大阪府高槻市40代女性:永久歯の先天性欠如によりインプラント1本埋入



大阪府高槻市40代女性の症例です。
生まれつき永久歯が一本足りない先天性欠如の方で、乳歯を出来るだけ長くもたそうと気をつけておられたのですが、30代のときに乳歯がグラグラしはじめて抜けてしまいました。

永久歯が生えてこないため、何らかの形で欠損部分を補わなくてはなりません。しかしなかなか歯医者に行けず、そのまま十年近く放置することになってしまい、今回相談のために来院されました。

被せている歯が多いのでブリッジではなくインプラントにしたい


小さい頃からむし歯が多かったそうで、かぶせ物や詰め物での治療を度々受けて来られたそうです。奥歯は殆ど治療済みの歯となっており、被せをしている歯が多くこれ以上歯を削りたくないとのことで、ブリッジにはしたくないとおっしゃいました。

確かにブリッジにすると、両隣の歯を削らなくてはなりません。それもかなり大きく削ることになります。
歯を削りたくないという理由で、ブリッジではなくインプラントを選ぶ患者さんが多くおられるのですが、この患者さんも同じ理由でインプラントを検討することになりました。

幸い骨はしっかりとしており、幅も高さもインプラントを埋め込むのに十分でした。

インプラント手術は怖くないし痛くもなくて驚いた


インプラントは初めてなので少し不安はあるとおっしゃっていましたが、「何本も埋め込むわけではなく、今回は一本だけなので大丈夫です!」とご自身が強い言葉でおっしゃったので、私たちも安心しました。

持病もなく喫煙もされない方なので、特に問題なく治療計画の通りにインプラント手術が進みました。
手術はかなり早いペースで終わり、患者さんご本人も驚いておられました。
実際にインプラント手術を受けてみて、全く怖くないし痛くもないのにびっくりされたそうです。

1本だけの埋入のときには、この患者さんのように手術があっという間に終わって驚かれる方も多いです。本数が増えたり、増骨の処置をする場合にはもう少し時間がかかりますが、1本なら殆ど心配ありません。

どうしても怖くてたまらない方には、インプラントの本数が少ない場合には笑気麻酔を、本数がやや多めの場合には静脈内鎮静法という点滴での麻酔を使います。
事前に患者さんとしっかり話し合って決めていきますので、ご安心ください。

歯を失くされた方で、その後どうしようか悩んでおられる方は、ぜひご相談にお越しください。現時点でどのような治療が可能か知るだけでも大きな進歩だと思います。
当院では無料で初診カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご予約くださいね。

  • 2017年08月18日

大阪府茨木市50代女性:右上奥歯にインプラント2本埋入



大阪府茨木市50代女性の症例です。
左上のインプラントの治療が終わり、これから右上の治療に入ります。

以前は上顎の左右の奥歯に入れ歯を使っておられました。
しかし噛みにくい、発音しづらいという問題をずっと抱えておられ、どうしても我慢が出来ないので当院に相談に来られました。

患者さんとよく話し合った結果、左右の上顎奥歯をインプラントで治療する治療計画をたてました。治療中も食事が行えるようにするため、左右同時に治療せず、まずどちらか一方を治療し、その後反対側の治療を行います。

左右同時に治療出来ないため、治療期間が長くかかってしまうのが欠点ですが、最終的に左右両方の治療が終わった時には、劇的によく噛めるようになると思います。

さて、今回の来院は、左上に既に2本のインプラントを埋入して歯が入り、よく噛めるようになったため、右上奥歯へのインプラント治療をすすめていくためです。
右上の奥歯にもインプラントを2本埋入して、左右でしっかり噛めるようにしていきます。

左上奥歯をインプラントにしたら和太鼓でしっかり踏ん張れるようになった


この患者さんは、趣味で和太鼓をなさっておられます。和太鼓は筋力やリズム感だけでなく体力が必要で、入れ歯にしてからは何となく身体に力が入らない感じで、手だけで叩いていたとのことでした。

左上奥歯にインプラントを2本入れ、かぶせ物をつけてしっかりと力を入れて噛めるようになったとき、患者さんがまず驚かれたのは、和太鼓の時の体感が以前とまったく違っているということだったそうです。

身体の中に芯が通ったような感じがして、躍動感が違うというか、颯爽と叩けるようになったとのことです。左だけでもこの変化ですから、右のインプラントも完成した時のことを想像したら、ワクワクします!とおっしゃっておられました。

このワクワク感を現実のものにするためにも、右上奥歯もしっかりと治療させていただきます。

インプラント治療をきっかけに積極的に外出するようになった


期待していた通り、和太鼓の時の身体の動きはとても良くなったそうです。
本当に良かったと思います。

和太鼓以外にも、患者さんに変化がありました。
それは、とても積極的に外出されるようになったということです。

入れ歯だった頃は外食が億劫で、ごく親しいお友達やご家族以外とは外食されなかったそうですが、今はどこに行くのも楽しくて楽しくて・・と、本当に嬉しそうにお話ししてくださいました。

今回の治療で一番良かったと思えることは、左右でしっかりと噛めるようになったために、全身の状態が良くなり、結果として積極的に毎日を楽しめるようになったということです。

積極的に幸せな毎日を送れるようになったのは、一度入れ歯での苦労を体験されたからだと思います。当たり前のように噛めていたのに、ある日を境に全く噛めなくなってしまった。それが心身に与えるストレスは大変なものだったことでしょう。

これからも毎日楽しくお過ごしいただきたいと思います。

  • 2017年08月17日

東大阪市30代男性:歯根破折のため左下奥歯にインプラント1本埋入



東大阪市30代男性の症例です。
左下の奥歯に痛みがあるとのことで、来院されました。
レントゲンを撮ってみると歯の根が折れてしまっており、抜歯しなければなりませんでした。

この患者さんの場合は抜歯した歯の両隣の歯が健康なので、ブリッジが可能です。まだ30代でお若いため、入れ歯という選択肢は考えておられません。
そこで抜歯後の治療はブリッジとインプラントに絞り、それぞれの治療法やメリット、デメリットをお話しました。

ブリッジは保険がきくけれど両隣の歯を大きく削る


ブリッジの場合、保険適応という大きなメリットがある代わりに、両隣の歯を大きく削る必要があるという大きなデメリットがあります。

一昔前でしたら、歯を失ったらブリッジで歯を作るのが当たり前で、そのために両隣の歯を削るのも当たり前でした。
しかし、ブリッジの為に健康な歯を2本も削ることに、患者さんが大して問題を感じていなかったとは言えません。当時はインターネットも発達しておらず、患者さんが自力で歯の治療についての知識を得るということが殆ど不可能だったからです。
この歯を削るというのが、今後もブリッジの最大のネックになると思います。

更に、欠損した歯が1本の場合、ブリッジには欠損部分と両隣の歯の3本分の負担がかかります。つまり、通常ですと歯は1本1本が独立していて、1本分の負担だけを受け持っていれば良かったところを、ブリッジの場合は2本の歯で3本分の負担なので、1本の歯に1.5本分の負担がかかってしまうことになります。

1.5本分の負担をずっと受けていれば、その歯は負担が大きいために段々と弱ってきます。個人差はあるものの、将来的にブリッジがダメになるというのは、このような理由があるからです。

インプラントは良く噛めるが治療費が高い


インプラントは歯槽骨の失った歯の根っこが生えていた部分に人工歯根を埋め込みます。そのため歯槽骨に埋まっていて1本が独立しているという点では、天然の歯と変わりません。
噛む時の力の伝わり方も、両隣の歯に支えられているブリッジと比較して、インプラントは直接歯槽骨に力がかかりますので、他の歯を痛めることがありません。
失った歯の部分のみで治療が完結するという点は、ブリッジと比べるとかなりのメリットです。

しかし治療費が高いという点が、大きなデメリットとなってしまいます。
他に、手術が必要なので熟練した歯科医師に手術してもらわなければならない、CT完備の医院でなければならない等という点がありますが、当院ではこれらの点はクリアしておりますので、ご安心くださいね。

患者さんは最終的にインプラント治療を希望。決め手はしっかり噛めること。


患者さんはかなり悩んでおられましたが、最終的にはインプラントに決定されました。
「まだ30代なので今後も好きなものをもりもり食べたい」とおっしゃったことが、決心の決め手であったように思います。

メリットやデメリットをよく考えあわせたうえで、これから先の人生を見据えて、健康な歯は削らずそのままで、インプラント治療を受けてみようと決心されました。

このように、当院ではインプラントだけをお勧めするのではなく、患者さんと良く話し合いながら治療方法を決めていきます。歯のことで悩んでおられる方は、ぜひ一度ご相談にお越しくださいね。

  • 2017年08月16日

大阪府藤井寺市50代男性:左下奥歯にインプラント1本埋入



大阪府藤井寺市50代男性の症例です。
神経をとって被せをしていた奥歯に腫れや違和感があり、検査してみると歯根が割れており、抜歯しなければならない状態でした。

この患者さんの奥様が2年前にインプラントをされていて、「抜歯するならインプラントにしたら?」とおっしゃっているとのことでしたが、患者さん自身は骨にインプラントを埋めるというのが怖く、なかなか決心出来ません。

そこで、患者さんご自身の考えを尊重し、ブリッジ、入れ歯、インプラントについてそれぞれのメリット・デメリットをしっかりとご説明して決めていただくことにしました。

インプラント手術が怖いというお悩みについて


手術ときくと、怖いとか痛いとか思ってしまうのはごく自然なことだと思います。顎の骨に金属の人工歯根を埋め込むとなると、かなり不安に思われるかもしれません。

入れ歯やブリッジなどは周囲の歯を利用して表面的に歯を作る方法です。インプラントはこれらとは違い、本来の歯と同じように歯槽骨に歯の根っこを埋め込む形になります。

そのため、手術は必要になりますが、本来の歯と同じく骨に埋まった構造になりますので、よく噛めることと、他の歯を傷つけないという優れた特徴を持っています。

構造的に優れていると理屈ではわかっても、やはり怖いと感じてしまうのが人間だと思います。
この患者さんの場合は、奥様が既にインプラントをされていて、ご自身が良いと感じておられるからこそご主人にも勧めておられます。
それでも怖いと思ってしまうのは、奥様を信用していないということではなく、理屈ではないということなのでしょう。

そこで、当院では安心していただくために、インプラントについてとことん疑問を解決します。CT画像を見ながら細かくご説明し、様々な角度から骨の周囲を見て、完全に安全な位置を選んでインプラントを埋入するということを理解していただきます。

更に、手術の際には安定剤を飲んでいただくか、もしくは静脈内鎮静法という点滴での麻酔を使って、軽く眠った状態で手術を受けていただきます。

この患者さんの場合は埋入本数は1本だけですので、実際には手術時間はかなり短く、患者さんご自身も「えっ、もう終わったんですか?」と思われることが予想できますが、怖さを解決するためには、満を持して静脈内鎮静法を行っても良いと思います。

家族や親しい方の生の体験談が一番


最終的に、この患者さんは奥様から十分にヒアリングをして、体験をくまなく語っていただくことで、怖さを克服されました。
奥様が自らの体験をもとに大丈夫と太鼓判を押してくださったので、それに勇気づけられたようでした。

手術当日は安定剤を飲んだだけで、リラックスして手術に臨まれました。
治療計画通りに正確な位置へインプラントの埋入手術が行われ、術後患者さんにおききしたところ、「手術は全く痛くなかった」「あんなに怖がらなくても大丈夫だった」「あっけなかった」という感想を話されました。

しかし歯科恐怖症と呼ばれる、本当に歯科治療用のチェアに座っただけで全身がカチンコチンに緊張し、冷汗が流れる方もおられます。怖いとおっしゃる方には、事前に歯科衛生士による歯のクリーニングを受けていただいたりして(歯のクリーニングはとても気持ちの良いものです。)、出来るだけ恐怖を感じないように診療チェアに座ることに慣れていただくということも大事です。お一人おひとりに合った方法を考えていきますので、歯医者が怖い方も一度ご相談くださいね。

  • 2017年08月10日

大阪府高槻市40代女性:左下奥歯にインプラント1本埋入



大阪府高槻市40代女性の症例。
左下奥歯の神経を抜いて被せていた歯が何となくおかしい(痛みはないが浮いたような感じがする)とのことで、相談に来られました。
レントゲンを撮ったところ、歯の根が折れてしまっており、抜歯しなければならない状態になっていました。

神経を抜くと、歯はとても弱くなってしまいます


歯の神経がなくなると、歯は感覚が鈍くなり、温度や痛み等が感じられなくなってしまいます。そのため、何らかの異常が起こっても気づくことが出来ません。
例えば、かぶせ物の隙間からむし歯菌が入り込んで二次虫歯が悪化していても、痛みがないのでかなり悪くなるまで全く気付かないということが起こります。

更に、神経がなくなった歯は健康な歯と比べると乾燥していて割れやすい傾向があります。特にブリッジの支台になっている歯や、入れ歯のバネをひっかけている歯が神経をとった歯であった場合、ただでさえ弱い歯にかなりの負担がかかっている状態ですので、将来的に根っこが割れたりして、抜歯しなくてはならないということにもなりかねません。

そのため、神経を取らなければならなくなるほど歯が悪くならないように、定期的に歯科健診やメンテナンスに通っていただくことが大切になります。むし歯をつくらないこと、むし歯になってしまっても大きくならないように気を付けること、歯周病にならないことなどに注意しなければなりません。この段階で食い止めておくと、歯を失うほど悪くならずに済みます。

医学的に最も良い治療法ということでインプラントをお勧めしました


しかし、当院に相談に来られる方は、既に歯を失っていることが多いのです。失った歯の機能をどのように補うかを考えていかなければなりません。歯を失った場合の治療として、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの治療法があげられます。それぞれにメリットとデメリットがありますので、患者さんの状態に応じてどれが一番最適な治療か、患者さんとご相談しながら決めていきます。

この患者さんの場合は初めて歯を失ったため、ブリッジ、入れ歯、インプラントの全ての治療が可能です。患者さんがこだわったのは、医学的に良い治療法でした。保険適応でなくても、現在の時点で一番良いとされている治療を受けたいとおっしゃいました。

まだお若く健康な方ですので、他の歯を痛めることのないインプラントをお勧めしました。1本だけ歯を失った場合には、隣の歯に負担をかけないインプラントが一番満足のいく治療だと判断したからです。

ただし、インプラントは義歯なのでむし歯にはなりませんが、歯周病には気をつけなければならないため、今後はしっかりと毎日のセルフケアを行い、三カ月に一回程度の割合でメンテナンスに通っていただくことをお約束していただきました。

  • 2017年08月09日