インプラントは良く噛めて食事もおいしい


インプラントの歯で噛めるようになることの幸せ

 インプラントはブリッジや入れ歯と比べてしっかり力を入れて噛むことが出来ます。歯は本来、歯根と呼ばれる歯の根で噛む時の力を支えます。インプラントの場合は人工歯根をあごの骨に埋め込んでいますので、天然の歯と同じように噛む力がしっかりと骨に伝わります。

 一方、ブリッジや入れ歯は構造上、義歯の部分の歯根がないために力をしっかりと支えることが出来ません。ブリッジも入れ歯も、両隣の歯で固定されており、垂直的な力は歯ぐきが支えることになります。そのため、歯根に支えられているインプラントに比べるとどうしても強い力で支えることが出来ません。

 インプラントは隣の歯を痛めることがないという大きな特徴がありますが、もう一つの特徴は「良く噛める」ということです。セラミックを被せれば、見た目は天然の歯と変わりません。異物感もありませんし、インプラント治療後しばらくすると、患者さんご本人にもどの歯がインプラントなのか、見ただけではわからない位になります。

 失った歯がまだ健康だった頃は、全く違和感なく何でも噛めていたと思います。インプラント治療後はそれと同じ感覚になります。歯のことで不自由しておられた患者さんは、殆どの方がインプラントで噛めることの喜びをお話してくださいます。

 インプラント治療が終わってよく噛めるようになると、ご家族や友人の方から「見た目が若くなったね」と言われることが多いというお話を、患者さんからよくおききします。
その理由を考えてみました。

 まず、今まで歯がなかったために頬や鼻の下等が萎んだように見えていたが、歯が入ったことで内部から押されて、ふくらみが戻ったということです。

 次に、しっかり噛むことによって頬の筋肉が使われ始め、フェイスラインが引き締まったと考えられます。

 最後は何といっても歯が入ったことで性格が明るく積極的になられた結果ではないかと思います。今までは外食や旅行を控えていた方が、家族や友人の方と楽しく外食や旅行を楽しめるようになったために、以前と比べて表情が生き生きとして健康的に見え、「見た目が若くなった」という感想につながったのではないでしょうか。

 インプラント治療をされた患者さんたちは、多かれ少なかれこういった体験をされていると思います。男性も女性も、若くなったといわれて気を悪くする方はおられないのではないでしょうか。むしろ最高に嬉しい褒め言葉ですよね。食事や旅行やスポーツ等、これからの生活を精一杯エンジョイしていただきたいです。


噛めることがバランスの良い食事に繋がる




当院では食事療法のようなものは行っていないのですが、インプラントによる治療前と治療後では患者さんの食生活がかなり変化することがわかっています。

 歯を失うと、その部分の骨が吸収し、徐々になくなっていきます。レントゲン上では歯槽骨が黒く抜けたように写ります。また、健康な歯ぐきの色はピンク色ですが、歯周病の方の場合は黒ずんだ赤色に変化します。

 歯の状態が悪いと固いものが噛めませんので、もともと柔らかいものか、軟らかく煮たものを選んで食べるようになります。ご本人は気付かれていない場合が多いのですが、この軟らかい食べ物を選ぶということが偏食に繋がり、同じようなものばかり食べていることにもなりかねません。

 歯ぐきや歯槽骨が弱ってきたことで食生活の乱れが起こるのは、簡単に想像できると思います。
食生活の乱れは必要なビタミンやミネラルの不足を招き、その結果顔色が悪くなったり肌の艶がなくなったりして、身体が徐々に弱っていき、疲れがとれなかったり風邪をひきやすかったりという体質に変わっていきます。

 インプラントや歯周病の治療によって食生活の乱れがすべて解決するわけではありませんが、様々な食物をしっかり噛んで食べられるということは、全身の健康に直結しています。

 実際に様々な患者さんを治療していく中で、歯肉の色は健康な色になり、顔の色艶も良くなっていくのを見てきました。そして知らない間に免疫力が上がって風邪をひきにくい身体になっていた方が多くおられます。

 健康の原点は食べることから始まります。生き物として歯を失うことの怖さは、今さら説明の必要がないほど、皆さんご承知だと思います。

 当院のインプラント治療は、失った歯をインプラントに置き換えて健康を取り戻していただくことと、残っている歯を大切にケアしていくことの2本柱です。
全ては将来の健康な体に繋がっていきますので、再び噛めるように、諦めずに歯のケアを続けましょう。


健康な歯があってこそ固いものが食べられる




 五体満足で健康な生活を送っていると、それが当たり前のように錯覚してしまいます。
どこも痛くないその状態がいかに幸せであるか、身体を悪くして初めて気づくのです。

 歯にも同じ事がいえます。
食べ物の嗜好といいますか、固いものをバリバリ噛むことに快感を感じる方もおられます。
このようなタイプの方は軟らかいものよりも硬いものを好んで食べ、歯ごたえのないものは何となく物足りないので好きになれないとおっしゃいます。

 硬さを味わうという表現が正しいのかどうかはわかりませんが、固いものを噛むのが大好きな方にとっては、食事を味わうにあたって食物の硬さが大変重要なのです。

 もちろんそれは健康な歯あってのことです。歯を気遣って思いきり噛めないとしたら、固いものを好んで食べるというのは大変に危険な行為で、歯が欠けてしまったら・・、歯が折れてしまったら・・、最悪の場合歯が抜けてしまったら・・と考えると恐怖にとりつかれてしまうと思います。

 そのような恐怖を感じてしまったら、その方はなるべく柔らかい食べ物を選んで食べることになると思います。幸い世の中には柔らかい加工食品がたくさんありますので、どんどん固い食べ物から遠ざかって行くことになるでしょう。

 しかし本来固いもの好きの方にとっては、固いものを敬遠するような食生活は不本意でストレスのたまるものだと思います。

 歯科医療に携わる私たちの一番の願いは、誰もがずっと健康な歯で生活をするということですが、もし歯の健康が損なわれた場合も、出来る限りインプラントのように健康な歯に変わるものを用意出来ることを切に望んでいます。


噛むことは人間の治癒力、生命力を高めます



 歯を失うことは患者さんに大変な精神的なストレスを与えます。
噛めないことによる食事の変化によって身体が直接的にダメージを受けることも深刻な問題ですが、精神的なストレスという心の問題も決して無視することは出来ません。

 このことを踏まえると、将来的に身体的にも精神的にも健康に暮らしていくためには、インプラントの効果は大変大きいと考えます。
それはインプラント治療後の患者さんの瞳に輝きが増すことからも明らかです。
患者さんはしっかり噛めるようになることで生きる自信を取り戻したと言っても過言ではないと思います。

 それほどに噛むということは人間の治癒力、生命力に直結しているのです。
噛むことで脳の働きが良くなるとよく言われますが、実際に歯を失うことなく自分の歯で噛めている方は例え老齢の方であったとしても若々しく、声や態度にも生命力がみなぎっています。

 65歳以上の方を対象にした調査で、ご自身の歯がしっかりしていて噛む能力が高い方は骨密度が高い傾向があり、その方たちは片足立ち等の運動能力も優れておりスタミナもあり、年齢よりも若い身体能力をもっているとの報告があります。

 みなさんも骨密度を測る機会がありましたら、ぜひ測ってみてください。
ご自身の今の状態を知っておくことは現在の健康状態を知るための参考になると思います。