口腔が呼吸器感染症へ与える影響と、そのメカニズム

 口の中には細菌がたくさんいます。胃にも腸にも、健康な人でも病気の人でも誰にでも細菌はいます。睡眠中は唾液の分泌が抑制されているため、口腔内の細菌は夜の間に増えて臭いを発します。睡眠後3時間すると、口の中の細菌数は爆発的に数が増え、約8時間で飽和状態に達するそうです。この場合の飽和状態というのは、細菌が増加する数と死滅する数が拮抗している状態です。そのため、起きてすぐは口の中がねばねばしていて臭いのです。
 以下は、口の中の細菌が、身体の他の期間に悪い影響を与えることはないという記事からの抜粋です。

【口腔が呼吸器感染症へ与える影響と、そのメカニズム】
 口腔細菌の多くは生体に対して病変を起こすことなく、正常細菌叢として外来細菌の侵入を
阻止する作用を果たしています。これらの細菌は通常唾液と一緒に飲み込まれています。
およそ唾液中には1mlあたり1億の細菌が存在します。この1億の菌は嚥下され、消化管の方に
流れ込みます。飲み込まれた口腔細菌のほとんどは消化液の中では生存できず、腸管内に定着
することなく死んでしまいます。間違って一部気管の方に流れ込んだとしても、咳反射によりむせて
はき出され、残りは気管の繊毛上皮の運動によって送り戻され痰として排出されます。物理的な排除
を逃れて残ったものに対しては、免疫担当細胞による排除が起こります。
(Vol.34 歯科衛生士引用)

 口の中の細菌を取り除くために、寝る前に歯磨きをし、朝起きたらまた歯磨きをするという歯の健康法があります。健康な歯を維持するために、様々な情報にアンテナを張り、最新の医療の情報を得たいものですね。歯に関するお悩みがありましたら、北大阪インプラントセンターの無料電話相談をご利用ください。インプラントの初診の方は、無料で初診カウンセリングも行っています。セカンドオピニオンを求めておられる方も、どうぞご利用ください。

  • 投稿日時:2011年12月29日
  • 記事分類:歯科

全身疾患について学ぶ

 4.4人に一人が65歳以上の高齢者という高齢化社会がやってきました。このことは、今後高齢者に向けての専用のデンタルケアが必要になることを示唆しています。実際に、高齢者の方や介護の必要な方向けのデンタルケア製品も発売されており、その市場でのシェアはどんどん拡大していくものと思われます。
 以下は高齢者の方の全身疾患についての記事からの抜粋です。

【健康寿命を脅かすロコモティブ・シンドローム】 
最近の総務省の発表(平成21年9月20目)によると、わが国の65歳以上の高齢者人口は
全人口(1億2,700万人)の22.8%を越え、その実数は2,900万人(男性l,240万人、女性1,660万人)
に達したそうです。 4.4人に1人が65歳以上の高齢者という計算になります。このような高齢社会を
反映して、生活習慣病の1つである骨粗鬆症や変形性関節炎を患う高齢者が急増し、その実数は
3,000万人を越えたのではないかと推定されています。また、脊柱管狭窄に基づく神経の圧迫、
慢性関節リウマチ、癌の骨転移に起因する骨破壊(癌性高カルシウム,血症、
humoral hyPercalcemia of malignancy、HHM)なども高齢者のQOLを蝕み、社会的に大きな
問題になっています。
 人口動態調査の速報値によると、65歳の日本人の平均余命は男性が16.1年、女性が20.4年です。
このうち、ADL(身の回りのことが自分で行える能力)を備えて自立可能な期間を「健康寿命」
と呼んでいますが、65歳の日本人の健康寿命は男性が14.7年、女性が17.7年です。平均余命と
健康寿命の差が介護期間で、男性は1.4年、女性は2.7年となります。(Vol.34 歯科衛生士引用)

 食べることは、生き物にとっては生命の根幹にかかわることですので、どなたにとっても歯の健康は大切です。出来るだけ天然の歯を長持ちさせることが好ましいのですが、虫歯で歯を失ったり、歯周病になってしまったりと、大事にしていても何かと歯の悩みがあるのが実情でしょう。歯に関するお悩みは北大阪インプラントセンターの無料電話相談をご利用ください。インプラントの無料初診カウンセリングも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 投稿日時:2011年12月29日
  • 記事分類:歯科

POI-EXインプラント3

 インプラントは別名を人工歯根治療といいます。顎の骨に、骨と結合する性質のあるチタン金属でできた人工歯根(フィクスチャー)を埋め込むことによって、しっかりと固定され、天然の自分の歯と同じように違和感なく食事が出来、入れ歯のように発音しにくくなることもありません。そのため、多くの方がインプラントにしたいと望まれますが、骨の状態によって、すぐにインプラント手術が出来ない場合もあります。その場合は、骨を作る処置を最初に行うことにより、インプラントが可能になりますので、諦めないで歯科医にご相談ください。

【POI-EXインプラント】
●システムの概要
Versatile フィクスチャーカラー部研磨面の高さ3種類(0.5mm,1.5mm,2.5mm)  
をラインナップした.同一術式で,1図法/2回法を選択できる.
Aesthetic カスタムキャップとテンポラリーアバットメントのプロビジョナルパー
ツを採用し,より簡便にティッシユマネージメントができるようになっ た.
Expansion φ4.7mm,φ5・2mmのフィクスチヤー直径を追加し,部位に応じた選択が
可能となり,より自然なエマージェンスプロファイルを獲得できるようになった.

 インプラント本体が骨と結合することを、オッセオインテグレーションといいます。オッセオインテグレーションはインプラント手術後すぐに起こるのではなく、埋入してから3~4週間で起こります。もっとも骨との接触率が高くなるのは3か月後といわれています。そのため、インプラント埋入手術から数ヶ月間は、インプラントに強い力が加わらないようにしなければなりません。
 インプラントに関するお悩みやご相談は、北大阪インプラントセンターの無料初診カウンセリングをご利用ください。専門医があなたの歯や骨の状態を調べ、あなたの場合の治療方法や治療期間を詳しくご説明します。費用のこともお話いたします。ご予約のうえ、来院ください。
 

AQB・SOLシステム4

 インプラントを知ったきっかけは何ですか?というアンケートに、多くの方が「インターネット」と答えたそうです。次いで「新聞・雑誌」「かかりつけの歯科医院」という順になったそうです。数年前と比較して、インプラント治療の出来る歯科医院が増えてきていますので、数年後にはインプラントはもっと一般的な治療法として知られているかもしれませんね。
 以下はAQBインプラント・SOLシステムについての記事からの抜粋です。

【AQBインプラント・SOLシステム】
●アバットメントの特長 2
 本システムではアバットメントが共用化されている.これはフィクスチャーが4mm,5mmどちらであってもアバットメントは共通で接合可能である
(一部,4mm専用あり).さらに,アバットメントにも1ピースと同様に水熱処理を施しており,歯肉との親和性,封鎖性を向上し,術後感染のリスクを軽減する.
 印象の採得方法は一般的な2ピースタイプと同様にオープントレイ法及びクローズドトレイ法に対応している.両方法ともにプラスチック製冶具(ピックアップコーピング)およびインプラントアナログを使用して印象精度の高い模型を作成することができる.
 ソケットリフトを安全で確実に施術する際にはAQBオステオトームを使用する.AQBオステオトームはAQBインプラント用スパイラルドリルの直径に合わせて設計されており,AQBインプラントに最適な植立孔を形成することができる.
◆適応症例
 1ピースタイプでは審美的回復の困難な症例(上顎前歯部など),骨形態によってインプラントの平行性を維持できない症例(アングルアバットメントの適応).

 天然の歯には、歯根膜というものが存在しています。これは骨と歯の間にあるクッションのようなもので、物を噛むときの力が直接骨に加わらないようにする役割があります。インプラントの場合、この歯根膜がありません。つまり、クッションがないために、歯ぎしりなどの強い力が加わることに対しては弱いとされています。
 インプラントに関してご質問のある方は、北大阪インプラントセンターの無料初診カウンセリングを受けてみませんか?専門医があなたの場合の治療方法や治療費について詳しくご説明します。日頃から疑問に思っておられることを何でもおききくださいね。