治療は何歳まで可能ですか?

よくいただくご質問の一つに、「インプラントは何歳くらいまで出来ますか?」というものがあります。60歳以上の方は、治療できる年齢の上限を気になさっている方が多いようです。

実はインプラント治療は、何歳までという風に年齢で決められるものではありません。

一般的に、全身疾患や麻酔によるアレルギーや呼吸器の疾患がない方でしたら、どなたでもインプラントは可能です。(ヘビースモーカーの方は治療の間は禁煙していただく必要があります)

全身の疾患がなければ、90歳の方でも出来ますが、骨量や骨質が足りない場合は、年齢に関わらずインプラントが難しいです。

骨量が少ない方の場合は、まず骨を増やす治療を行い、骨量が十分になった時点で、インプラント手術を行います。

このように、インプラントが可能かどうかは、一概に年齢では決められず、あくまでもお一人おひとりの健康状態によります。

持病のある方、骨粗鬆症の方も、インプラントをお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

さて、治療後のご感想をお聞きすると、「固いものでも気にせずに食べられるようになって嬉しい」とおっしゃる方がダントツで多いです。

昔治療した虫歯が段々駄目になり、奥歯を抜かなければならなくなる度にインプラントにされ、近々3本目(3回目)のインプラント手術を受けられる方もおられます。

1本目、2本目のインプラントが安定していて快適であるからこそ、3本目の手術をしようと思われたのでしょう。

多くの方にインプラントをお勧めしている当センターとしてはうれしい限りです。