大阪市阿倍野区60代男性:上顎の左右にインプラント3本埋入


大阪市阿倍野区60代男性:上顎の左右にインプラント3本埋入

大阪市阿倍野区60代男性の症例です。

歯周病で上顎の奥歯を左右で合計3本失っておられました。入れ歯をご使用でしたが、噛みにくい、喋りにくい等の問題があり、あまり使っておられませんでした。

入れ歯を作りなおしても結局使わなくなるかもしれないため、思い切ってインプラント治療を受けてみようと思う、とのことで当院に相談にみえられました。

骨量が十分にありましたので、問題なく3本のインプラントを埋入できました。

治療方法

上あごの左右の奥歯にインプラントを合計3本埋入しました。

費用

インプラント ¥750,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×3

チタンアバットメント ¥120,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×3

セラミック冠 ¥270,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×3

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。

インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。

手術後に腫れることがあります。

60代でも骨量が十分にあって健康体

上顎の奥歯付近には上顎洞と呼ばれる大きな空洞があります。歯が抜けると、歯根が埋まっていた部分の骨が吸収されて減ってしまうのですが、上顎の奥歯を失うと、上顎洞が拡大してしまいます。

そのため、インプラントを埋めるために必要な骨の厚さや幅が足りないということが起こりがちで、従来から上顎洞へのインプラントは難しいといわれていました。

しかしこの患者さんは骨がしっかりしており、インプラント可能な状態でした。色々お話を伺ってみると、若い頃はトライアスロンの選手で、今でも日常的に愛犬と一緒にランニングをしたり、クロスバイクで近くの山に出かけたりされているとのことです。

奥様が栄養バランスを考えた食事を3食作って下さるのも、健康に大いに貢献していると思います。骨の質や厚みに関しては運動や食事だけが理由というわけではありませんが、このような生活を送っておられることが全身の健康にプラスになっていることは間違いないと思います。

昔でしたら60代は老人の仲間入りだったかもしれませんが、最近の60代の方は活動的で体力があり、本当に若々しいです。そしてインプラント治療に十分な骨量もあります。

インプラントについてのご説明

さて、インプラントについて少しご説明しましょう。

インプラント治療とは、チタン等で出来ている人工歯根を顎の骨に埋め込んで、その上に人工歯を取り付けることで歯根から義歯を作る治療方法です。

インプラントと聞くと「高い」とか「危ない」とか思われる方もおられるでしょうが、インプラント技術はどんどん進歩しており、CTスキャンを元に治療計画を立てる安全な治療方法が確立されております。保険のきかない自由診療なので治療費は医院によってまちまちですが、概ね技術の水準に合った価格設定がされています。

ブリッジや入れ歯では解決できなかったお悩みがインプラントで解決出来る場合もあり、患者さんのお悩みに応じてインプラント治療をしております。

隣の歯を削って大きな被せ物をかぶせるブリッジや、隣の歯や歯ぐきなどを利用して義歯を支える入れ歯とは違い、インプラントは直接顎の骨に埋まっているので、しっかりと噛む力を受けとめられます。見た目はご自身の天然の歯と全く変わりませんし、違和感がないのも特徴です。


大阪府八尾市30代男性:右下の奥歯にインプラント1本埋入して治療



大阪府八尾市30代男性の症例です。
むし歯がひどくなって来院されましたがかなり深い部分までむし歯になっており、抜歯しなければならなくなりました。

患者さんはまだお若く、隣の歯もしっかりしています。ブリッジにしても良いのですが、両隣の歯を削るというリスクについてお話したところ、インプラントを希望されました。

治療方法

右下奥歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ブリッジ、入れ歯の隣の歯への影響

歯を1本失った時にブリッジ、部分入れ歯という治療を選んだ場合、どうしても隣の歯に影響が出てしまいます。
ブリッジは3本連結のかぶせ物をかぶせるために両隣の歯を大きく削らなければなりませんし、入れ歯も両隣の歯にバネをかけて安定させる形になります。

通常、歯は1本1本独立して生えており、互いがぴったりとくっついて押し合うことでキレイなアーチを作ります。ブリッジ、入れ歯では単純に考えると1本の歯に1本半分の負担がかかることになります。通常の1.5倍ですから、かなりの負担になります。

そのため、ブリッジを支えている歯や、入れ歯のバネをひっかけている歯は、将来的に痛みやすい状態になります。十数年たってから、それらの歯が、例えば歯根が割れてしまったりして抜歯しなければならなくなったとします。

すると、欠損歯は今まで1本で済んでいたものが2本に増えてしまいます。2本の欠損をカバーするためには、もう1本削って大きなブリッジを取り付けるか、または大きな入れ歯に変えることになります。

更に数年後、また支えにしている歯がダメになったら・・・。考えると恐ろしいですよね。

1本目の欠損をインプラントで補うと・・・

さて、初めて歯を失った時に、ブリッジや入れ歯ではなく、インプラントで治療をした場合はどうでしょうか。
インプラントは歯が生えていた部分の顎骨に人工歯根を埋め込んで歯を作っていきます。つまり天然の歯と同じく、1本が独立した形で生えています。そのため隣の歯を削ったりバネをひっかける必要がありません。

噛む力はインプラントの人工歯根がしっかりと受け止め、隣の歯に迷惑はかけません。これがインプラントの大きなメリットです。

特に最初の1本の欠損をインプラントにすると、他の歯を全くいじることなく治療出来ますので他の歯を守るという言い方も出来ます。長い目で見るとお口全体の健康に大きな恩恵があると思います。

かといって、絶対にインプラントでなければならないということはありません。インプラントは保険のきかない自由診療ですので、かなり高額な治療費がかかります。あくまでも各治療法のメリットとデメリットの両方を明らかにして、歯科医師が患者さんと話し合いながら、患者さんの現在の状況で一番好ましい治療法を選んでいきます。



大阪市北区50代男性:左の下顎奥歯にインプラント2本埋入



大阪市北区50代男性の症例です。
奥歯を2本失っておられ、抜歯から1年程度経過していました。
入れ歯は最初から希望されていなかったため、インプラントを2本埋入して治療しました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

片方でばかり噛むと身体に悪い影響を与える

この患者さんは左下の奥歯を2本失った状態で一年程度過ごしておられます。その期間中、主に右側の歯で噛んでおられたそうですが、片方でばかり噛むことは実は身体にとても悪い影響を与えます。

人間の顔は左右対称ではないものの、左右でそう大きく違っているわけでもありません。
しかし鏡で顔を見た時に、左右の目の高さが違っていたり、片側のほうれい線だけがくっきりしていたりすることはないでしょうか?
笑った時に片側の唇が上がる癖がある方もおられると思います。
これらは片側でばかり噛んでいることが原因になっているかもしれません。

左右のどちらかの歯が悪かったり、歯は悪くないけれど噛み合わせの高さが原因で片側でばかり噛む癖がついてしまっていたりと、色々な理由があるでしょうが、片側でばかり噛むことで身体には様々な負担がかかります。

まず、左右のどちらかだけで噛み続けた場合には、顔の左右の筋肉の状態が変わってきます。よく噛んでいる側の筋肉はいつも力が入っている状態で、逆に反対側の筋肉はいつも緩んだ状態になります。
これを長く続けることで、目の高さや左右の口の高さ、ほうれい線などの左右のバランスが崩れてきます。片側噛みが原因で顎関節症になることもありますので、注意が必要です。

片方でばかり噛むことの影響は顔だけにとどまらず、全身にあらわれてきます。
肩こりや痛みなど、まさか原因が歯にあるとは思いませんよね。しかし無関係であるとは言い切れません。

しっかり噛むことを第一に考えた場合はインプラントが最適

左側でもしっかり噛んで今までの悪いバランスを解消するためには、インプラントを2本埋入するのが一番良いというご提案をしたところ、患者さんも受け入れてくださいました。

隣り合った2本の歯ですので、インプラント手術は1回で2本埋入することが出来ます。
ほぼ同時に2本埋入するため、経過を見るのも、上部構造を取り付けるのも、1度に2本行うというスケジュールになります。
そのためインプラントを埋入する場所が左右や上下に分かれているよりは、治療期間が短くなるというメリットがあります。

また、インプラントはブリッジや入れ歯よりも噛む力が出ます。これは骨に人工歯根を埋め込んで固定するというインプラントの構造上の理由からです。
ブリッジは両隣の歯と一体になった被せ物をかぶせることで義歯を固定しますので、噛む力は両端の歯が負担することになります。そして入れ歯はバネをひっかける歯や、歯ぐきによって支えますので、ブリッジよりもさらに噛む力が出にくい構造になっています。

左側でもしっかりと噛んで左右のゆがみを解決するためには、インプラントが最適であると考えます。心臓病、糖尿病、高血圧といった全身的な疾患がなく、骨がしっかりしていて喫煙をしないということが条件になりますが、この患者さんの場合は問題なくインプラント手術が可能でした。

現在はインプラントと骨ががっちりと結合するのを待つ期間になります。あと二ヶ月くらいで上部構造が取り付けられると思いますので、その後は硬いものでも何でもしっかりと噛めるようになります。



大阪府豊中市30代女性:右の上顎にインプラント1本埋入



大阪府豊中市30代女性の症例です。
出産後なかなか歯医者に行けなかったため、むし歯の治療が遅れてしまい歯がボロボロになってしまって抜歯しなければならないケースでした。

抜歯後の治療としてはブリッジも考えられたのですが、歯を削って3本分の大きな被せをかぶせるのは気が進まないとのことで、インプラントで治療をすることになりました。

治療方法

右上奥歯を抜歯し、インプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

小さなお子さんのおられるお母さんは歯科医院での託児サービスをご利用ください

授乳中でも歯の治療は可能です。保育士さんが常駐していてお母さんの治療中に赤ちゃんを預かってくれる歯医者もありますので、小さなお子さんがいるためになかなか受診出来ない方は、無料で託児サービスを行っている歯科医院をネットで調べてみてくださいね。

当院でも吹田本院、豊中本町院では無料託児を行っています。無料託児は予約制(※)ですので、お母さんの治療の予約の際にお申し付けくださいね。

※お子さんの年齢によって、保育士が一度にお預かり出来るお子さんの人数に制限があるためです。

ブリッジは大きく歯を削る必要がある

ブリッジは保険診療で手軽に行える治療です。しかしいざブリッジについてのお話をすると、難色を示されることが多いです。その理由はブリッジの特徴にあります。

ブリッジは固定式で違和感が少ないことと保険がきくことで、とても一般的な治療です。しかし欠点として、両隣の歯を大きく削らなければなりません。

両隣の歯が健康な歯で今まで全く削ったことのない歯である場合、健康な歯を大きく削ることに抵抗を感じる方もおられます。また、保険の範囲内ではブリッジの材質は銀歯になるため、金属アレルギーの方や口の中に金属を入れたくない方はためらわれると思います。

前歯の場合は白いレジンというプラスチックでブリッジを作成します。レジンは保険がききますので、治療費も安価です。しかし材質がプラスチックですので、歯垢や着色汚れがつきやすく数年で色が変わってくるという欠点があります。強度も金属やセラミックに比べると弱いです。

初めて歯を失った場合のインプラント

この患者さんのように初めて歯を失った方は、基本的にはインプラントをお勧めしています。もちろんブリッジにすることも出来るのですが、他の歯を削らなければいけないという欠点があるため、患者さんが歯を削ることに躊躇される場合はインプラントをということになります。

他の歯を傷つけないというのがインプラントの優れた利点です。ブリッジと比べた場合にその違いは顕著で、インプラントは1本だけ独立した状態で埋入しますので、他の歯に治療痕を作らずに済みます。

このように治療法は医院側から一方的にお勧めするものではなく、患者さんと色々話し合うことで、現時点で一番良いと思われる治療法を決めることが出来ます。



大阪府吹田市60代男性:左上奥歯にインプラント3本埋入



大阪府吹田市60代男性の症例です。
左上奥歯に入れ歯を使っておられましたが、噛む時に力が入りにくいことと、大きな入れ歯なので違和感を減らしたいとのことで、インプラントの相談にみえられ、3本のインプラントで治療することになりました。

治療方法

左上奥歯にインプラントを3本埋入しました。

費用

インプラント ¥750,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×3
チタンアバットメント ¥120,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×3
セラミック冠 ¥270,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×3

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

入れ歯とインプラントの違和感の違い

入れ歯は補っている歯の場所や本数によって様々な形があります。また、材質も保険診療だけでなく自由診療の入れ歯をお使いの方は多岐にわたっています。
しかしどんな入れ歯であれ、口の中に異物を入れることになり、取り外して洗う必要があるということは変わりません。

違和感という点では、インプラントの場合はアゴの骨に直接埋め込んでその上に上部構造をつけますので、天然の歯と全くかわりません。
インプラントが第三の永久歯と呼ばれるのは、アゴの骨に埋まっていて1本が独立しているという点で、構造的に天然の歯と同じだからです。

インプラントの上部構造はセラミックで作ることが多いため、隣の歯と見比べても、どちらが義歯でどちらが天然の歯か、殆ど区別がつきません。
入れ歯の違和感に悩んでいる方には、圧倒的にインプラントに軍配があがります。

入れ歯とインプラントの噛み具合の違い

入れ歯は他の歯によって支えられ、固定されています。そのため支えている歯がぐらついた場合は入れ歯もぐらついて噛みにくくなりますし、支えている歯の負担を考えるとこのまま入れ歯を入れ続けることが出来なくなってしまうかもしれません。

前に述べたように、インプラントは骨に穴をあけ、しっかりと固定されます。骨とインプラントががっちりと結合している状態では、硬いものを噛んでもびくともしない安定性があります。よく噛めるという点ではインプラントが優れているといえます。

やみくもにインプラントを勧めるわけではありません

入れ歯やブリッジでお悩みのある方にとって、インプラントにすることによってお悩みが解決する場合は、インプラントをお勧めします。しかし糖尿病や高血圧、心臓病等の全身の疾患がある場合はインプラント手術が出来ませんし、喫煙者の方もインプラントと骨が結合しにくいのでインプラント治療には向きません。

また、インプラントの場合は治療費が高額になるという問題もあります。埋入本数が少ない場合はまだしも、本数が多くなるとかなり大きな金額になってしまいます。

これらの条件を全て考慮した上で、患者さんとご相談しながら今後の治療を決めていきます。インプラントを押し売りされるのではないかと心配されている方は、そのようなことは決してありませんので、安心してご相談くださいね。



大阪府豊中市50代男性:上顎にインプラントを6本埋入して全体を治療



大阪府豊中市50代男性の症例です。
歯周病が悪化していて上の前歯を差し歯にしていた部分が全てグラグラになっており、抜歯しなければならなくなりました。

一度に何本も抜歯するというと不安を感じると思いますが、既にグラグラになっている歯の場合は出血や痛み等の身体的な負担はそう大きくありませんので、ご安心くださいね。

抜歯後は歯ぐきの回復を待って、インプラントの手術を行いました。今回は合計で6本埋入しております。

治療方法

上あごにインプラントを6本埋入しました。

費用

インプラント ¥1,500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×6
チタンアバットメント ¥240,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×6
セラミック冠 ¥540,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×6

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

歯みがきのときに歯ぐきから血が出たりしませんか?

歯周病は歯肉だけにとどまらず、歯を支える骨までも破壊する怖い病気です。
歯周病が進行する過程で痛みを感じることがないために、歯肉が腫れたりおさまったりを繰り返し、ご本人が気付かない間に悪化していって、気づいた時には骨がかなり破壊されていて歯がグラグラになり、自然に抜けてしまいます。

歯ぐきが腫れて炎症を起こしている段階では、歯肉炎と呼ばれており、これが悪化すると歯周病という病名になります。毎日の歯みがきのときに歯ぐきが腫れていないか、歯みがきによって出血がないかを鏡を見てご確認くださいね。

一番良いのは、毎日の歯みがきに加えて3か月に一回程度、歯科医院での歯のクリーニングを受けることです。歯肉炎や歯周病が悪化していないか、歯科衛生士がチェックいたします。

歯周病で歯を失った場合はすぐにインプラント出来ません

お口の中に歯周病を引き起こす細菌がたくさん存在する状態でインプラントをしたとしても、インプラントの周囲の歯ぐきがそれらの細菌によってダメージを受けてしまいます。その場合は歯周病と同じような経過をたどり、最後にはインプラントが抜けてしまうことになります。

それを防ぐために、抜歯してからインプラント手術までの間に、歯のクリーニングを受けていただいて出来るだけ歯周病を引き起こす細菌の数を減らす必要があります。そうすると歯肉全体の腫れがおさまり、歯ぐきが引き締まってきれいなピンク色が戻ってきます。

このように歯周病をある程度コントロールしてからインプラントの手術を行います。

歯周病は再発性ですのでずっとケアが必要です

歯科医院での歯のクリーニングと毎日のていねいな歯みがきによって、歯周病が改善したとしても、その状態を続けていかないとまた歯周病が再発してしまいます。

歯周病が再発すると、せっかく埋め込んだインプラントの周囲の歯ぐきや骨に悪影響を与え、インプラントがグラグラになってしまうことになりかねません。インプラント手術の後は今まで以上に歯周病には気をつけなければなりません。

当院ではインプラントの保証を受けるための条件として、メンテナンスにお越し頂くことをあげていますが、歯周病を防ぐためということが大きな理由となっています。
インプラント治療前よりもさらに念入りにみがき残しなくブラッシングをして、インプラント、歯ぐき、骨を守りましょう。



大阪府吹田市50代女性:前歯にインプラントを2本埋入



大阪府吹田市50代女性の症例です。
上の前歯にインプラントを2本埋入し、審美性を考えてセラミックで治療しています。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

上の前歯は審美性が重要

上の前歯の治療には特に技術が必要です。それは、とても目立つ場所なので他の歯と身比べても義歯と分からないような自然な審美性が求められるからです。

上の前歯は真っ先に他人から見える場所なので、前歯を失うということはかなりショックな出来事です。抜歯後どのような治療をするにしても、歯がない期間が生じないように、そして仮歯を入れる場合でもなるべく見た目がきれいに見えるようにと、気を配ります。

絶対に妥協できないのが前歯の左右1番の歯です。隣の歯と比べて同じ色なのはもちろんのこと、歯肉の高さも隣と段が出来ないようにしなければなりません。そして全体の歯並びの調和も大切ですので、とても審美的に高い技術が求められます。

患者さんは高額なセラミックで治療するのですから、最高の美しさを求めておられます。当院としては出来る限りその期待にこたえたいと、日々挑戦しています。

インプラントは誰でも受けられます。ただし・・・

成長期が終わった方はインプラントが出来ます。年令の上限はありませんが、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症等の全身の病気のない方で、骨の状態がしっかりしている方が対象となります。

インプラント手術が怖い方は・・・

インプラントの手術は埋入本数や部位によって変わってきますが、1本の場合は簡単なもので30分程度、難症例でも1時間程度で終わります。抜歯のときと比べると傷の治りも早いため、「インプラントは思っていた楽だった」という感想を持たれる方も多いです。

それでもやはり手術は怖いとおっしゃる方は、静脈内鎮静法という点滴の麻酔を受けていただくことで、うたた寝をしている間に手術が終わります。恐怖感や不安感の強い方、そしてインプラントの埋入本数の多い方にはお勧めしています。

インプラントの治療期間は・・・

インプラントを顎の骨に埋め込む手術をしてから、インプラントが骨と結合するまで、3か月から6か月くらいかかります。その間は普通に生活していただきます。その期間を利用して歯周病やむし歯の治療を行う場合もあります。

その後、インプラントが骨としっかり結合したら、土台を取りつけて型を取り、セラミックで上部構造を作成します。出来あがってきた上部構造を取りつけたら、インプラント治療は終わりです。

ただし、インプラントをこれから何年も安定した状態で使っていただくために、患者さんには3か月に1回程度のメンテナンスにお越し頂いています。メンテナンス時に歯ぐきや歯と歯の間をきれいにクリーニングすることで歯肉の炎症を防ぎ、インプラントが長持ちします。



大阪市阿倍野区30代女性:上前歯の歯根にヒビが入り抜歯後インプラントに



大阪市阿倍野区30代女性の症例です。
子供の頃に上の前歯を差し歯にされました。歯ぐきが腫れるので来院され、検査したところ歯根にひびが入ってしまって歯根破折という診断になりました。
抜歯しなくてはならないわけですが、まだお若いので入れ歯は絶対に嫌、ブリッジも気がすすまないとのことで、インプラントを1本埋入することになりました。

治療方法

上の前歯を抜歯し、インプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

他の歯を削るよりはインプラント

歯根破折の場合は通常なら抜歯のケースです。そして前歯はとても目立つので抜歯してからすぐに仮歯を入れる必要があります。
この患者さんはまだ30代でお若いために治療はブリッジがインプラントということになります。

ブリッジの場合は左右の歯も削って一度にかぶせる必要がありますので、健康な歯を削るということが一番のネックになりました。そして前歯のブリッジはセラミックで作成するため価格もそう安いものではありません。

ブリッジとインプラントのメリットとデメリットを考えあわせて、治療方法を決めます。治療計画をたてる段階では、しっかりとご説明し、患者さんに納得していただくことが大切です。

抜歯後、歯ぐきの状態が落ち着いてきたのをみて、インプラント手術になりました。上顎の場合は骨が薄い方も多いのですが、抜歯してすぐにインプラント治療に入れたことと、まだ30代でお若い方だったため、骨量の問題はなく順調に手術が済みました。

それから6ヶ月間は骨とインプラントがくっつくための期間です。永い間仮歯で過ごして頂きましたが、実際にセラミックの歯が入ると他の歯との見分けがつかないくらい審美的にきれいに仕上がりました。

セカンドオピニオンのすすめ

歯の調子が良く何の問題もない時には、その状態が普通なのですが、いざ悪くなるととても気になるものです。
そんな時はとりあえず歯科医院に相談されることをお勧めします。

どこの歯科医院に行かれても無理に高額な治療を勧められるようなことはないと思いますが、万が一何か疑問に感じた場合は、他の歯科医院の先生の意見もきいてみてください。最近ではセカンドオピニオンを求めることはかなり一般的になりましたので、遠慮なさらなくていいですよ。当院では無料の電話相談を行っておりますので、ぜひお気軽にお電話くださいね。



大阪府豊中市60代女性:左下奥歯にインプラント2本埋入



大阪府豊中市60代女性の症例です。
左下奥歯は銀歯をかぶせて治療済みの歯でしたが、被せ物の中で虫歯になっており、2本の歯を抜歯しなくてはならなくなりました。

銀歯をかぶせる治療をしてからは20年程度経過していたそうです。銀歯の場合は削った歯との間に段差やすき間が出来やすく、その部分から虫歯になったようです。

抜歯後はインプラントで治療することになりました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

二次虫歯について

むし歯治療をした歯が更にむし歯になることを二次虫歯といいます(または二次カリエス、二次う蝕ともいいます)。二次虫歯は大人になってから発生することが多く、高齢者の方が歯周病で歯肉がちぢんでしまい、歯の根が露出している部分に発生したり、むし歯治療の後に発生することもあります。おとなの虫歯の大部分はこの二次虫歯です。

二次虫歯を予防するには

二次虫歯予防は通常のむし歯予防と変わりはありません。

1.プラークを除去する
2.詰め物やかぶせ物をする際にはレジンや銀歯ではなく、自費治療になりますが歯垢のつきにくいセラミックを選ぶ
3.フッ素の入った洗口液や歯磨き粉を使う
4.歯科医院で定期検診を受ける

むし歯や歯周病の原因はプラークの中に存在している細菌です。そのため口腔内にいるむし歯や歯周病を起こすといわれている細菌を減らすことが重要になります。

抜歯後はブリッジ?入れ歯?インプラント?

抜歯しなければならなくなると、その後の治療をどうするかを決めなければなりません。抜歯したままで何年も放っておくと、いざ治療をしようと思った時に歯が隙間に倒れてきていたり、隙間が狭くなっていたり、噛み合う相手の歯が伸びてきたりといったことが起こります。

そうなると治療は更に大変になり、期間もお金も多くかかってしまいますので、なるべく早めに抜歯した部分を治療しなければなりません。

この患者さんの場合は奥歯を2本連続して抜歯しましたので、よく噛めるように治療を行う必要があります。入れ歯は十分に噛めるとは言い切れませんし、ブリッジはかなり大きなブリッジになり、両隣の歯にかかる負担が気になるところです。

よく噛めるようになることに重点を置いて話し合いをしたところ、患者さんはインプラントが良いとおっしゃいました。確かにインプラントは人工歯根が骨にしっかりと結合しますので、硬いものでもしっかり噛めるようになります。

インプラントは噛み合わせも重要

インプラントを埋入し、上部構造を取り付けたあとは噛み合わせをしっかりとチェックする必要があります。噛み合わせが悪いと、せっかく美しいセラミックの歯が入っても、うまく噛めません。

そればかりか顎関節症や頭痛や肩こりを引き起こすことにもなりかねません。
当院では噛み合わせも含めてインプラントでしっかりと治していきますので、ご安心くださいね。



大阪府高槻市60代女性:左下奥歯にインプラント2本埋入



大阪府高槻市60代女性の症例です。歯周病で左舌奥歯を2本なくされており、数年間入れ歯を使っておられましたが、入れ歯が合わなくて食事のときなどに苦労しているとのことで、インプラントの相談にお越しになりました。

残存歯の歯周病の状態があまり良くなかったため、まず歯周病の治療を受けていただき、歯肉の状態が良くなってからインプラントの手術を行いました。

治療方法

左下の奥歯にインプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
セラミック冠 ¥180,000(税抜) 内訳:¥90,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

歯周病を防ぐための取り組み

歯周病は数年前までは歯槽膿漏という名前で知られていた歯ぐきの病気です。歯垢(プラーク)と歯石に繁殖するばい菌が原因といわれており、重度になると歯槽骨が溶け始めます。そのため最終的に歯が抜けてしまうという怖い病気です。

ずっと中高年の病気と思われていた歯周病ですが、現在では成人の80%が歯周病だという調査結果があります。中でも十代の方の50%に既に歯周炎が見られ、年齢が高くなるにつれて症状も重くなっていきます。

歯周病の怖さは、痛みがないために本人が自覚しないまま症状がどんどん重度になっていくことです。急に歯がぐらぐらし始めたと感じられても、実は何年も前から歯周病にかかっていたということになります。

歯科医院での定期検診や、歯科衛生士によるクリーニングを年に数回受けていただければ、歯周病にかかっているかどうかわかりますし、歯肉の状態を改善するための様々なメンテナンス方法を知る事もできます。

歯科衛生士が見ると歯肉が炎症を起こして腫れている状態はすぐにわかりますが、ご自身では鏡で見てもなかなか分かりづらいと思います。歯周病予防の近道は、年に数回は歯科医院で歯周ポケットの深さを測ってもらうことです。毎日の歯みがきを気をつけて行うだけでも歯ぐきが引き締まってくる場合もあります。まずは歯科衛生士のクリーニングを受けてご自身の歯ぐきの状態を知っていただきたいと思います。

歯周病の方のインプラント

歯周病の方は、そのままの状態でインプラントをしても歯周病菌がインプラントの周囲に炎症を起こし、インプラント周囲炎を引き起こしやすいという問題があります。

インプラント周囲炎は歯周病と同じように重度になると歯槽骨を溶かしていきますので、歯周病の治療を行ってからインプラントを埋入しないと、インプラントが数年でぐらぐらし始め、やがて抜けてしまうことになります。

そのため、当院では歯科衛生士による歯のクリーニングを数回受けていただき、ある程度歯周病を改善させてからインプラントを埋入します。そうすることでインプラントの歯を長持ちさせることが出来ます。



大阪市北区50代女性:右下奥歯にインプラント2本埋入



大阪市北区50代女性の症例です。
右下の奥歯に痛みがあって来院されたところ、根っこが割れてしまっていたために抜歯になりました。その隣の歯もレントゲンで見ると中がかなり大きなむし歯になっており、抜歯することになりました。抜歯後は歯ぐきの状態が良くなるのを待って、インプラントを2本埋入しました。

治療方法

右下の奥歯を抜歯し、インプラントを2本埋入しました。

費用

インプラント ¥500,000(税抜) 内訳:¥250,000(税抜)×2
チタンアバットメント ¥80,000(税抜) 内訳:¥40,000(税抜)×2
ハイブリッドセラミック冠 ¥140,000(税抜) 内訳:¥70,000(税抜)×2

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
外科手術を行うため,痛みや腫れや出血、合併症などの可能性があります。
治療後にメンテナンスを継続して受けないと長期間使えない場合があります。

抜歯した部分の治療について

抜歯することになると、その後の治療方法について決めなければなりません。今回は一番奥の歯から2本を失ったため、この場合はブリッジが出来ません。そこで、入れ歯かインプラントかという選択になります。

入れ歯の場合も、一番奥の歯の場合は安定しないため、治療方法のメリットやデメリットについて詳しくご説明した結果、インプラントで治療をしたいということになりました。

通常は歯が抜けた後の治療は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つから選択するのですが、抜けた歯の部位や本数によって選択肢が減ることになります。

インプラントという選択

第一大臼歯と第二大臼歯は咬み合わせの要になる大切な歯です。お子さんに永久歯が生えてくる時も、一番先に生えてくるのが第一大臼歯です。これらの奥歯がなければしっかりと食べ物を噛んですり潰すことが出来ません。

奥歯にインプラントを入れる場合は、太いインプラントを埋入することによってしっかりと圧力をかけて噛めるようになります。咬む時の圧力にしっかり耐えられるのがインプラントの大きなメリットです。

CT撮影の結果、問題無くインプラントが出来るとわかりましたので、抜歯後歯ぐきが治って来ているのを確認してからインプラント手術を行いました。

インプラント手術後

インプラントを埋入してから約3か月たち、下顎の骨とインプラントがしっかり結合したのを確認してから、型取りをしてセラミックのかぶせ物を装着しました。
見た目は天然の歯と殆ど見分けがつきません。歯列にぴったりフィットして違和感もなく、まるでご自分の歯のような感覚で過ごしていただけます。



兵庫県西宮市40代女性:上の前歯にインプラント1本埋入



兵庫県西宮市40代女性の症例です。
上の前歯に差し歯をしておられましたが歯の根にひびが入り、かかりつけの歯科で抜歯の処置を受けられました。その後しばらくして抜歯後の治療のため当院でインプラント手術を行いました。

治療方法

上の前歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
セラミックアバットメント ¥60,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
外科手術を行うため,痛みや腫れや出血、合併症などの可能性があります。
治療後にメンテナンスを継続して受けないと長期間使えない場合があります。

インプラントの前歯の審美性

前歯のインプラントは特に難しい治療です。それは噛むだけでなく、見た目の美しさを最大限に求められるからです。前歯は喋ったり笑ったりした時に他人から真っ先に見える部位なので、自然に美しく仕上げなければなりません。

審美性ということを考えると、他の前歯との大きさや色の自然なバランスが求められるため、単に義歯を入れれば良いというわけにいきません。まず被せ物を自然なサイズにしなければなりませんし、歯ぐきの高さや位置も他の歯とバランス良く仕上げなければなりません。
つまり、前歯の治療には奥歯の治療とは違う面での審美的な技術が必要とされます。

美しい前歯を入れるための歯ぐきの状態について

歯ぐきの状態は歯を失った理由や、失ってからの期間によっても異なります。この患者さんのように若い方で差し歯をしておられ、抜歯になってから長い期間をおかずにインプラントをするケースでは、歯ぐきの状態は概ね良好です。

しかし歯を失ってから何年も経過している場合や、歯周病がすすんでいる場合、また事故で歯ぐきにも外傷がある場合等は、理想的なバランスでインプラントのかぶせ物を入れることが難しくなります。

このように、インプラントに限らず前歯の治療には高い審美性が求められるため、美しく自然に見えるように治療していきます。



大阪市北区30代女性:左下奥歯にインプラントを1本埋入



大阪市北区30代女性の症例です。
左下奥歯をむし歯で失い、インプラントの埋入手術を行いました。

治療方法

上の前歯を抜歯し、インプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
ハイブリッドセラミック冠 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
外科手術を行うため,痛みや腫れや出血、合併症などの可能性があります。
治療後にメンテナンスを継続して受けないと長期間使えない場合があります。

最近ではこの患者さんのように初めて歯を失った方のインプラント治療が増えています。
歯を失った場合の治療法としては、他にブリッジ、入れ歯が考えられますが、この患者さんのようにお若い方で1本だけの欠損となると、インプラントをお勧めしています。

インプラントの構造

インプラントは第二の永久歯とも呼ばれる

むし歯や歯周病等で歯を失った場合に、抜けた歯の根っこを取り去った後の顎骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に被せ物を取り付けるのがインプラント治療です。

違和感がないこと、天然の歯と見分けがつかないほど自然に見えること、よく噛めることから、「歯が再び生えてみたみたいだ」と言われることが多いため、「第二の永久歯」とも呼ばれます。

歯を失ったときにブリッジと入れ歯しか選択肢がなかった時代と比べると、現在はインプラントという治療法が確立されていますので、選択の幅が広がりました。

インプラントの良い点

天然の歯と同じく、顎の骨に歯根が埋め込まれているという構造をしているため、自然に見えます。
⇒ブリッジは両隣の歯を削って3本連結の義歯を被せます。入れ歯は両隣の歯にバネをかけて固定します。

失った歯の部分のだけの治療ですので、隣の歯を傷つけることがありません。
⇒ブリッジは両隣の歯を削る必要があります。入れ歯は両隣の歯にバネをかけて固定します。

顎骨にしっかり埋まった人工歯根が噛む力を受けとめるため、強い力で噛めます。
⇒ブリッジ、入れ歯ともに咬む力を歯ぐきで支えるため、強い力が出ない上に歯ぐきに負担をかけます。

インプラントの悪い点

保険がきかない自由診療なので治療費が高額になる。
⇒一般的なブリッジ、入れ歯は保険適応です。但し目立たない材質や機能的に優れたものを求めると自由診療になります。

骨が少ない場合は骨造成の処置が必要になる。
⇒歯を失ってから何年もたつと骨が減ってしまっている場合があり、インプラント治療の前に骨を増やす処置が必要になり、その分治療期間が長くなり別途料金がかかります。

手術が必要になり、治療期間が長い。
⇒ブリッジや入れ歯は数回の通院で治療出来ます。

歯を失った場合の3種類(ブリッジ、入れ歯、インプラント)の治療にはそれぞれにメリット、デメリットがあります。当院ではそれらを詳しくご説明した後に、担当医と話し合って治療方法を決めていきます。無料の電話相談もございますので、お気軽にご相談くださいね。



大阪市都島区50代男性:右下奥歯にインプラント1本埋入



大阪市都島区50代男性の症例です。
奥歯に痛みと腫れがあり歯根にひびが入っていることがわかりました。この場合は抜歯しなければいけなくなります。

抜歯した後の治療方法は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類から選ぶため、それぞれのメリットとデメリットをしっかりご説明し、インプラントに決定しました。。

治療方法

上の前歯を抜歯し、インプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
外科手術を行うため,痛みや腫れや出血、合併症などの可能性があります。
治療後にメンテナンスを継続して受けないと長期間使えない場合があります。

ブリッジとは

抜けた歯の両隣の歯を削って土台にして、3本分で1つになっている被せ物を取り付けます。橋渡しのような形状からブリッジと呼ばれています。

ブリッジには使う材質によって保険適当と自由診療のものがあり、前歯の場合は審美性を考えて自由診療の白いセラミックを選ぶ方が殆どです。奥歯の場合も金属アレルギーを起こさせない、より緻密な形状が出来る等の理由でセラミックを選ぶ方が多いです。

但し土台にするために歯を2本削らなければいけませんので、それらの歯の寿命が短くなります。入れてしまえば全く違和感はなく、天然の歯の60%程度の力で噛むことが出来ます。治療期間が短いことから、短期的に考えると手軽な治療ではあります。

入れ歯とは

金属のバネを隣の歯にかけて取り付けるタイプの保険適応の部分入れ歯は、見た目が悪く敬遠されがちです。入れ歯だとわからないようにするには、樹脂で歯ぐきを覆うような形状の自由診療のデンチャーがあります。

ただ、樹脂製の入れ歯は金属アレルギーの心配はありませんが、定期的に作り直す必要がありますので将来的にずっと使っていくにはかなりの費用がかかります。

インプラントとは

インプラントは抜けた歯のあご骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上に被せ物を取り付けることで歯の機能を回復させる治療法です。隣の歯を触ることがないため、周囲の健康な歯を痛めません。違和感がなく天然の歯と全く変わらない感覚で過ごせます。よく噛めることも大きなメリットです。

自由診療なので治療費が高く、インプラントが骨と結合する期間がかかりますので治療期間が長いことが欠点です。

インプラントは怖いとおっしゃる患者さんんもおられますが、インプラント治療に関する知識を十分に得ることで、少しずつ不安は減っていくと思います。疑問点があれば何でもおききくださいね。



兵庫県西宮市50代男性:左下奥歯にインプラント1本埋入



兵庫県西宮市50代男性の症例です。
むし歯が大きく深くなってしまい抜歯しなければならない状態でした。この歯だけ歯ぐきが下がって長く見えており、抜歯後も歯ぐきがへこんでいます。インプラント治療後は歯ぐきの状態が改善され、歯が自然な長さに見えるようになりました。

治療方法

左下奥歯を抜歯してインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
チタンアバットメント ¥40,000(税抜)
ハイブリッドセラミック冠 ¥70,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

インプラントとは?

インプラントは、むし歯や歯周病などで失った歯の代わりに、あごの骨に直接人工歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けることで咬み合わせを回復させます。
人工歯根はチタンで出来ており、チタンは身体との親和性が高くアレルギーを起こしにくい金属です。

インプラントで自分の歯と同じように噛める

インプラントをすることで、ご自身の歯と同じように何でも食べられるようになります。人口歯根はあごの骨としっかり結合して固定されますので、安定性が良く強い力をかけてもびくともしません。
固定式なので取り外して洗う必要もなく、天然の歯と同じように歯みがき出来ます。

インプラントは周囲の歯に負担をかけない

歯を失った場合、インプラント以外ですと入れ歯、ブリッジで治療を行います。入れ歯は両隣の歯にバネをかけて固定します。そのため隣の歯に大きな負担がかかってしまいます。
一方ブリッジは両隣の歯を削って被せ物を取り付けます、この場合も両隣の歯に大きな負担がかかり、数年後には歯を痛めてしまいます。
インプラントは両隣の歯に全く負担をかけませんので、周囲の歯を痛めることがありません。

インプラントはあごの骨を健康に保ってくれる

歯がない部分の顎の骨は噛むときの力が伝わらないために、徐々に痩せてなくなっていきます。入れ歯やブリッジの場合は、歯ぐきで噛む時の力を受けとめることになり、あごの骨は痩せてしまいます。
インプラントはあごの骨に埋め込まれているため、噛む力を骨に伝えるので天然の歯と同じように、骨がやせにくい状態になります。



東大阪市50代女性:左上にインプラントを1本埋入



東大阪市50代女性の症例です。左上の臼歯にインプラントを1本埋入しました。
元々は欠損部をブリッジにされていたのですが、義歯と歯ぐきとの間に食べた物が詰まるのが原因で歯ぐきが腫れることが多く、相談にみえられました。

治療方法

左上の臼歯にインプラントを1本埋入しました。

費用

インプラント ¥250,000(税抜)
セラミックアバットメント ¥60,000(税抜)
セラミック冠 ¥90,000(税抜)

リスク

インプラントは自由診療なので保険適応の治療と比べて治療費が高額になります。
インプラントが骨と定着するのを待つ期間が必要なので治療期間が長くなります。
手術後に腫れることがあります。

ブリッジに食べ物が挟まる場合の取り方

ブリッジと歯ぐきの間に食べ物が挟まった場合は、通常の歯みがきやうがいでは取れにくい場合が多いです。かといって自然に取れるのを待つと、挟まったものが腐敗して口臭の原因になったり、菌が発生して歯ぐきが腫れたりします。

一番取りやすいのは歯間ブラシを使うやり方ですが、強くこすり過ぎると歯肉を痛めますので力の加減が重要です。そっと力を入れないようにして行ってください。

挟まったままですと、数時間で臭いを発するようになりますので、どうしても取れない場合は歯科衛生士によるクリーニングを受けていただき、その際に食べ物が挟まっていることをお伝えくださいね。

こんな場合はインプラントがお勧めです

歯を失った部分に天然の歯の根っこの代わりに人工歯根を埋め込み、噛む機能を回復させるのがインプラント治療です。

どのような方にインプラントをお勧めするかというと、下記のような方です。

1.一番奥の歯が抜けたためにブリッジに出来ない場合

2.ブリッジにするには健康な歯を削らなければならないが削りたくない場合

3.失った歯の本数が多いためにブリッジでは支えきれない場合

4.入れ歯や心理的に嫌だという場合

5.先天性の永久歯の欠損がある方で、乳歯が抜けてしまった場合

インプラント治療を受けられた殆どの患者さんがおっしゃるのは、「よく噛める」ということです。今まで歯が悪いために食べるのを我慢していた硬いせんべいやピーナッツを噛めるようになったり、肉を豪快に噛みちぎれるようになったりと、何でも食べられるようになりますので、食べることがとても楽しくなるようです。

インプラントの治療期間は?

インプラントはあごの骨に埋め込む手術をしたあと、人工歯根が骨としっかり結合するまで待たなければなりません。一般的には3ヶ月から6ヶ月の待ち期間になり、その間は1~2ヶ月に1度くらい来院していただきチェックをすることがあります。

埋め込んだインプラントと骨が結合するのを確認すれば、それから型取りをして最終的な被せ物を作り、セットします。前歯の場合は必ず仮歯を入れますので、歯がない期間というのは基本的にありませんのでご安心下さい。