大阪市福島区30代男性:上の前歯にインプラント1本埋入



大阪市福島区30代男性の症例です。
前歯を差し歯にしておられたのですが歯の根っこが折れてしまい、歯を残すのは困難だという診断になり、抜歯の処置が行われました。
上の前歯の場合は審美性が重視されますので、インプラントをお勧めいたします。

審美性の高いインプラント


前歯を失った場合のインプラント治療は、インプラントで咬合を回復させただけでは十分とはいえません。前歯はとても目立つ場所なので天然の歯と見分けがつかない美しさ、そして他の歯との色や形、そして位置の調和が大切です。

そのため歯科医師にはインプラント埋入技術だけではなく、審美的なセンスが必要となります。

インプラント治療ってどんな治療?


インプラントは歯を失ったときに歯を補うための治療法の一つとして、ここ数年の間にかなり一般的な治療になってきました。

インプラント治療では、まず歯が抜けた部分の顎骨にドリルで穴をあけ、人工歯根を埋め込みます。数ヶ月後待つと人工歯根が骨と結合しますので、その上に義歯を取り付けます。ブリッジや入れ歯と違って人工歯根が歯を支えますので、しっかりと力を入れて噛める歯を作ることができます。

義歯をセラミックで作成することで、天然の歯と殆ど見分けがつかないくらい美しい歯が入ります。歯としての機能を回復させるだけであればブリッジや入れ歯でも可能ですが、インプラントには歯根があるため、天然の歯に近い自然な噛み心地を実現します。

人工歯根はチタンで出来ているため、人体にとてもなじみやすく骨と結合する性質を持っています。そのため人工歯根と顎骨が結合することで、強い力をかけてもびくともしない頑丈な歯を作ることができます。

インプラントが出来ない、または注意が必要な場合


歯を失った部位によってインプラントが出来ないケースというのはありません。
どの位置の歯を何本失ったとしても基本的にはインプラント治療は可能です。
ただし下記のような場合はインプラント治療が出来ないか、あるいは一定の制限のもとにインプラント治療が可能になります。

・妊娠中の方
・心臓病、糖尿病、腎臓病、高血圧、骨粗鬆症などの疾患のある方・・医師の指導のもとに良好な状態にコントロールされている場合はインプラント可能です。
・歯周病の方・・歯周病の治療を行ってからインプラント治療をします。
・顎骨の幅や高さが足りない方・・骨を増やす処置をしてからインプラント治療をします。
・ヘビースモーカーの方
・顎骨の成長が終わっていない16才以下の方
・チタンにアレルギーのある方

このように、患者さんの状態によってはインプラントが出来ない場合があります。詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。

  • 2017年04月21日

大阪府藤井寺市男性:上顎へインプラント3本埋入



大阪府藤井寺市男性の症例です。
上顎へ3本のインプラントを埋入する治療を行いました。

インプラント治療には歯科医院選びが大切


歯を失ったときの治療法として、最近では日本でもインプラントがかなり一般的な治療になりつつありますが、まだまだブリッジや入れ歯で治療する患者さんが多いのも事実です。

インプラント治療はむし歯や歯周病の治療と比べると専門的な技術と経験が必要になるため、いざインプラント治療を受けようという時に、どこの歯科医院で手術を受けるのか迷われるのではないでしょうか。

保険のきく治療の場合はどこの歯科医院でも概ね同じ内容の治療になりますが、インプラントは施術する歯科医師の技術と経験によるところが大きい治療です。
インプラント治療が可能な歯科医院はかなり増えてきたものの、これから長いお付き合いになる歯科医院はしっかりと納得して選んでいただきたいと思います。

インプラントの情報は氾濫している


当院では10年あまり前からインプラントの無料相談を行っております。メールや電話、またインプラント初診相談等で多くの方から様々なご相談をお受けしてきました。
10年前と比べて、今では多くの医院が何らかの形でインプラントの相談を受け付ける体制を整え、インプラントに関する多くの本が出版され、数え切れないほどの歯科医院のホームページやインプラントの専門サイトが存在しています。

患者さんは積極的にインプラントについて多くの知識を得ることが出来るようになったものの、情報が多すぎてご自分がどのケースにあてはまるのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。

また、かかりつけ医の先生があまり詳しく説明してくれないとおっしゃる患者さんも多くおられます。現在では多くの歯科医院が予約制をとっているため、限られた時間内での相談になるからかもしれません。
そんな場合、専任のインプラントカウンセラーが在籍している歯科医院であれば、診療時間以外での相談も気軽に受けられますね。

インプラントの悩みにお答えするための無料相談


歯科医院では、患者さんに何とかインプラント治療について詳しくご説明したいという気持ちから、インプラントの説明用の冊子を作ったり、動画でご説明したりと、様々な工夫をしています。

当院の場合は、気軽に相談できるツールとしてご好評をいただいているのが、「インプラントWeb診断」です。ホームページ上のフォームに必要な情報を入れて送信していただくと、1~2日後に専門医がメールでお返事させていただきます。
お電話させていただく場合もあるのですが、昼間は電話に出られない方が多いため、基本的にはメールで診断結果をお送りしています。ご質問への回答も同時にお送りいたします。

次に便利なのが、「無料電話相談」です。専任のカウンセラーが電話を受けますので、その場で答えが得られます。もっと詳しく相談したい場合は、来院してのインプラント初診カウンセリングをお受け下さい。カウンセラーにお申し付けいただければ、その場で予約をお取りします。

そして、最近良くお使いいただいているのは、「LINEで無料相談」です。スマートフォンでLINEをお使いの方なら、お友達登録したいただくと、LINEで相談内容を送れます。カウンセラーがご質問にお答えしますので、ぜひご利用くださいね。

  • 2017年04月20日

大阪府茨木市50代女性:右上にインプラント1本埋入



大阪府茨木市50代女性の症例です。
差し歯の歯ぐきが腫れてきたので受診されました。レントゲンでみると歯の根が割れてしまっており、抜歯しなければならなくなりました。歯の根が割れた場合は、この方のように腫れが出たり痛みが出たりします。

抜歯後の治療についてはインプラントを希望されました。お話を伺うと、お兄さんが既にインプラント手術を受けておられ、かなり知識をおもちでした。お兄さんが快適に過ごしているので自分もインプラントにしたいとおっしゃいました。

歯ぐきの腫れには要注意!


歯ぐきが腫れているのに気づいた時は、かなり症状が進んでいる可能性があります。歯科医師や歯科衛生士は歯ぐきの色を見ただけで腫れているとわかるのですが、患者さんは少しの変化にはなかなか気づくにくいようです。

明らかに歯ぐきが腫れていると自覚した時には、同時に痛みや違和感が出たり、歯みがきの時に出血が起こっているかもしれません。歯ぐきはとてもデリケートで、食べカスが取れずに残っているだけでも急激に腫れることがあります。

歯ぐきが腫れるケースには色々あり、歯肉炎や歯周病の場合、むし歯がひどくなっている場合、差し歯等のかぶせ物が炎症を起こしている場合、親知らずが生えてこようとしている場合、身体の調子が悪く抵抗力が落ちている場合等があります。

食べカスが原因の腫れは、歯みがきやフロスの使用で食べカスが取れればすぐに快方に向かいますが、歯や歯ぐきが原因になっている場合は、すぐに治療が必要です。

インプラントのメリット


インプラント治療の最大のメリットは天然の歯と殆ど変わらない自然な感覚で使えるということです。顎の骨に人工の歯根を埋め込み、骨としっかり結合してから歯を作っていきますのでぐらついたりせず、天然の歯のように何でも良く噛めます。また、歯が抜けた部分にぴったり合った歯が入りますので違和感が全くありません。

長年入れ歯を使っておられた方は、インプラントに変えた途端に何でもしっかり噛めるようになり、今まで苦痛だった食事がおいしく楽しくなります。

そしてブリッジのように両隣の歯を削ったりせず、他の歯に悪い影響を与えないのも、インプラントの大きなメリットです。
これまで歯のことで悩んでおられた方にとっては、口元を気にすることなく笑ったり喋ったりし、美味しく食事が出来ることで、毎日の生活が楽しくなるのではないでしょうか。

インプラントのデメリット


インプラントのデメリットは、手術が必要になることと、自由診療なので保険がきかず、治療費が高いということです。
1~2本のインプラントを埋入する場合は、手術の時間も短く、手術後の痛みや腫れもひどくなる事は稀です。しかし本数が多くなると身体への負担が増し、手術後3日程度は腫れや痛みが残る場合があります。

また、心臓病や糖尿病、高血圧、骨粗鬆症等の全身の疾患がある方は、インプラント手術が受けられない場合があります。医師によって数値の適切なコントロールがされている場合は手術可能ですので、初診カウンセリングの際にお申し出くださいね。

  • 2017年04月19日

大阪市住吉区60代女性:左下にインプラント2本埋入して治療



大阪市住吉区60代女性の症例です。
販売のお仕事をしておられるため、外見にはいつも気をつけておられます。
左下奥歯に入れ歯を使っておられましたが、安定が悪く、仕事の上でもインプラントにした方が歯を気にしなくて済むため、インプラントにしました。

人と接するお仕事の方にインプラントは最適


お客さんと接する機会の多いお仕事の場合、身だしなみの一環として歯にも気を付けておられることと思います。営業や接客の仕事の場合、歯を気にしながら喋るというのはかなりの苦痛を伴うため、表情がぎこちなくなったりするのではないでしょうか。

この患者さんも、笑顔のときに歯をあまり見せないようにするのに苦労しておられたそうです。お客さんと話すときに自然に接することが難しいので、自分の歯のように異物感がなく見た目も気にならないインプラントを希望されました。

馴染みのお客さんとはざっくばらんに歯の話もされるそうで、実はインプラントを勧めてくださったのはお客さんだったそうです。患者さん自身はあまり歯科医院に行く機会もなく、不自由しながらも入れ歯を使うのが当たり前と思って生活しておられたとのことです。

インプラント2本でブリッジをつくる


治療費を少し安くするために、この患者さんの場合は2本のインプラントを使ってブリッジにしています。インプラントを支えにして、セラミックで出来た3本の歯が連結した形の被せ物をかぶせます。

小臼歯部、大臼歯部に対しては1本の欠損に1本のインプラントというのが普通ですが、骨の状態、神経や血管の位置等の理由でインプラントが埋入しづらい場合や、治療費をなるべく抑えたいという場合に、インプラントの本数を減らして2本のインプラントでブリッジを作るケースがあります。

インプラント治療後は、噛み合う上の歯ときちんと噛み合っているかの調整を行い、その後は数か月に一度のメンテナンスを受けに来院していただきます。

患者さんの感想


いくつかの歯科医院に相談に行かれて、最後にカウンセリングを受けたのが北大阪インプラントセンターだったそうです。ご自宅から通いやすいことと、インプラントの説明が詳しくて説明のための資料がわかりやすかったのが決め手になったとのことでした。

インプラント手術は最初は怖い印象があったものの、説明を聞いているうちに怖さが段々薄れてきて、手術当日は特に緊張もなく、普段通りの気持ちで来院されたそうです。思っていたよりも手術は早く終わり、身体もしんどくなかったとおっしゃっておられました。

治療後は食事がとても快適になり、何でも自由に食べれるようになって嬉しい、本当に自分の歯みたいに違和感がないと喜んでおられます。もちろんインプラント治療を終えてからは、仕事中も歯を気にすることは一切ありません。思い切ってインプラントにして本当に良かったとおっしゃっておられます。

  • 2017年04月18日

大阪府高槻市60代男性:上下顎を全体的にインプラントで治療



大阪府高槻市60代男性です。
歯周病によって多くの歯をなくされていましたが、再び良く噛めるようになるならと、インプラント治療を希望されました。

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です


むし歯と歯周病はどちらも感染症で、この二つによって歯を失う方がとても多いです。
歯周病についてはみなさん良くご存知かもしれません。最初は歯肉の炎症が起こって、定期健診のときに歯科衛生士から「歯ぐきに炎症が起こっていますね」と指摘されます。この段階で毎日の歯みがきをしっかり行って歯垢を残さないように気を付けていれば、歯ぐきの炎症は改善していきます。

しかし、炎症がおさまらず歯周ポケットの深さが徐々に深くなっていくと、少しずつ顎の骨が溶けていきます。顎の骨が溶けると、歯がぐらぐら揺れ出して、最悪の場合は抜けてしまうのです。

実は歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位で、歯周病に感染している方はとても多いのです。初期の段階では自覚症状がなく、ご自身で気づくことがなかなか出来ません。悪化すると歯が抜けてしまうため、とても怖い病気です。

インプラントの方も歯周病に注意


インプラントは人工の歯ですので、むし歯になる心配は全くありません。しかし、口腔内に歯周病を引き起こす細菌がたくさんいた場合には、インプラントの周囲の歯肉も歯周病と同じ炎症が起こる恐れがあります。
インプラントが人工歯だからといってケアを疎かにしないように注意しましょう。

歯周病の症状が重度になったことで歯を失った方の場合、そのまますぐにインプラント手術を受けても、インプラントの周囲に歯周病のような症状が出てきてインプラントが長持ちしません。歯周病で歯が抜けるのと同じように、インプラントも歯周病の為に抜けてしまう危険があるのです。

そのため、歯周病で歯を失った方の場合は、インプラント治療に入る前に、歯科衛生士によるクリーニングを受けていただき、まず歯ぐきの状態を改善します。
口腔内で歯周病を引き起こす細菌が減って、歯ぐきの炎症がなくなったら、やっとインプラントの埋入手術が受けられるようになります。

このように歯周病で歯を失った方に対しては、まず歯周病に対する基本的な治療を行い、口腔内の環境が改善したことを確認してからインプラント治療を行います。
歯周病の治療がプラスされるために治療全体にかかる治療期間は少し伸びますが、しっかりとした歯を作るためにはどうしても必要な治療ですので、患者さん側でも毎日の歯のケアをしっかり行ってくださいね。

  • 2017年04月17日