保険適用外の理由

インプラントは保険適用外の治療です。

保険治療は原則として日常生活に支障をきたすような症状があるときに行う最低限の治療に適用されますので、高度な治療には適用されません。

歯が抜けてしまったときに、ブリッジや入れ歯という、保険のきく治療法があるために、インプラントは必ずしも必要な治療ではないとされているのです。

インプラント治療が、ブリッジや入れ歯に比べて優れていることは、一般の方にも広く浸透してきました。しかし、保険がきかないということが、インプラント治療を躊躇する大きな理由になっています。

インプラントがブリッジや入れ歯と比べて良い点は、天然の歯と殆ど変らない自然な噛み心地と、見た目の美しさにあります。それに加えて、ブリッジや入れ歯のように、隣の健康な歯を削ったりいためたりすることがありませんので、歯全体の健康のためにも優れています。

北大阪インプラントセンターでは、無料でインプラントの初診相談を行っています。専門医があなたの場合の治療方法や治療期間、気になる治療費についても詳しくお話しますので、インプラントをしようか迷っておられる方は、ぜひ専門医の話をきいてみてくださいね。

義歯作りのための改造義歯について

歯を1本失った場合、従来はブリッジという治療法が多く行われていました。ブリッジでの治療は、失った歯の両隣の歯を削り、橋渡しをするように義歯を支えます。健康な歯を2本削ることになり、その歯に負担がかかるために、両隣の歯の寿命が短くなる恐れがあります。
健康な歯を削りたくない場合は、インプラントという治療法があります。歯がなくなった場所に、チタンで出来た人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けます。歯がなくなった部分だけの治療なので、健康な歯をいためることがありません。また、チタンは骨としっかりと結合する性質をもつために、まるで天然の自分の歯のような噛み心地と、美しい見た目が得られます。
以下は義歯作りのための改造義歯の対処法に関する記事からです。

【義歯作りのための改造義歯】
対処法
 筆者は,長年訪問診療に携わってきたことで,チーム医療の重要性を強く感じてきたことから,そのシステム作りに奔走してきた.その甲斐あって,現在では往診先でも家族や介護者による早期の口腔ケア,口腔リハビリがすでに確立されていることがほとんどである.
 たとえば,集中治療室にいるときから口腔ケアや口腔リハビリを医師が許可すると,往診の依頼が多い.回復していく過程で,口腔ケアや口腔リハビリを受けていた患者は食事も早く,回復も早い.そこから改造義歯を始められるのである.
 しかし,改造義歯を作ることがその患者を疲れさせるという体験も経験している.疲れてしまうと,さらに食べられなくなってしまう.改造義歯をする,しないの判断はそこでする.よく口の機能をみることと全身状態を医師や看護師,家族と相談し合いながら,できるだけ早く義歯の対応を考えていく.(2004 現代の治療指針引用)


介護が必要な方への口腔ケアは、専用の器具を用いて効果的に行うことができます。他の疾病で入院している方、手術を受けられた方も、口腔ケアをきちんとした方が、回復が早く、食事も早く食べられるようになるという記事でした。
北大阪インプラントセンターでは、専任のカウンセラーがあなたのお悩みや疑問に丁寧にお答えします。歯で悩みのある方はお気軽にお電話下さいね。

  • 投稿日時:2012年03月19日
  • 記事分類:歯科

欠損様式について。補綴処置・選択理由と処置内容

入れ歯やブリッジに代わる治療として、近年ではインプラントに注目が集まっています。インプラントは、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けるという治療法です。ブリッジや入れ歯は、なくなった歯の部分を両隣の歯で支える方式ですので、健康な歯に負担がかかってしまいますが、インプラントの場合は健康な歯をいためることがありません。この点がインプラントの大きなメリットだと思います。
以下はインプラントの欠損様式についての記事からです。

【各種典型的な欠損様式に対する 補綴処置・選択理由と処置内容】
対処法
欠損
3.4567欠損
 第一小臼歯が欠損していると,残存歯の神経筋機構に期待して順位を維持することが難しい.部分床義歯では,予知性が数ランク劣るし,インプラントでは,やってみないとわからないというのが現状と思われる.また,インプラントの場合,多数の植立が必要になるので,専門医でなければ施術が困難という問題点もある.
 現在のところは,予測のつけにくい生体の変化に,無難に対応できるという点で,部分床義歯を選択しておいたほうがリスクが少ないとも考えられる.
4.単独歯欠損
 前項で述べたように,インプラントが第一選択である.とくに第二小臼歯,第一大臼の欠損に対しては,治療費の点で妥協することがないように患者によく説明することを怠ってばならないと考えている.(2004 現代の治療指針引用)

歯についてのお悩みのある方は、北 大阪インプラントセンターの無料電話相談をご利用いただくと、知識の豊富なカウンセラーがあなたのお悩みや疑問をおききします。お気軽におかけくださいね。

インプラントの欠損様式に対する考え方

インプラントは英語で植えつけるという意味です。
1952年にブローネマルク博士が、チタンと骨が結合することを発見しました。
この骨の結合のことをオッセオインテグレーションといい、現在では歯だけでなく、指や足、顔の再建にも応用されています。

歯を失ってしまったときの治療法は、入れ歯やブリッジが一般的でした。しかし現在ではインプラントが注目されています。入れ歯やブリッジには多くの不具合や違和感があり、インプラントがそれらを解決してくれることが、広く一般に知られるようになってきたからです。より天然の歯に近い噛み合わせと審美性を実現することから、インプラントは第二の永久歯と呼ばれています。

以下は各種典型的な欠損様式に対する補綴処置・選択理由と処置内容についての記事からです。

【各種典型的な欠損様式に対する 補綴処置・選択理由と処置内容】
対処法
欠損
2.567欠損
 片側性でも両側性でも,またインプラントでも部分床義歯でも,比較的安定した経過を示すようである.その理由としては,前項で述べた歯種の役割と抵触することのない欠損補綴ができるからではないかと思われる.
 したがって,どちらを選択するかにあたっては,患者の希望と施術の困難度が主たる要素になる.ただし,以下の条件は満たしておいたほうが望ましい.
①犬歯-第一小臼歯は必ず連結固定する.
②インプラントを選択する場合は,スクリューが緩みにくい設計にする.
③部分床義歯の場合は,片側性の欠損であっても,必ず両側性の設計にする.(2004 現代の治療指針引用)


インプラント治療は、まるで天然の歯がもう一度生えてきたかのような、自然な噛み心地と審美性を手に入れられる画期的な治療方法です。しかし手術が必要であったり、保険がきかない自由診療であったりと、デメリットもあります。そのため、治療されるにあたっては、専門医による治療方法や治療費、治療期間についての詳しい説明が欠かせません。北大阪インプラントセンターでは、無料でインプラント初診相談を行っています。セカンドオピニオンを求めておられる方も、ぜひご予約の上お越しください。