インプラント

ブリッジ、入れ歯、インプラントの違いを教えて

ブリッジ、入れ歯、インプラントの違い

特にご質問の多い、「入れ歯、ブリッジ、インプラントの治療の違い」についてご説明します。

入れ歯、ブリッジ、インプラントの治療の特徴

ブリッジによる治療

失った歯の両側の歯を削り、ブリッジをかぶせます。健康な2本の歯を削らなければならないのが、最大のデメリットといえるでしょう。

ブリッジを支えている両端の歯には、食事の度に負担がかかります。そのことが将来的に、両端の歯を失う減となる場合も多くあります。また、歯を失った部分の骨が痩せていくこともあり、発音に支障をきたす場合もあります。

入れ歯(義歯)による治療

部分入れ歯の場合は、健康な歯に金属のバネをひっかけて装着します。総入れ歯の場合は、歯ぐきや口蓋全体に被せる形で使用します。

金属のバネは外から見える部分ですと、見た目が良くありませんし、バネをひっかけている歯にも負担がかかります。また、口蓋や歯ぐきが大きく樹脂で覆われると、味覚が低下します。顎の骨も痩せてきますので、口元がくぼんだ感じになる方が多いです。

インプラントによる治療

チタン製の人工歯根(インプラント体)を顎の骨に埋め込みます。チタンは骨としっかりと結合するため、硬いものでも噛むことができます。他の歯によって支える必要がないため、他の歯を傷つけたり負担をかけるようなことがありません。

発音がしにくくなることもなく、顎の骨が痩せるのも防ぐことができます。

歯磨きによるお手入れと歯科での検診で、長持ちさせることができます。それぞれの利点欠点を比較し、より良い治療を選択してくださいね。

入れ歯、差し歯との違い

虫歯が酷くなったり、事故などで歯が折れたりした場合、歯を抜くことになれば、そのあとをどうするかということを考えなければなりません。

歯というのはお互いに支えあっているとも言えるため、抜いたままの状態にしておくと、支えを失った周囲の歯が、抜けた部分に近づくような形になってしまい、全体の歯並びバランスがおかしくなってしまうことになってしまうのです。

とはいえインプラントがいいのか、入れ歯がいいのか、差し歯がいいのか・・・なかなか判断しづらいですよね。一応それぞれのメリット、デメリットなどをご紹介しておきたいと思います。

まず入れ歯ですが、これは他に比べると単純な方法なので治療が早めにできるということと、基本的に保険診療が可能なので費用が安いということがメリットと言えます。歯がない状態では咀嚼にも影響がでますので、早く歯が復活するというのは健康上もメリットがあります。

差し歯も比較的早いですが、自分の歯根が残っていないと、土台がないので治療ができないということになります。治療を怠って虫歯が進行しすぎてしまった場合、抜歯ということになると差し歯を使った治療はできないということになります。

インプラントは時間もかかり、費用も基本的に自由診療での全額自己負担なので高額になってしまいます。さらに手術となるので、人によって受けられない人もいます。しかし、治療が終わってしまえば、まるで自分の歯が生え変わったかのような自然な噛みごたえなどがあり、入れ歯などにある違和感はほとんど感じないというのが最大のメリットと言えるでしょう。

入れ歯、ブリッジは残っている歯を痛める場合があります

 

インプラント治療は、失った歯の代わりの義歯を根っこから人工的に作る治療方法です。歯が抜けたあとの顎の骨にチタン製のインプラント体を埋め込み、歯の根っこの代わりにします。その上に被せ物を取り付けることで歯を再建します。

歯を失ったことで噛めなくなってしまった食べ物が以前と同じように食べられるようになることで、食事が美味しく楽しくなり、精神的にも表情が明るくなったり積極的になったりと、良い影響があります。

インプラント治療が確立される前は、歯を失った患者さんには入れ歯やブリッジで対応していました。当院を受診される患者さんも、入れ歯やブリッジをインプラントにしたいとおっしゃるかたが大勢おられます。

入れ歯、ブリッジの特徴を以下にまとめてみましょう。

ブリッジは固定式ですので、治療後は違和感がなく普段は全く気にならないと思います。治療のために両隣の歯を削る必要があることが一番の欠点で、土台になる2本の歯の負担が大きく、十数年後には両隣の歯を痛めてしまう可能性があります。保険がきくため治療費の負担は少ないものの、前歯の場合は審美性を考えて自費診療のセラミックにしなければならないかもしれません。

入れ歯は取り外し式で、ブリッジでは治療できないような多数にわたる欠損にも対応できます。噛む力がかなり弱くなってしまうため、硬いものが食べられない、はめると違和感を感じる、安定しない等の悩みを訴える患者さんもおられます。食後に取り外して隅々まで洗うことで清潔な状態で使用できます。バネ式の入れ歯の場合は、隣の歯にひっかけることで安定させるためバネをひっかける歯には負担がかかり、歯を痛める原因になります。

まとめ

これらの特徴を比較して、実際に治療をどうするかを歯科医師と患者さんが話し合いながら決めていくことになります。

歯科医院で相談された後に、お家に帰られてゆっくりと考えてお決めください。歯科医師は決してせかすようなことはしませんので、ご安心下さいね。