大阪府箕面市60代女性:左下奥歯にインプラント2本埋入


大阪府箕面市50代女性の症例です。
左下奥歯のブリッジにしている部分に痛みを感じるとのことで来院されました。

レントゲン検査の結果、ブリッジの両方の支えの歯の根っこにひびが入っており、それが原因で炎症が起こって痛みに繋がっていることがわかりました。また、患者さんは気付いておられませんでしたが、ブリッジ部分の歯肉に腫れがみられました。

歯の根にひびが入っているため、その歯は抜歯となります。抜歯後の治療としてインプラントをご提案したところ、最初は年齢的なこと等で戸惑っておられましたが、インプラントについての知識が増していくと徐々に前向きに考えるようになられました。

以下に体験談を掲載いたします。

一番心配していたのは年齢的なことと手術のこと

先生には私のインプラント治療で大変お世話になりました。ありがとうございました。
ブリッジの部分のことで相談に行くと歯を抜かなければいけなくなり、その後インプラントへと、思いがけない展開に最初はどうしようかと困り果てました。

私がインプラントで一番心配していたのは、年齢的なことと手術のことでした。
もう60代も後半になるので、もっと若くないとできないのではないかと思っていたから、
80代でもインプラントにする人がいると聞いて安心しました。
それに私はまだあごの骨がしっかりしているから大丈夫だと言われました。
歯はずっと悪かったけれど、骨密度の結果はいつもバッチリで、骨には自信があるのでそれはよかったです。

もうひとつの心配は、インプラントの手術のことです。
私は怖がりなので注射とかも大きらいで、歯医者さんに行くだけでもいつもドキドキで、そのせいで虫歯とかを悪くしてしまったのですが、手術はもっと怖いです。
心配なことはなんでも聞いてくださいね、と優しく言ってもらっていたので、手術はこわいですと正直に言ったところ、麻酔で緊張をやわらげて楽に手術を受けることができますよと教えてもらいました。
とにかくどんなことでもちゃんとていねいに説明してくれるので、不安もだいぶなくなったと思います。

それでも怖がりなのでだいぶドキドキしていたのですが、もう当日になったらまな板の上の鯉で、先生におまかせするしかない、神様仏様ご先祖様お守りくださいと心の中でとなえながら手術を受けました。
結局は思ったほどのつらさはなくて、あのとき勇気を出してよかったなあと思うし、まもってくださった神様仏様ご先祖様には感謝、お医者様にはもっともっと感謝です。
(体験談 続きます)

傷口を痛めないように気をつけながらじっと待つだけ

手術の当日は少し傷口が疼くようでしたが、すぐに痛み止めを飲んで寝たので大丈夫でした。翌日も食事のときに柔らかいものを食べるように心がけたので傷口を痛めることもなく過ごすことが出来ました。あとはインプラントが骨に無事にくっつくのを待つだけで、患者の私に出来るのは傷口をうっかり痛めないように、食事のときに気を付けることだけでした。体調がすぐれない時は傷の治りも悪いかと思い、風邪をひいたりしないように気を付けました。

三ヶ月くらいたって一度診ていただきインプラントがしっかりと骨とくっついたとのことで、いよいよ歯をつけてもらうことが出来ました。歯が復活して嬉しいです。今は食事の心配もありませんし、口元を隠す必要もありません。
これからは定期的にちゃんと通院して、せっかく入れてもらったインプラントを死ぬまで大事にしたいと思います。
(体験談 ここまで)

インプラントが出来るかどうかは年令よりも骨の強さ

患者さんがとても気にしておられた60代後半という年齢ですが、インプラント治療においては年令そのものはあまり重要ではありません。80代でも健康な骨質でインプラント可能な方もおられますし、逆にお若くても骨がもろくインプラントが骨と結合しにくい方もおられました。

インプラント治療だけでなく、身体のどの部分の治療を受けておられても、身体を構成している各組織を若々しく保つことが結果的には全身の健康につながっていると言えます。
私どもは歯科医院で、日頃の体力作りに関してはプロではありませんので一般論を申し上げるにとどめますが、出来る限り体力が衰えないような生活を心がけたいものです。


インプラントの無料初診相談


当院ではインプラントの無料初診相談を行っています。
実際に歯の状態を見せていただいて、あなたの場合にどのような治療が考えられるのか、治療後はどのような状態になるのかを丁寧にご説明いたします。

治療方法が変わると治療にかかる費用も変わってきますので、ご希望をお聞きしながら、一番最適と思われる治療方法に絞っていきます。
ご質問やお悩みもおききしますので、気になっていることは何でもおっしゃってくださいね。

こうしてしっかりと話し合うことが必ず良い治療に繋がっていきますので、無料の相談だからと遠慮されることなく、インプラント治療に関することは何でもおききください。
セカンドオピニオンとして当院の歯科医師の意見を求めておられる方も相談にお越しくださいね。

⇒インプラントの無料初診相談はこちらからどうぞ

  • 2018年03月02日

大阪市福島区40代男性:右上奥歯にインプラント1本埋入



吹田市40代男性の症例です。
むし歯がひどくなり歯が欠けてしまったために来院されました。

かなり深い部分までむし歯に冒されており、残念ながら抜歯が必要になりました。
この患者さんの場合、抜歯後の治療はブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類が可能ですが、1本手前の歯が神経を抜いた歯であるため、ブリッジや入れ歯でその歯に負担をかけると、数年後には手前の歯も痛めてしまい、最悪の場合抜歯になる可能性が否めません。

抜歯後の治療では他の歯に負担をかけないインプラントがおすすめ

今回のようなケースでは他の歯に負担をかけないインプラントが最適であることをお話すると、患者さんも納得され、インプラントでの治療を希望されました。
インプラント治療の場合、独立した1本の歯として機能しますので、隣の歯を削ったり隣の歯にバネをひっかけたりする必要がありません。そのため欠損部にのみ歯を入れることが出来、これはインプラントの持つ大きなメリットといえます。

ブリッジにしても入れ歯にしても、構造上、隣の歯に支えてもらう必要があります。
インプラントは骨に直接埋め込まれますので、隣の歯を痛めることがありません。

どの治療法が最適化はケースバイケースで、一概にインプラントが良いとは言えません。
最近ではあまり歯を削らなくて済むブリッジが開発され、保険がきかない自費治療ではありますが、抜歯した際の治療として少しずつ浸透してきています。
保険のきくブリッジの場合は、かなり歯を削ることになります。

ただしブリッジをお勧め出来るのは、隣の歯が健康な場合のみです。
この患者さんのように、隣の歯の神経がない場合は、隣の歯を痛める可能性が高くなりますので、インプラントが最適という判断になります。

インプラントは危険?痛い?

インプラントは危険だとか、痛いのではないかとか、心配される患者さんもおられますが、インプラントの技術はどんどん進歩していますので、CT撮影をして血管や神経の正確な位置を把握し、安全な位置にインプラントを埋入すれば、危険はありません。
そして歯科治療全体が患者さんになるべく痛みを感じさせないようにという方向に進んでいますので、ご心配には及びません。

この患者さんの場合は、1本だけのインプラント埋入ですので、身体の負担もそう大きなものではありません。インプラントを1本埋入する手術は手術前後の処置を含めても1時間程度で終わりますし、入院の必要もありません。

最初は手術を怖がっておられた患者さんも、実際に手術を受けた後では、「手術は思っていたより早く終わった」「怖がる必要は全くなかった」とおっしゃる方が殆どです。
「え、もう終わったんですか?」と拍子抜けされる方もおられる程ですので、怖がる必要は全くありません。

関連ページ
当院の手術が安全な理由


怖がりの方、歯科恐怖症の方のインプラント手術には静脈内鎮静法





しかし、どうしても怖いという気持ちが強い方や、もともと歯科恐怖症の方の場合は、静脈内鎮静法という点滴麻酔を使います。

静脈内鎮静法は全身麻酔とは違ってリラックス効果が高い麻酔薬です。薬の量をコントロールすることによって、軽いうたた寝状態でインプラント手術を受けられます。
ほろ酔いのようなリラックスした状態になりますので緊張が取れ、不安や恐怖を感じることがなく、いつの間にか手術が終わっていたという感じになります。

ただ、実際には静脈内鎮静法を用いなくても大丈夫な方が殆どですので、ご安心ください。笑気麻酔という吸入するタイプの麻酔もございます。局所麻酔だけでは怖いと思われる方は、カウンセリングの際にご相談くださいね。

関連ページ
点滴麻酔による無痛治療
Q&A 手術と聞いただけで、ドキドキして怖いのですが・・・

インプラントの上部構造(かぶせ物)の種類について

インプラントの上部構造には、オールセラミック冠、セラミック冠、ゴールド冠、ハイブリッド冠、金パラジウム冠等の種類があります。多くの種類があるため、患者さんも選択に迷ってしまうのではないかと思います。

歯冠タイプの上部構造は金属系材料、セラミックス系材料、レジン系材料に分かれ、それぞれに特徴があり値段も違いますので、患者さんのご要望を伺ったうえでどの種類を選ぶかを決めていきます。




オールセラミックのかぶせ物について

前歯の審美性を考えるとオールセラミックがおすすめです。
オールセラミックは金属を使用していないため金属アレルギーの心配がなく、審美性に優れていることもあり、被せ物の第一選択肢となっています。
歯の面に汚れが付着しにくいという特徴があり、金属製やハイブリッドセラミックより優れています。

ハイブリッドセラミックのかぶせ物について

ハイブリッドセラミックはセラミックにレジンという物を配合して作っています。レジンとはプラスチックのような素材だと考えてください。このレジンを配合することで、天然の歯とほぼ同じ程度の硬さに出来ます。

ハイブリッドセラミックはオールセラミックと比べると審美性が劣ることが欠点です。レジンは吸水性があるため、数年後には必ず変色し、汚れが付着しやすいという欠点もありますので、現在では使用頻度は少なくなっています。

金属のかぶせ物について

金属のかぶせ物は、セラミックと違って欠けたりすることはないため、長期的に安定した噛み合わせを保つことが出来ます。しかし金属ですので見た目が目立つという欠点があります。金属アレルギーの問題もあり、金属を避ける患者さんが多い傾向があります。

関連ページ
インプラントとは
Q&A かぶせ物(上部構造)が壊れることはありますか?



患者さんの安全のためのインプラント

北大阪インプラントセンターでは安全なインプラント手術をするために、様々な取り組みを行っています。

手術が上手か
痛くない手術ができるか
実績・経験があるか
費用が妥当か

等を常に確認し徹底させることで、患者さんの手術を安全に行います。
既に当院でインプラント手術を受けた患者さんのご紹介の患者さんが多いのも、当院の特徴です。安全な手術の積み重ねが、ご家族やお知り合いの方のご紹介につながっていると思い、更に安全への取り組みを徹底させてまいります。

関連ページ
インプラントに対する強い思い
北大阪インプラントセンターの特徴

  • 2018年01月16日

大阪府豊中市50代女性:上あご左右の奥歯にインプラント合計3本埋入



大阪府豊中市50代女性の症例です。
左右の上の奥歯を虫歯でなくされました。

虫歯で奥歯を失ってそのまま放置してしまった


上の歯は下の歯と比べると歯みがきがしにくいため、虫歯がひどくなってもなかなかご自身では気付けない場合があります。
この患者さんは歯医者嫌いで、痛みがないので大丈夫だと思っていたら、急に奥歯が歯が欠けて、慌てて歯医者さんに行ったところ、抜歯になってしまったそうです。

そして抜歯後はついつい歯医者から足が遠のいてしまい、治療を受けないまま、また数年過ごしてしまわれました。そうなると、歯がないことに慣れてしまうという悪循環が起こります。歯がない部分では噛めませんし、ご自身でも決して良い状態とは思っておられないのですが、何となく通院を先延ばしにしてしまい、かなりたってから相談に来られました。

「インプラントできっちり治しておきたい」という強い希望


とにかく抜歯した部分に歯を入れなければなりません。歯を入れるにはブリッジや入れ歯、インプラントという方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。患者さんとじっくりお話しした結果、「他の歯を削るとまた数年後に悪くなるかもしれない。その時にまたずるずると治療を先に延ばしてしまうかもしれないので、今回できっちり治しておきたい」とのご希望で、左右共にインプラントで治療することになりました。

今回のように治療方法の候補が複数ある場合は、それぞれについてしっかりとご説明して患者さんと話し合います。患者さんの状態やお考えによって、どの治療を選ぶかは人それぞれです。必ずインプラントにしなければならないということはありませんし、無理におすすめするわけでもありませんので、ご安心くださいね。

インプラント治療後はメンテナンスが重要です


インプラントは骨に直接埋め込んでセラミックを被せるため、治療後はご自身の天然の歯と見た目は全く変わらない状態になります。違和感がないのでその部分がインプラントであることを忘れてしまいそうになると思います。

しかしインプラントを長持ちさせるためには、治療が終わってからの毎日の歯みがきや歯科院でのメンテナンスが大切です。歯みがき自身もなるべく楽しめるよう、歯ブラシや歯みがきペーストを時々変えてみたり、工夫してくださいね。

北大阪インプラントセンターではインプラント治療に対して保証制度をもうけています。保証を受けるにはメンテナンスにお越し頂くことが条件となりますので、必ず数か月に一度のメンテナンスにお越しください。
そうすることで、インプラント以外の歯の歯周病予防も出来ますし、歯ぐきが健康であればインプラント自体も長持ちします。
そして、インプラントのメンテナンスを通して歯科医院通いを習慣化して、天然の歯を健康に保って下さいね。

  • 2017年12月21日

大阪市住之江区40代女性:左下奥歯にインプラントを1本埋入



大阪市住之江区の40代女性の症例です。
左下奥歯はブリッジにされていましたが、食べ物が挟まりやすい、硬いものを噛みたいときに力が入らないというお悩みがあり、来院されました。

奥歯をブリッジにした場合、力の入り具合は天然の歯の50~60%くらいに減ってしまいます。硬いものをガリガリ噛むのがお好きな方には、物足りなく感じるかもしれませんね。

天然の歯とブリッジ、入れ歯、インプラントで噛む力はどの位違うのか


天然の歯で噛む時の力は、成人男性の奥歯で約60kgといわれています。女性はやや弱く、約40kgです。男女ともに、歯をかみしめた時にはこの位の力が出ています。なかなか強い力だと思われませんか?
健康な歯であれば、硬い豆でもバリバリ噛み砕くことが出来ます。

入れ歯の場合は、部分入れ歯で天然の歯の30~40%くらいの力が出ます。これが総入れ歯になると、10~20%に減ってしまいます。
思った以上に噛む力が出にくいということになります。

ブリッジの場合は前述しましたが、天然の歯の50~60%程度の力で噛めます。天然の歯と比べるとかなり弱い感じがしますが、入れ歯よりははるかに噛めます。

最後にインプラントですが、天然の歯とほぼ同じくらいの強さで噛めますので、とにかく強い力で噛みたいというご希望をかなえるには、インプラントが最適です。

インプラントが良く噛めるのは構造上の性質によります


食事のときには最低30回は噛みましょうとか良く言われます。ものを食べる際には必ずしも力いっぱい噛んでいるわけではありませんが、それでも一回の食事で何百回も噛みますので、歯にかかる負荷は相当なものになります。

天然の歯は噛む時の負荷を何十年も支える構造になっています。入れ歯は歯ぐきの上に乗っているだけですので、これほどの力は出ません。ブリッジもまた、2本の歯で3本分の仕事をするため、真ん中の歯がない部分ではあまり力が出ないような構造になっています。

天然の歯に近い力を出せるのがインプラントです。クッションとなる歯根膜はないものの、インプラントは骨に埋め込みますので、噛む力を顎骨が支える形になり、天然の歯に近い力が出せます。


歯は、食べ物を細かく砕くための機能だけでなく、発音にも影響を与えますし、身体全体のバランスにも関係します。噛むことが脳に刺激を与えることも、様々な研究でわかってきました。

歯の機能としてはもちろんしっかり噛んで食べられるということが重要ですが、それ以外の機能も身体全体という視点では無視できないくらい大きなものです。歯を大切にし、長く使えるように心がけましょう。

  • 2017年10月17日

大阪府大東市60代女性:左右の下あご奥歯にインプラントを埋入



 大阪府大東市60代女性の症例です。
下顎の左右の奥歯合計3本を失ってから、ずっと入れ歯を使っておられます。

 食事の際に思うように噛めないことが長年の悩みで、歯のない部分をインプラントにすることで噛めるようになるのか相談にみえられました。両方の下の奥歯がないため、左右どちらも噛みづらいというのが大きな問題です。これらの歯を何とか噛めるようにしないといけません。

 治療法としてはインプラントが最適と思われますが、患者さんの骨の状態や全身の健康状態を調べて、最終的にインプラント治療が可能かどうかを判断しなければなりません。
実はこの患者さんはお若い頃からヘビースモーカーで、お子さんが小さい間は何とか吸わないようにしていたそうですが、お子さんが成人してから本数が多くなりがちとおっしゃっておられます。どうやらそれがインプラント治療を受ける際の一番の問題点になりそうです。

タバコのインプラントへの悪影響


 インプラント治療をなさっている先生の中には、喫煙者の患者さんにはインプラント治療をしないと言いきっておられる方もおられます。その位、タバコを吸うことはインプラントにとって大きなリスクになります。

 当院では喫煙者の患者さんにもインプラント治療を行いますが、特に骨を作る処置が必要な患者さんに対しては、治療期間中に禁煙していただくようにお願いしています。完全にタバコを辞めることは難しいとは思いますが、インプラント治療を成功させる為に、一定期間の禁煙をお願いしたり、または出来る限り本数を減らすなどのご協力をしていただいております。

 では、どうして喫煙がインプラントにとってそれほど害になるのでしょうか。
一つには、一般的に喫煙者の方は感染のリスクが高いということがあげられます。インプラントの埋入後、歯肉に炎症が起きやすく、治りが遅くなってしまう恐れがあります。

 次に、インプラントと骨が結合しにくいということです。インプラントは骨に埋め込まれ、骨としっかりと結合することで頑丈な義歯を作ることが出来ます。インプラントと骨がしっかり結合しないと、義歯はぐらぐらになりうまく噛めないことが予想できます。

 最後に、喫煙者の方の場合、タバコを吸わない方と比べて歯周病やインプラント周囲炎になりやすく、その結果インプラントが長もちしないということがあげられます

 殆ど全ての患者さんがインプラントを長持ちさせたいとお望みだと思います。このように喫煙はインプラント治療をする上で失敗原因となりますので、出来る限り禁煙していただき、インプラントを長く使っていただきたいと思います。

  • 2017年10月16日