のリスクを減らすためにも、素早く手術を行うことは大変重要になります。

また、インプラント埋入の際に時間がかかってしまうと炎症が起こって周囲の骨にダメージを与える可能性が増します。インプラントの本数が多い場合には全て埋入するまでには時間がかかりますが、それぞれのインプラントを埋入する処置には時間をかけないことが大切です。
当院の歯科医師は、能率よく短時間で手術を終えられるように研鑽を積んでいます。

2.口腔内全体を考えて治療計画をたてること


骨の厚さや高さが足りない部分に無理やり細いインプラントを埋入すると、力の負担が大きくなり、歯が割れたりインプラントが抜けたりという事態になりかねません。
無理な治療計画をたてた場合には、結果的にインプラントは長持ちしませんし、他の歯にも悪い影響を与えます。

そのため、例えば患者さん自身は前歯をインプラントにしたいと思っておられても、奥歯がしっかり噛めていない状態では、奥歯を先に治療する場合があります。
他の歯科医院で治療された歯のかぶせ物等に異常がないかも、確かめなければなりません。

このように全体のバランスを見ながら治療を行わなければ、最終的にはうまくいかないということになります。長期的に正しい咬み合わせを維持していけるような治療計画を立てることが重要です。

3.最終的な被せ物をチェックする


インプラントが無事に骨と結合して頑丈な歯を作れたとしても、被せ物がぴったり合っているかどうかのチェックは欠かせません。インプラントや増骨の処置がうまくいっても、上部構造を被せた時の咬み合わせが正常でなければ、インプラント治療が成功したとは言えません。

咬み合わせが悪いままでいると、顎がずれたり、顔が曲がったり、姿勢が悪くなったり肩こり、頭痛が起こったりします。体調が悪くなるだけでなく、最終的にインプラントにも負担がかかりますので、インプラントが長持ちしないということになります。

咬み合わせが正しければ、噛んだ時にストレスを感じることはありませんし、スッキリ噛めます。この調整は厳密に行わなければなりません。当院では熟練した歯科技工士さんがインプラントのかぶせ物を作成しますので、殆どの場合はかぶせ物の微調整で良く噛めるようになります。

インプラント治療を成功させるために必要なポイントは、これ以外にもたくさんあります。
また後日、細かく見ていきましょう。

大阪市阿倍野区50代男性:上下全顎をインプラントで治療



大阪市阿倍野区50代男性の症例です。
もともと下顎には総入れ歯を使っておられ、上顎はブリッジにして歯を支えていました。
しかしブリッジもグラグラしており、長くは使えそうにありません。
そこで上下共にオールオン4の治療をすることになりました。

治療方法

上下顎をオールオンフォーで治療する計画をたてました。今回は下顎にインプラントを6本埋入し、オールオン6で治療しています。

費用

オールオン6アクリリックレジンタイプ ¥2,300,000(税抜)
静脈内鎮静 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。



オールオン4(オールオン6)


オールオン4は、埋め込むインプラントの本数が最少で4本です。骨の状態によっては6本埋入する場合もあります。
従来は1本の欠損に対して1本のインプラントを埋入するのが一般的でしたが、オールオンフォーの登場で、片顎の全ての歯を4~6本のインプラントで作れるようになりました。

失った歯の数だけのインプラントを1本1本埋入していた頃と比べて、オールオン4は手術の時間が短縮され、術後の腫れも小さくなり、費用面でもかなり負担を抑えることが出来るようになりました。

オールオン4(オールオン6)の術式


オールオン4では、奥の方のインプラントを骨がしっかりある部分に斜めに埋め込みます。それによってインプラントにかかる力を分散することが可能になり、少ない本数のインプラントで安定して歯を支えることが出来ます。

骨があるところを狙ってインプラントを埋め込むため、骨量が少ない方でも骨造成を行う必要がありません。また、インプラントの埋め込みと仮歯の装着を1日でやってしまいますので、患者さんにとってはたった1日で歯(仮歯)が入り噛めるようになる画期的な治療方法です。

総入れ歯が合わなくて悩んでおられた方にとっては、痛みや違和感などから解放されて大変嬉しい変化になると思います。
尚、この患者さんの場合はインプラントを6本埋め込むオールオンシックスで治療しております。

オールオン4が総入れ歯のトラブルを解決


入れ歯のお悩みは当院にも多く寄せられています。
例をあげますと、下記のようなものです。

・食事のたびに入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まり、とても痛い
・入れ歯では硬いものを食べられない
・歯ぐきが大きく覆われる形の入れ歯なので食べ物がおいしくない
・発音しにくい
・入れ歯が外れるのではないかと心配
・はずして洗うのがとても面倒に感じる

まだまだ沢山あります。
これらのお悩みがオールオン4では解消され、快適に毎日を過ごして頂けるようになります。また、お悩みがなくなったことで、今まで家に閉じこもりがちだった方が積極的に外出されたり食事に行かれたり、スポーツを始められたり、海外旅行を楽しめるようになられた方もおられます。

このように、歯の治療をすることで、とても明るく活力溢れる生活を楽しんでおられる方が大勢おられます。多くの歯を失って、治療に対して消極的になっておられる方もおられるかと思いますが、一度無料相談を受けてみられませんか。
現時点での最適な治療法がわかるだけでも、大きな収穫になるのではないでしょうか。
歯のお悩みが少しでも解決できるように、当院ではドクター、スタッフ共に一生懸命治療にあたらせていただきます。

大阪府藤井寺市40代女性:右下奥歯にインプラント2本埋入



大阪府藤井寺市40代女性の症例です。
右下の奥歯を2本失われてから3年程度は経過しているとのことで、今回相談にみえられました。
一番奥の歯になりますので、ブリッジでは治療出来ません。
こういったケースでは、入れ歯かまたはインプラントでの治療になり、この患者さんはインプラントを選ばれました。

治療方法

右下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。


入れ歯とインプラントではどちらがより良く噛めるのか?

大臼歯の部分はしっかり噛むためには重要な役割を果たします。
そのため今回の治療では、入れ歯とインプラントのどちらの治療がより良く噛めるのかということが一つのポイントになります。

一番奥の歯の場合、入れ歯は動きやすく不安定になりやすいため、噛むことにも影響が出ます。一方インプラントは顎の骨にしっかりと固定されますので、強い力がかかっても動いたりはしません。
このように、噛めるという点ではインプラントに軍配が上がります。

治療方法が複数あり、どれにするか迷う場合には、どの治療が患者さんの希望をより明確に叶えてくれるかをチェックしながら、最終的にどの治療方法に決定するかを考えていきます。

片方でばかり噛むと、顎関節に負担がかかる

右下奥歯を2本失った場合、自然に左側で噛むようになると思います。
何年もの間左側でばかり噛んでいると、顎関節にずれが生じて顎関節症を引き起こす恐れがあります。

専門家は、食事のときに片方でばかり噛むことを「偏咀嚼(へんそしゃく)」と呼んでおり、顎のゆがみの原因になると言われています。
顎がゆがむと歯並びが崩れてきて、顔や身体全体にも影響が及んでゆがみが広がっていきます。

顎がゆがんでいるために眉の形や目の大きさや口角の高さ等が左右でかなり違ってきているとしたら、大ショックだと思います。
頭痛や肩こりの原因が顎のゆがみにあったという話を聞いた事があると思いますが、それも片側で噛んでばかりいた結果かもしれません。

そのため、出来る限り食事は左右の歯を均等に使って噛むようにしなければなりません。

良く噛めるのがインプラントの特徴

インプラント治療でしっかりした奥歯が入り、咬み合わせに問題がない状態になると、今までの不自由がウソのように何でも良く噛めるようになります。

インプラント治療はチタン製のインプラント(人工歯根)を歯ぐきに埋め込みます。チタンは生体親和性が高く金属の中では唯一骨と結合する性質をもっています。そのためインプラントを骨に埋め込むことでしっかりとした歯根が出来ます。

骨と結合していますので、入れ歯やブリッジと比べると強い力で噛むことが出来ます。
しっかり力を入れて噛めるようになりたい方にはインプラントをお勧めしています。

大阪市天王寺区50代女性:上顎右側前歯にインプラント1本埋入



大阪市天王寺区50代女性の症例。
上の前歯を数年前に失い、そのままにしていたため歯を入れるにあたって、1本分のスペースがない状態でした。
そこで隣の歯を少し削る事で何とかスペースを作り、インプラントで治療するという治療計画をたてました。

治療方法

上の前歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。


歯を失った時に治療しないでいると歯列が崩れてきます


歯は隣の歯と押し合うことで歯列を維持しています。
歯と歯の間に野菜の薄皮1枚が挟まっただけでも、大変な違和感を感じてしまいます。
歯列はそれくらい敏感で精密なものなので、歯が1本なくなってしまったら歯列が崩れていってしまうことは、容易に想像出来ると思います。

歯を失った時に治療しないで放っておくと他の歯は開いたスペースめがけて移動してきます。抜けた部分の隣の歯が倒れてきたり、咬み合う相手の歯が伸びてきたり、押しあいをしていた歯の力のかかる方向が変わる事で、歯並びがでこぼこしてくる場合もあります。

こうして咬み合わせが崩れてくると、次は顎関節に負担がかかります。
更に、歯列がでこぼこしてくることで歯みがきのときの磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病が進行する原因にもなります。

かなり動いてしまった歯を元の位置に戻すには矯正治療が必要になりますが、この患者さんの場合は何とか隣の歯をけずることで1本分のスペースが確保出来ましたので、インプラントを埋入することが可能になりました。

インプラントにおいても歯の咬み合わせはとても大切


歯を1本失ったスペースに他の歯がずれてきて、スペースが小さくなっているなら、やがてそのスペースには他の歯がぴったりはまるのでは?と思われるかもしれません。

しかし、それはかなり楽天的な予想に過ぎません。隣の歯がぴったりおさまるように移動させるためには矯正治療が必要になります。

実際に歯を失った部分のスペースを利用して出っ歯をひっこめたいという患者さんもおられますが、その場合、見た目はきれいな歯列になったとしても、咬み合わせが狂ってしまう場合があります。
今まで咬み合っていた奥歯の片方が、1本分場所を移動するとしたら、どうなるでしょうか? 相手の歯が1本ずつ横にずれることで、上手く噛めなくなってしまいます。

矯正治療でもインプラントでも、咬み合わせはとても大切です。しっかり噛めることは全身の健康に深く関わっているからです。

インプラント治療では特に良く噛めるようになりたいとおっしゃる患者さんが多いため、しっかりと咬合が回復出来るかという点には、治療の上でとても神経を使います。

当院では、患者さんが良く噛めるようになること、見た目がきれいであること、ながもちさせること等、色々な問題を解決していきます。
歯の事でお悩みの方は、ぜひ一度無料相談にお越しくださいね。
医院は大阪梅田、なんば、豊中、吹田、神戸三宮にございます。
今まで悩んでおられたことが解決出来て患者さんに喜んで頂けたら、私たちにとってこれほどうれしいことはありません。

大阪府茨木市60代男性:左下奥歯にインプラント2本埋入



大阪府茨木市60代男性の症例。
入れ歯が合わないので、インプラントでよく噛めるようになりたい、というご相談で来院されました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。


この患者さんは一年前までは和歌山県にお住まいでした。左下の奥歯は5年ほど前になくされ、地元の歯医者さんで入れ歯を作ってもらったそうです。
最初に作られたのは保険の入れ歯で、保険の入れ歯を使っている間は快適だったことはほとんどなく、何度も何度も歯科医院で入れ歯の調整を受け、その時は少し良くなった感じがするけれど、帰宅して食事をするとやはりがたつきや痛みが出てずっと困っていたとのお話でした。

保険治療には様々な問題があります。制度を維持していくためにコストを抑え、技術力も最小限で済むような診療になっています。入れ歯も保険で作成したものと自由診療で作成されたものでは、使っている素材が違うために入れた時のフィットする感じも全く異なります。

この患者さんは1年くらいは保険の入れ歯で我慢されていましたが、遂に我慢の限界になり、自由診療の入れ歯に変えたそうです。その入れ歯は以前のものに比べるとまあまあ良かったそうですが、2~3年に一度作り直す必要があり、かなりの金額がする割に耐久性の面で不満がありました。

そこで今回、インプラントをということになったそうです。
確かにしっかりと噛めるようになるには、インプラントがおすすめです。

患者さんがインプラント治療をするにあたってこだわったこと


この患者さんがインプラントに求めることは、以下の点です。

・良く噛めるようになること
・噛むときに痛みがないこと
・違和感を感じないこと
・食べ物の味や温度が感じられること
・発音が変にならないこと
・他人から見て変に見えないこと

これに追加するとしたら、歯列が美しく見えること、咬み合わせが回復されること、長持ちすること等があげられると思います。

これらの点は、インプラント治療で実現可能なものばかりです。
寧ろインプラントが得意とするところでもあります。

もう一つ、出来れば大阪府茨木市のご自宅から通いやすい歯科医院であることも忘れてはいけません。通院のたびに遠方から来て下さっている患者さんもおられますが、かなり体力や時間を使いますので、今後も長いおつきあいをさせていただくためには、近いに越したことはありません。

インプラントは高価だという点はデメリットだが、それを上回るメリットがある


インプラントは自由診療なので、価格面では高価なものになってしまいます。
しかし上記のポイントをすべてクリアしているとしたら、それは本当に不当なほど高価だといえるでしょうか? むしろ、デメリットを上回るメリットがあるのではないでしょうか。

通常でしたら、インプラントは高価であるというデメリットについて、患者さんとよく話し合わなければならないのですが、この患者さんはすでに答えを出しておられました。
ご相談の最初の時点で、既に「入れ歯が合わないので、インプラントでよく噛めるようになりたい」とおっしゃっておられたからです。

骨量も骨の高さも幅も申し分なく、増骨等の処置はせずにインプラント手術が可能でした。
手術が終わり、インプラントが骨と結合する間は入れ歯を使っていただきましたが、インプラントが完成してきれいなセラミックの上部構造が入った時には、本当に喜んでおられました。

現在は3カ月に1回のメンテナンスに来て頂いています。
違和感がないこと、自分の歯と見分けがつかないししっかり噛めることが嬉しいとおっしゃっておられます。
入れ歯で困っておられる方は、ぜひ一度ご相談にお越しください。初診カウンセリングは無料ですし、セカンドオピニオンの方も多く来られていますので、ご安心くださいね。