インプラントはまず情報収集

illust2157_thumb

虫歯や歯周病で歯をぬかなければならない時、ブリッジをかぶせる、部分入れ歯等でなくなった歯を補うのが従来の治療法でした。

ここに新たにインプラントという治療法が加わり、選択の幅が広がりました。

インプラントはこれらの治療法の中では最も天然の歯に近いといわれ、入れ歯での食べ物の噛み砕きにくさや、ぐらつきや違和感、外れる心配などを解決してくれます。

以前と同じように噛むことが出来るようになるという一点だけを取っても、特筆に値する治療法といえます。

ところがインプラントが必要な患者さんが、必ずしもインプラントについての正しい情報を得ておられないという事実があります。

それというのも、インプラントは自由診療で保険がきかないため、歯科医院によって治療費や使用しているインプラント本体のメーカーがまちまちで、それぞれの個々のケースについての十分な情報を得るのが難しいという問題があるからです。

現在ではホームページで詳しい情報を公開している歯科医院も増えたため、インターネットで情報収集することでかなりの知識を得ることが可能になりました。

ただ、患者さんお一人おひとりの場合の価格や治療法など、詳細に関しては一度インプラントの検査を受けて実際に歯科医師に相談することをお勧めいたします。