大阪市淀川区60代女性:ソケットリフトで増骨後インプラント2本埋入



大阪市淀川区60代女性:ソケットリフトで増骨後インプラント2本埋入

大阪市淀川区60代女性の症例です。
右上奥歯の欠損部分に部分入れ歯を使っておられました。
しかし入れ歯が動きやすい、外れるのが心配とのことで、当院へインプラントの相談にみえられました。

上顎の歯槽骨の上には上顎洞があるため、この患者さんも骨の吸収が進んでおり、インプラントを埋入するには少し骨が足りません。そのため、ソケットリフトという処置をして増骨を行い、インプラントを2本埋入しました。

治療方法

ソケットリフトの処置をした後に右上の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

ソケットリフト ¥120,000(税抜) 内訳:¥60,000(税抜)×2
インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2
静脈内鎮静 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ソケットリフトはインプラントの埋入と同時に行えるため、患者さんにとっては治療期間が短縮出来るというメリットがあります。その上サイナスリフトという方法と比べても、患者さんの身体的な負担が少ないです。
ソケットリフトは大変難しい技術の必要な手術ですが、当院ではよく行われている増骨の処置です。

この患者さんは術後の経過がとても良く、現在はメンテナンスに通っていただいています。「楽だった」というご感想は、当院のドクター・スタッフ全員にとって大変うれしいものです。体験談をありがとうございました。

大阪府箕面市50代男性:ソケットリフトで増骨してインプラント埋入



大阪府箕面市50代男性の症例です。
前歯にインプラントをご希望でしたが骨の量や幅が足りません。そのため、ソケットリフトという骨を足す処置を併用し、それからインプラントを埋入することにしました。

治療方法

ソケットリフトの処置をした後に右上の前歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

ソケットリフト ¥120,000(税抜) 内訳:¥60,000(税抜)×2
インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2
静脈内鎮静 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ソケットリフトについて

上顎の奥歯部分の骨の上には上顎洞と呼ばれる大きな空洞がどなたにも存在しています。歯を失ったことで、この空洞が更に大きくなって、インプラントを安全に埋め込むための骨の厚さや幅が足りないというケースが良くあります。このような場合に、ソケットリフトやサイナスリフトで上顎洞の底を持ち上げて骨を増やすことで、しっかりした長さのインプラントを安全に埋めることが可能になります。

ソケットリフトはサイナスリフトに比べて手術時間が短く、治療期間も短縮出来ますので患者さんの負担が少ないという利点があるため、なるべくソケットリフトで行う医院が増えています。

ソケットリフトは骨の厚みが4~9mm程度の方の症例に適応され、インプラントの埋入と同時にソケットリフトを行います。そのため患者さんにとってはサイナスリフトよりもかなり楽に受けられます。ソケットリフトとインプラント埋入後、3~4か月程度で型取り、上部構造の制作を行います。上部構造が出来上がったら、インプラントにセットして完成です。



大阪府豊中市50代女性:左上にソケットリフトをしてインプラント埋入



大阪府豊中市50代女性の症例です。
上顎はインプラントをするには歯槽骨の厚みや幅が足りないケースが多いです。そのため従来は上顎というだけでインプラント手術を断られるといった話も良く聞きました。

この患者さんの場合も骨が足りない状態で、インプラントをしても人工歯根の一部が骨に収まりきらずむき出しになることが懸念されました。そのため、ソケットリフトという方法で増骨の処置を行ってインプラントを埋入しています。

治療方法

ソケットリフトの処置をした後に左上の奥歯にインプラントを2本埋入し、ブリッジにしました。

費用

ソケットリフト ¥120,000(税抜) 内訳:¥60,000(税抜)×2
インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥270,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×3
静脈内鎮静 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ソケットリフトについて

ソケットリフトとは、上顎にインプラントを埋入するのに十分な幅や厚さの骨がない場合に上顎の骨を増骨するための処置の一つです。上顎洞底部を持ち上げることによってそこに隙間を作り、骨移植を行ったり人工の骨補填剤を用いて骨造成を行います。

上顎洞底を持ち上げる処置としては、もう一つサイナスリフトという術式があります。こちらは更に上顎洞底が低い場合に用いられ、治療期間や身体的な負担がソケットリフトよりも大きいことが特徴です。

一方ソケットリフトはサイナスリフトと比べるとより安全な手術です。通常インプラントが長い期間にわたって安定して機能するためには幅8ミリ、高さ13ミリ以上の骨が必要になりますが、ソケットリフトは骨量が6ミリ程度しかない場合に行われます。

骨の量が足りなくなるのは何故?

インプラント手術を安全に行うためには、患者さんの骨量が十分にあることが大事です。しかし骨量が足りないために増骨が必要な患者さんも大勢おられます。
では、どうして骨が減少してしまうのでしょうか?

歯は歯槽骨に埋まっており、歯槽骨が歯を支えています。歯がなくなってしまうことで、歯槽骨は歯を支えるという役割がなくなり、減っていくと考えられています。

更に上顎の場合は、目の下、鼻の左右あたりに上顎洞という大きな空洞があり、歯の側と上顎洞側の両方から骨が減りますので、更に骨量が足りなくなる傾向があります。

また、女性は男性に比べて骨粗鬆症になりやすいといわれています。骨粗鬆症の予防や治療には、カルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含んでいる食品をとることが大切です。散歩などの適度な運動も骨粗鬆症の予防につながります。

骨の量はどうやって調べるの?

現在ではCT撮影をすることによって、立体的に口や顎の状態を把握することが出来ます。CT撮影された映像は3Dソフトに読み込まれ、様々な角度から診ることで骨の量や形を正確に知ることが出来ます。撮影後すぐに患者さんにも見ていただけます。

歯科用のCTは医科用のCTとは違い、僅かな被爆量で撮影が可能ですので、ご安心くださいね。



兵庫県西宮市50代女性:右下奥歯にインプラント1本埋入



兵庫県西宮市50代女性の症例です。
差し歯が悪くなり抜歯した後、何年かそのままにしておられたそうです。
治療はしなくてはいけないと思っておられたものの、かかりつけ医の先生からブリッジか入れ歯のどちらかにしなければならないと言われ、決めかねていてそのまま歯医者に行かなくなってしまったとのことでした。

他に悪い歯が出てきたため治療のため当院にお越しになり、その際にインプラント治療のご説明をさせていただきました。骨がしっかりしておられたため、手術から上部構造の取り付けまでとてもスムーズでした。

治療方法

上の前歯を抜歯し、インプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

予防歯科という取り組み

最近では、なるべく歯を失うことのないように、予防歯科という考え方が一般的になってきています。歯医者は痛くなってから行くのではなく、痛くならないように日頃から検診を受けましょうという考え方です。

予防歯科という取り組みが行われるようになってから、確かにひどい虫歯等で多くの歯を失ってしまう方は減ってきました。幼児の頃からお母さんが歯の健康に気を配ってくれたせいで、むし歯のない児童も増えてきていると思います。

自治体によっては年に1回の定期検診を無料で受けられるところもありますので、一度調べてみてくださいね。
そして大切な歯を痛めないようにしていきましょう。



大阪府富田林市60代男性:左下奥歯に3本インプラント埋入



大阪府富田林市60代男性の症例です。
歯周病の為に左右の奥歯を失っておられます。

奥歯を初めて失ってから数年間は何もせずに歯がない状態で放っておかれたそうです。その後入れ歯を使うようになられましたが、思っていた以上に噛みにくく不自由なので友人の方に相談したところ、インプラントが良いらしいという話をお聞きになり、治療を希望されました。

治療方法

左下奥歯にインプラントを3本埋入しました。

費用

インプラント ¥750,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×3
チタンアバットメント ¥120,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×3
セラミック冠 ¥270,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×3

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

抜歯後は放っておかずにきちんと治療しましょう

歯は隣の歯とぴったり隙間なく並ぶことで、お互いに支えて合っています。そのため歯が1本でもなくなってしまうと、抜けた場所によってお口の中では様々な変化が起こります。

例えば、歯のないスペースに隣の歯が倒れてきたり、歯のない部分の顎骨が急激に減っていったり、隣の歯がぐらついてきたり、噛み合う相手の歯が伸びてきたりします。
その結果、長期的に見ると顔がたるんだり歪んだりという変化が表れてきます。

そのような事情がありますので、抜歯後そのまま放っておかず、必ず治療を受けて頂きたいと思います。

入れ歯にしたものの具合が悪い

数年経ってから入れ歯にされましたが、一番奥の歯がない場合は安定して噛むことが難しい場合が多いです。この患者さんは何度もかかりつけ医の先生の元で入れ歯の調整を何度も行っておられましたが、なかなか良く噛めるようにはならず、入れ歯を諦めてインプラントにしたいと思うようになられました。

「とにかく噛めない。食べ物がまともに食べられない。それだけでなく食べ物が挟まると痛いし、入れ歯を洗ったり消毒したりするのが面倒だ」とおっしゃっておられましたので、相当お困りだったご様子です。

この患者さんのように、なんとか入れ歯に慣れようと努力したけれどダメだった、とおっしゃる方が多くおられます。とはいえ、入れ歯でも普通にお食事されている方もおられますので、入れ歯の方が全て食事の際に不自由しておられるわけではありませんのでご安心ください。

今後は右下にもインプラントを埋入していく予定です

この方の治療では、まず左下に3本のインプラントを埋入しました。3本のインプラントが骨としっかり結合して上部構造を入れた後に、右下の治療に入っていきます。

これは、左右両方を一度に治療してしまうと、噛めなくなってしまう方です。今回の左下の治療を行っている間は主に右側で噛んでいただいています。

噛み合わせの観点から考えるとどちらか片方だけで噛むというのは本当は好ましくないのですが、治療の都合上やむなく主に片側で噛んでいただいております。

左右両方のインプラント治療が終わりましたら、両方の奥歯で硬いものでも何でも食べられるようになりますので、もうしばらくの辛抱です。



堺市東区70代女性:左側上下奥歯にインプラント埋入



堺市東区70代女性の症例です。
歯周病で左下奥歯をなくされて抜歯後の治療の相談にお越しになりました。
左上のブリッジもグラグラしていたため抜歯することになりました。
左下にインプラントを1本、左上に2本埋入する治療計画をたてました。

治療方法

左下奥歯にインプラントを1本埋入しました。今後は右上にインプラントを2本埋入してブリッジにする治療計画をたてています。

費用

【左下の1本】
インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
ハイブリッドセラミック冠 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ブリッジを切断してインプラント

ブリッジの土台の歯のうち1本が悪くなってしまった場合は、ブリッジを切断して悪くなっていない土台の1本だけは残すことが出来ます。
悪くなった歯を抜歯すると欠損が2本になりますので、インプラントでの治療をご希望の場合はインプラントを2本埋入することになります。

このような治療はインプラントの現場では良くある治療です。
ブリッジは噛む力を支えの2本の歯で負担するのですが、インプラントはダイレクトに顎骨に埋め込まれますので、骨が噛む力をしっかりと支えることが出来、ブリッジだったときよりも強い力で噛めるようになります。

インプラント以外の治療法

ブリッジの土台が悪くなった場合、インプラント以外にも治療方法は考えられます。
まず、入れ歯という選択があります。2本の欠損を支える4本連結のブリッジという治療法も考えられます。

ただしブリッジは欠損が1本であった時以上の負担を土台になる歯が負うことになりますので、将来的にはまた土台の歯に問題が起こる可能性が高くなります。

では入れ歯はどうかといいますと、入れ歯もまた健康な歯や歯ぐきで支えられることになりますので、歯や歯ぐきに負担がかかって悪くなるケースも多いです。

他の歯に悪い影響を与えない治療となりますとやはりインプラントということになります。

歯で悩んでおられる方はぜひ相談にお越しください

歯のことでお悩みがある場合は、一人で悩んでいても解決出来ない場合が多いため、なるべく早めに歯科を受診してご相談ください。
悩んでいる間に歯が更に悪くなる場合もあります。歯科医師に相談することで、解決策が必ず見つかりますので、一緒に考えていきましょう。

定期的に歯科で健診を受けておられる方も、なるべく医師による健診と歯科衛生士による歯のクリーニングの両方をお受けいただきたいと思っています。それが一番歯を長持ちすることに繋がるからです。

歯科衛生士は歯の知識が豊富で、様々な患者さんの歯を見て厳しくチェックしています。そのため何かの症状が出ている場合は、一早くそれに気付きます。歯肉炎や歯周病の場合は歯科衛生士が徹底的にクリーニングすることで症状が改善しますし、歯科医師の治療が必要な場合は改めて治療の予約をお取りします。



兵庫県宝塚市60代男性:下顎の左右に合計3本のインプラント埋入



兵庫県宝塚市60代男性の症例です。
歯周病で下の奥歯を失われ、入れ歯にしておられましたが、歯周病治療で歯ぐきの状態が改善したため3本のインプラントで治療しました。

治療方法

右下奥歯に2本、左下奥歯に1本インプラントを埋入しました。

費用

インプラント ¥750,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×3
チタンアバットメント ¥120,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×3
ハイブリッドセラミック冠 ¥210,000(税抜) 内訳:¥70,000(税抜)×3

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

インプラント手術の前に歯周病の治療を行います

歯周病で歯を失った方に対しては、すぐにインプラントを埋入することが出来ません。ある程度歯周病を改善させておかないと、インプラントを埋入してもインプラントの周囲の歯肉に歯周病の症状が出始め、悪化するとインプラントがグラグラになってしまうからです。そのため、まず歯周病の治療を行います。

現在歯周病にかかっている患者さんはとても多く、歯科治療に関する調査データによると、日本人が歯を失う原因の約70%は歯周病によるものだといわれています。30代以上の方の約70%が既に歯周病にかかっているというデータもあり、もはや国民病といっても過言ではないでしょう。

歯周病の3大原因は、
1.歯みがきの時のみがき残しによる細菌の繁殖
2.ストレスによって免疫のバランスが崩れる
3.喫煙によって免疫力が低下する
といわれています。

歯周病の改善には歯科衛生士による歯と歯ぐきのクリーニングを受けていただき、その際に歯みがき指導を行いますので、お家でのセルフケアを徹底して行っていただくことが大切です。

歯周病の治療には何カ月もかかり、溶けてしまった骨を元の状態に戻すことは難しいものの、軽度の歯周病の場合はかなり改善させることが出来ます。

インプラント埋入後はメンテナンスで歯周病予防を行います

インプラント埋入後も歯周病が再発しないように気をつけなければなりません。
歯周病がかなり良くなっても、完治したと思って油断しないでください。歯周病は再発のリスクが高く、治った状態をキープするためには毎日の歯みがきに加え、歯科医院での徹底した口腔内のクリーニングを数か月に一度のスケジュールで受け続ける必要があります。

インプラントの治療後は3~6ヵ月に一度メンテナンスを受けに来院していただくことになります。メンテナンスでは口腔内のクリーニングを行い、インプラントだけでなく天然の歯も含めて歯ぐきの状態を歯科衛生士がチェックします。

入れ歯とは違ってインプラントは固定式です。そのためインプラントを取り外して清掃することはありませんが、インプラントの義歯と歯肉の境目に歯周ポケットが出来ていないか、汚れがたまっていないか、きちんとブラッシング出来ているか等が主なチェック点です。

インプラントの周囲は特に念入りにデンタルフロスや歯間ブラシでのケアが必要です。きちんとプラークコントロールを続けることがインプラントを長持ちさせることにつながります。毎日の歯みがきでみがき残している部分があれば歯周病のリスクが高まりますので、正しいブラッシング方法を身につけていただきたいと思います。



堺市東区60代男性:左上の奥歯にインプラント1本埋入



堺市東区60代男性の症例です。
欠損部分をブリッジで治療されておられましたが、食べ物が挟まってとれにくく口臭が発生していることと、ブリッジは支えの歯に負担がかかるということを知ったため、支えの歯が悪くなる前に欠損部分をインプラントにしたいとのご希望でした。

治療方法

左上奥歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
ハイブリッドセラミック冠 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ブリッジを外してインプラントにする方法

一旦ブリッジでの治療を受けた後にインプラントにしたいとおっしゃる患者さんが最近増えてきているように感じます。

ブリッジに食べ物が挟まって歯みがき等のケアが大変だと相談にみえられる方もおられれば、「健康な歯に悪い影響を与えたくない」という理由で、ブリッジを外してインプラントにされる方もおられます。この患者さんの場合は両方の理由をあげられました。

ブリッジは患者さんにとって簡単に治療ができ、保険がきいてある程度しっかり噛める反面、デメリットもあります。

ブリッジの支えの歯はダメージを受け続けている

本当に支えの歯は数年でダメになってしまうのか?といいますと、個人差が大変大きく、20年くらいブリッジを使っておられる方がおられる一方で3~4年程度でダメになってしまう場合もあります。

患者さんお一人おひとりの口腔内の状況によって、毎日きちんとケアをしていても急激に歯周病がすすんでしまう方や、虫歯になってしまう方がおられるのと同様です。

ブリッジを外して欠損部分をインプラントにした場合、今までブリッジの支えとなっていた歯が格段に長持ちするとは一概には言えませんが、ブリッジを支えるためにダメージを受け続けることのリスクから解消されることは確かです。

インプラント治療ってどういうの?

インプラントは歯がなくなった骨の部分にチタンやチタン合金で出来た人工歯根を直接埋め込んで、歯根の代わりにします。その上に義歯を被せることで見た目は健康な歯と殆ど変わらない歯が完成します。

数年前まではインプラントの専門院や大学病院等で手術を受ける必要がありましたが、今日では歯科用のCTを完備している歯科医院も増えましたので、一般の歯科医院でも安全に治療を受けられると思います。

インプラント治療はここ数年の間に一般的な治療となり、患者数も激増しています。ご親戚や友人知人の方の中にもインプラント治療を既に受けておられる方がおられるのではないでしょうか。

このようにインプラントが身近な治療法となった背景には、インプラント手術の成功率の高さや一定のレベルの技術を身につけた歯科医師の数の増加があります。もちろん、先駆けとなった歯科医師の努力によるところも大きいと思います。当院では20数年前からインプラントの専門院として多くの手術を行っております。



堺市北区50代女性:下の奥歯にインプラント2本埋入の治療



堺市北区50代女性の症例です。
左右の奥歯にインプラントを1本ずつ埋め込む治療をしました。

治療方法

左右の奥歯にインプラントを1本ずつ埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

インプラントできれいな歯が入っても、手入れを怠るとインプラント周囲炎というこわい病気が待っています。周囲炎にならないために大切なのは、毎日のセルフケアで歯と歯ぐきを清潔に保つことと、3か月おきくらいに定期健診にお越いただくことです。

定期健診では歯科衛生士による歯のクリーニングを受けていただき、ご自宅では落とし切れなかった歯と歯の間のプラークや、天然歯についた歯石も除去いたします。
インプラントだけでなく、残っている歯を大切に長い期間使えるようにするためにも、定期健診は大切です。



大阪市天王寺区50代女性:右上奥歯にインプラント1本埋入



大阪市天王寺区50代女性の症例です。
右上の奥歯にインプラントを1本埋入する治療を行いました。

治療方法

右上奥歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
ハイブリッドセラミック冠 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

インプラントは怖いと思っていませんか?

インプラントを初めて受けられる患者さんは、手術が怖いとおっしゃることがあります。骨にインプラント本体を埋め込むという手術を想像上で思い浮かべると、怖いと思われるのも仕方ないかもしれません。

実際のインプラント手術は、CT撮影後に大きな血管や神経を避けた位置にインプラントを埋入する治療計画をたてますので、安全な場所に埋入することができます。
インプラント埋入後も、正しい位置にインプラントが入ったかどうかをレントゲン等で確認します。

実際の手術時間は、インプラントを1本埋入するだけでしたら、短い時間で済みます。患者さんの中には思っていたよりも手術時間が短く、楽だったので驚かれる方もおられます。

そうはいっても、歯の治療自体が苦手な方もおられますよね。診療チェアに座っただけで緊張してしまう方や、口を大きく開けるのが苦手な方もおられると思います。
そのようなお悩みをお持ちの方には、吸入タイプの笑気麻酔や、点滴タイプの静脈内鎮静という特別な麻酔をおすすめいたします。

特にインプラントの埋入本数が多い方は、静脈内鎮静で眠っている状態で手術を受けていただくと、とても楽に手術が受けられます。全身麻酔とは違って、うとうと眠っているような状態になりますので、麻酔がさめてから少し休憩していただくと、電車やバスなどの交通機関でお帰りいただくことができます。

治療計画をたてる際に、患者さんとのお話の中で麻酔の方法も決めていきますので、ご安心くださいね。



兵庫県西宮市60代女性:左下奥歯にインプラント2本埋入



兵庫県西宮市60代女性の症例です。左下奥歯のブリッジの支えの歯の根が割れてしまい、抜歯しなくてはならなくなりました。抜歯後の治療はインプラントを選ばれました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
ハイブリッドセラミック冠 ¥140,000(税抜) 内訳:¥70,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

骨粗鬆症とインプラント

中高年の女性は骨粗鬆症になっている方の割合が男性よりも高いため、インプラントをするにもまず骨量が心配です。しかし万が一骨が足りなくてインプラントができなくても、増骨の優れた技術が開発されていますので、増骨さえすれば殆どの方がインプラント可能になります。

※ヘビースモーカーの方、心臓病、糖尿病などの全身疾患のある方などにインプラントがどうしても出来ないというケースがあります。

インプラントだけでなく、全身の健康の為に常日頃から強い骨を維持したいものです。
定期的な散歩や軽い運動だけでも骨が減るのを防いでくれますので、運動の習慣のない方は、まずは少し多めに歩くことから始めましょう。
電車やバスを1駅分歩いたり、いつもよりも遠いスーバーに歩いて買い物に行ったり、色々工夫してみてくださいね。

この患者さんはこれから上顎の治療も行います。上顎の治療が終わったら、天然の歯が丈夫だったころと同じように良く噛めるようになると思います。



東大阪市50代女性:右下奥歯にインプラント2本埋入



東大阪市50代女性の症例です。
右下奥歯を保険治療のブリッジにしておられましたが、グラグラし始めたためかかりつけ医に診てもらったところ、ブリッジの支えの歯の中が虫歯になっており、やむなく抜歯となりました。
ブリッジの支えのうち手前の歯は残せましたので、奥から2本が欠損しており、インプラントを2本埋入することになりました。

治療方法

右下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

入れ歯かインプラントかの選択

奥歯をカバーする入れ歯は、床でかなり大きく口腔内を覆うタイプになります。
入れ歯で特に気になる点は、噛みにくいことと、息が漏れて発音が少し変になり入れ歯だとバレてしまうことだとおっしゃる方が多いです。床が大きい場合は、えずきやすいという欠点もあります。

もう一つの選択肢はインプラントです。インプラントは歯が抜けた部分の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に義歯を装着する治療です。周囲の歯や歯ぐきで支えられている取り外し式の入れ歯とは全く違ったタイプの治療で、ご自身の天然の歯がよみがえったような感覚になります。

しかし入れ歯に多くのデメリットがあるように、インプラント治療にもメリットだけではなくデメリットがあります。それらを比較し、話し合いながら患者さんに最適な治療を決めることになります。

インプラントは残っている歯に悪い影響を与えない

インプラント治療には残っている歯を痛めずに済むという大きなメリットがあります。入れ歯は残っている歯や歯ぐきで支えますので、どうしても歯や歯ぐきに負担がかかります。負担が大きくなればその歯は弱くなり、将来抜歯につながる程のダメージを受けてしまうこともあります。

残っている歯に悪い影響を与えないというのはインプラントの最大のメリットと考えられ、予防歯科の観点からもインプラントはお勧めできます。

インプラントは治療費が高額で手術が必要

インプラント治療にはデメリットもあります。それは、保険がきかない自由診療であるため、治療費が高額になってしまうということです。そして、人工歯根を顎の骨に埋め込むための手術が必要になります。

患者さんの骨が人工歯根を埋め込むには高さが足りなかったり、厚みがなかったりする場合もあります。その場合は骨を作るための処置を行います。骨が出来るまでに半年程度かかりますので、治療期間がそれだけ長くかかってしまいます。

当院はインプラントだけをお勧めしているわけではありません。患者さんの歯や骨の状態を診て、それぞれの治療法のメリットやデメリットについてもお話し、患者さんお一人お一人により良い治療をご提案いたします。



大阪市北区50代女性の症例です。
右上の小臼歯を抜歯してから数年経ち、インプラントにしたいと思って来院されました。

治療方法

右上小臼歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ブリッジや入れ歯を勧められないケース

この患者さんのようなケースではブリッジで治療を行うケースが多いですが、抜歯した歯の両隣の歯は健康な状態で、それらを削ってブリッジにするよりはインプラント治療をお勧めするというお話をいたしました。

きれいで健康な歯を削ってブリッジでつなげる治療を行うことは、患者さんだけでなく歯科医師にとっても抵抗があります。

患者さんが望まれればインプラント治療をすすめていくことになります。インプラントの上にセラミックをかぶせれば、健康な歯と見分けがつかない程きれいな仕上がりになります。

両隣の歯に負担をかけたくないならば、インプラントが唯一の治療法となります。ブリッジ、入れ歯は共に、将来隣の歯を失うリスクがあります。

ブリッジのメリット

・健康な歯とほぼ同じ外観を回復出来る
・健康な歯とほぼ同じ噛み心地である
・抜歯によって失った部分の噛み合わせを回復できる
・安定してつながった歯列が回復できる
・保険がきく

ブリッジのデメリット

・ブリッジの土台にする2本の歯をかなり削らなくてはならない
・失った歯の本数が多い場合はブリッジに出来ない
・土台となる歯に噛む力がかかるため、将来それらの歯を痛める危険が高い
・被せ物をセラミックで作ると保険がきかない

ブリッジは保険治療では手軽な価格で出来ますし、通院回数も2~3回程度で済みます。
ただしデメリットも無視できないため、迷われる方も多いです。

このように複数の治療法についてメリット・デメリットをお話しし、患者さんのご希望をききながら適切な治療方法を選んでいきます。

インプラントは手術が必要で治療費も高額になりますが、近年ではインプラント治療を選ばれる患者さんが徐々に増えてきました。ずっとインプラントは怖いし痛いと思って来られた方も、身近な方がインプラントをなさると、安心してご自身もインプラント治療を選ばれるケースが多いです。

ただし、ヘビースモーカーの方や骨粗鬆症の方、糖尿病の方、高血圧や心臓病等の全身の疾患のある方はインプラント治療に適しておりませんので、専門医とよくご相談下さいね。




大阪市北区50代女性:右上の小臼歯にインプラント1本埋入



大阪府藤井寺市70代男性の症例です。
歯周病が進んできて歯を失っておられます。左の奥歯は上顎洞を避けて安全な位置にインプラントを埋め込むために角度をつけて埋入しています。

治療方法

左右の下あご奥歯にインプラントを4本埋入しました。

費用

インプラント ¥1,000,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×4
チタンアバットメント ¥160,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×4
ハイブリッドセラミック冠 ¥280,000(税抜) 内訳:¥70,000(税抜)×4

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

治療計画をたてる際にはシミュレーションが大切

インプラントを埋入するためには骨の十分な厚さと高さが必要になります。上の歯は上顎洞を避けて埋入する必要があるため、実際に埋入する位置を決めるためにCT撮影データを立体化して見れる専用ソフトを使ってシミュレーションを行います。

シミュレーションでは上顎洞や下顎管をはっきりと表示させたうえで、埋入するインプラントの長さや角度や位置を決めていきます。同時に埋入するのに必要な骨の量があるか、骨を作る必要があるか判断できます。

上顎の骨の量が少ない場合の処置

上顎には上顎洞という大きな空洞が存在します。そのために骨量が少ないケースが多く、また上顎の骨は下顎の骨と比べると軟らかく、歯が抜けたときの骨吸収も大きいという特徴があります。
このような理由から、上顎へのインプラント手術を希望されても骨量が足りないケースが多いのです。

骨量が足りない場合は骨を作る処置が必要になり、治療全体の期間は長くなり手術の難易度も上がります。骨を作る処置をせずに骨が少ない場所を避けて斜めにインプラントを埋め込む方法もあります。

斜めにインプラントを埋め込むことで手術期間を短縮

上記のように上顎へのインプラント治療は、上顎洞を避けつつ骨が十分にある場所にインプラントを埋め込まなければならないために高度な技術が必要になります。
骨を作ってからインプラントを埋入する方法では、1年かそれ以上の治療期間がかかり、通常のインプラントの2倍程度に長くなります。
もっと短い期間で全ての治療を終えるには、インプラントを傾斜させて安全な場所に埋め込むことが必要になります。

上顎洞底部を持ち上げて作った隙間に骨造成していくソケットリフトや、更に骨の高さが足りない場合に行うサイナスリフトという方法がありますが、治療期間がかなり長くなり、費用も余計にかかりますので、インプラントを斜めに埋め込むことで上顎洞を避けることが可能な場合は、骨造成を行わずに斜めに埋入することもあります。

上顎へのインプラント埋入は難易度が高いとされていますが、このようにきちんとシミュレーションを行って綿密に治療計画をたてることで、安全な治療が行えます。
当院では上顎の手術にも多くの症例がありますので、ご安心くださいね。



兵庫県川西市60代男性:部分入れ歯を使用していたが左下に2本インプラント埋入



兵庫県川西市60代男性の症例です。
左下奥歯に2本のインプラントを埋入しました。

この患者さんは抜歯になってから部分入れ歯で対応しておられました。
入れ歯ならではのお悩みがあり、インプラント治療をすることになりました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
ハイブリッドセラミック冠 ¥140,000(税抜) 内訳:¥70,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

痛みを感じにくい入れ歯もある

入れ歯には歯を失った部位や目的によって様々な種類があります。
入れ歯は不自由、噛めないし痛いし、外れる・・と思っている方が多いかもしれませんが、入れ歯を使っておられる方の全てがそのような問題で悩んでおられるわけではありません。

歯がなくなることで歯ぐきや下顎の骨が痩せていき、入れ歯が不安定になると噛む時に痛みが出てきます。しかし自費治療の入れ歯には種類がたくさんあり、歯ぐきを覆う部分が大きい入れ歯に変えることで入れ歯が安定し、しっかり噛めるようになるケースもあります。ただし保険のきかない自由診療になりますので、治療費はかなりかかることになります。

前歯の部分入れ歯の一番多いお悩みは、金属のバネが見えてしまって審美性が悪いということです。こちらも自由診療になりますが、金属のバネを使わない入れ歯がありますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

インプラントをお勧めする場合

当院では入れ歯でのお悩みがあって相談に来られ、悩みを解決するためにはインプラントが最適と思われる患者さんにはインプラントをご紹介しています。

しかしインプラント治療も、骨の状態や全身の健康状態、歯を失った理由等を考慮した上でメリットとデメリットの両方を考えながら検討していくことになります。

どの治療法にも言えることですが、患者さんお一人お一人のお悩みや様々な状況によって最適と思われる治療法は変わってきます。もし患者さんがインプラント治療を希望されても、全身の疾患があったり、ヘビースモーカーであったり、治療が適応できない場合もありますので、まず歯科医師にご相談下さいね。

複数の歯科医院でセカンドオピニオンを得ることも大切

ここ数年の間にインプラント治療が可能な歯科医院はどんどん増えてきました。歯科医院のホームページにもインプラントの説明が詳しく掲載されています。また治療方針にこだわりがあり、様々な取り組みを行っている医院もあります。

当院に相談に来られる患者さんは、既に色々な歯科医院のホームページを見られ、かなり勉強しておられる方も多くおられます。これはとても良いことだと思います。

実際にインプラント治療を受ける前に、いくつかの医院に実際に相談に行ってセカンドオピニオンを得ることもお勧めです。



大阪府茨木市50代男性:右下奥歯を抜歯してインプラント2本埋入



大阪府茨木市50代男性の症例です。
右下奥歯を被せ物にしていましたが、歯がぐらぐらし出したためかかりつけの歯科を受診したところ歯根が割れてしまっており、やむなく抜歯となりました。

一番奥の歯を抜歯しておりますので、この場合はブリッジは出来ません。そのため抜歯後の治療は入れ歯かインプラントかの二択になります。大臼歯の場合は入れ歯で噛む力がかなり弱くなるため、しっかり噛めるようになる事を第一目標として、インプラントを選択されました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
ハイブリッドセラミック冠 ¥210,000(税抜) 内訳:¥70,000(税抜)×3

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ブリッジ、入れ歯、インプラントの噛む力の比較

一般的に、ブリッジでは健康な歯の80%程度しか噛む力が出ないとされています。部分入れ歯の場合は35%、総入れ歯の場合は健康な歯と比べて11%しか噛む力が出ません。

入れ歯の場合の噛む力がとても弱いので驚かれたのではないでしょうか。入れ歯で噛む力があまり出ないのは、ものを噛むときに主に歯ぐきが噛む力を支えることになるせいです。骨で支えるようにしないと、強く噛む力は出ないということです。

これらに比べるとインプラントは健康な歯と比べて遜色なく噛むことができます。
もちろん良く噛めるに越したことはないのですが、だからといって何が何でもインプラントをおすすめするわけではなく、患者さんの失った歯の場所や本数、他の歯の状態、骨の状態、全身の健康状態等を考慮して治療方法を選んでいくことになります。

抜歯すると歯根膜がなくなってしまう

食事中はずっと同じ力で噛んでいるわけではなく、食べ物の硬さや大きさによって無意識のうちに力を加える程度を調節していると思います。それでも「一口30回は噛みましょう」とよく言われるように、食べ物をしっかりとすりつぶして細かくして食べていれば、一回の食事で何百回も噛むことになりますので、歯にはかなりの負荷がかかっています。

健康な歯は食事のたびに何百回も噛むことに耐えうる構造になっていますが、入れ歯やブリッジですとそうはいきません。それは抜歯したことで、歯根膜がなくなってしまうからです。

歯根膜とは歯槽骨と歯根の間にある薄い膜のことをいいます。歯と骨をつないでいるだけでなく、食べ物の硬さを判断して噛む力を調整する役割があります。物を噛むたびに歯は強い力を受けますが、この歯根膜がクッションのようになって歯と骨を守ります。

一方、インプラントは歯根膜はありませんが、治療後のメンテナンスをしっかり行うことで健康な歯とほぼ同じ噛み心地を得ることができます。



大阪市福島区30代男性:上の前歯にインプラント1本埋入



大阪市福島区30代男性の症例です。
前歯を差し歯にしておられたのですが歯の根っこが折れてしまい、歯を残すのは困難だという診断になり、抜歯の処置が行われました。
上の前歯の場合は審美性が重視されるため、インプラントを希望されました。

治療方法

上の前歯を抜歯し、インプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
セラミックアバットメント ¥60,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

審美性の高いインプラント

前歯を失った場合のインプラント治療は、インプラントで咬合を回復させただけでは十分とはいえません。前歯はとても目立つ場所なので天然の歯と見分けがつかない美しさ、そして他の歯との色や形、そして位置の調和が大切です。

そのため歯科医師にはインプラント埋入技術だけではなく、審美的なセンスが必要となります。

インプラント治療ってどんな治療?

インプラントは歯を失ったときに歯を補うための治療法の一つとして、ここ数年の間にかなり一般的な治療になってきました。

インプラント治療では、まず歯が抜けた部分の顎骨にドリルで穴をあけ、人工歯根を埋め込みます。数ヶ月後待つと人工歯根が骨と結合しますので、その上に義歯を取り付けます。ブリッジや入れ歯と違って人工歯根が歯を支えますので、しっかりと力を入れて噛める歯を作ることができます。

義歯をセラミックで作成することで、天然の歯と殆ど見分けがつかないくらい美しい歯が入ります。歯としての機能を回復させるだけであればブリッジや入れ歯でも可能ですが、インプラントには歯根があるため、天然の歯に近い自然な噛み心地を実現します。

人工歯根はチタンで出来ているため、人体にとてもなじみやすく骨と結合する性質を持っています。そのため人工歯根と顎骨が結合することで、強い力をかけてもびくともしない頑丈な歯を作ることができます。

インプラントが出来ない、または注意が必要な場合

歯を失った部位によってインプラントが出来ないケースというのはありません。
どの位置の歯を何本失ったとしても基本的にはインプラント治療は可能です。
ただし下記のような場合はインプラント治療が出来ないか、あるいは一定の制限のもとにインプラント治療が可能になります。

・妊娠中の方
・心臓病、糖尿病、腎臓病、高血圧、骨粗鬆症などの疾患のある方・・医師の指導のもとに良好な状態にコントロールされている場合はインプラント可能です。
・歯周病の方・・歯周病の治療を行ってからインプラント治療をします。
・顎骨の幅や高さが足りない方・・骨を増やす処置をしてからインプラント治療をします。
・ヘビースモーカーの方
・顎骨の成長が終わっていない16才以下の方
・チタンにアレルギーのある方

このように、患者さんの状態によってはインプラントが出来ない場合があります。詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。



大阪府藤井寺市男性:上顎へインプラント3本埋入



大阪府藤井寺市男性の症例です。
上顎右側へ1本、左側へ2本のインプラントを埋入する治療を行いました。

治療方法

上顎右側へ1本、左側へ2本インプラントを合計3本埋入しました。

費用

インプラント ¥750,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×3
チタンアバットメント ¥120,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×3
セラミック冠 ¥270,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×3

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

インプラント治療には歯科医院選びが大切

歯を失ったときの治療法として、最近では日本でもインプラントがかなり一般的な治療になりつつありますが、まだまだブリッジや入れ歯で治療する患者さんが多いのも事実です。

インプラント治療はむし歯や歯周病の治療と比べると専門的な技術と経験が必要になるため、いざインプラント治療を受けようという時に、どこの歯科医院で手術を受けるのか迷われるのではないでしょうか。

保険のきく治療の場合はどこの歯科医院でも概ね同じ内容の治療になりますが、インプラントは施術する歯科医師の技術と経験によるところが大きい治療です。
インプラント治療が可能な歯科医院はかなり増えてきたものの、これから長いお付き合いになる歯科医院はしっかりと納得して選んでいただきたいと思います。

インプラントの情報は氾濫している

当院では10年あまり前からインプラントの無料相談を行っております。メールや電話、またインプラント初診相談等で多くの方から様々なご相談をお受けしてきました。
10年前と比べて、今では多くの医院が何らかの形でインプラントの相談を受け付ける体制を整え、インプラントに関する多くの本が出版され、数え切れないほどの歯科医院のホームページやインプラントの専門サイトが存在しています。

患者さんは積極的にインプラントについて多くの知識を得ることが出来るようになったものの、情報が多すぎてご自分がどのケースにあてはまるのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。

また、かかりつけ医の先生があまり詳しく説明してくれないとおっしゃる患者さんも多くおられます。現在では多くの歯科医院が予約制をとっているため、限られた時間内での相談になるからかもしれません。
そんな場合、専任のインプラントカウンセラーが在籍している歯科医院であれば、診療時間以外での相談も気軽に受けられますね。

インプラントの悩みにお答えするための無料相談

歯科医院では、患者さんに何とかインプラント治療について詳しくご説明したいという気持ちから、インプラントの説明用の冊子を作ったり、動画でご説明したりと、様々な工夫をしています。

当院の場合は、気軽に相談できるツールとしてご好評をいただいているのが、「インプラントWeb診断」です。ホームページ上のフォームに必要な情報を入れて送信していただくと、1~2日後に専門医がメールでお返事させていただきます。
お電話させていただく場合もあるのですが、昼間は電話に出られない方が多いため、基本的にはメールで診断結果をお送りしています。ご質問への回答も同時にお送りいたします。

次に便利なのが、「無料電話相談」です。専任のカウンセラーが電話を受けますので、その場で答えが得られます。もっと詳しく相談したい場合は、来院してのインプラント初診カウンセリングをお受け下さい。カウンセラーにお申し付けいただければ、その場で予約をお取りします。

そして、最近良くお使いいただいているのは、「LINEで無料相談」です。スマートフォンでLINEをお使いの方なら、お友達登録したいただくと、LINEで相談内容を送れます。カウンセラーがご質問にお答えしますので、ぜひご利用くださいね。