過去の治療が原因で歯を失う場合もある

歯を失うことでインプラント治療をされた患者さんを多く見てまいりましたが、歯の悪い方はお顔の色つやが悪かったり小皺が多かったりと、何かと顔にも不健康なサインが出ているのが普通です。

しかし、お顔の色つやが良く健康そうに見える方でも、多くの歯を失っている方がおられます。
その方たちの多くは、過去に治療した歯の噛み合わせが悪かったり、被せ物が合っていなかったりしたことが原因で歯を失っておられます。

歯の噛み合わせが悪かったり被せ物が合っていない場合は、特定の歯に強い力が加わってしまいます。
歯は横にゆすられることに弱いという性質をもっているために、その状態が続くと外傷性の歯周病が進行してしまい、徐々に歯がぐらぐらしだして最終的に歯を失うことになります。

そのような方たちの天然歯を見てみると、歯槽骨が殆ど吸収しておらず健康そのものという場合も多いです。
つまり、過去の治療で不適切な被せ物をしたことが原因で歯を失っている方も多くおられるということです。
もちろん被せ物や噛み合わせの調整を十分に行っていればこのようなことは起こりません。

被せ物や噛み合わせの他に根幹治療が悪かったために歯を失うケースもあります。
適切な治療さえ行っていれば歯を失わずに済んでのですから、同じ歯科医療に携わる者としては悔やんでも悔やみきれません。

幸いインプラント治療によって予後は良いのですが、歯を失わずに済むならばそれに越したことはありませんので、予防歯科にも力を注いでいきたいと思っています。

それでもインプラントは高いので悩む

インプラントの最大の欠点は費用が高いということに尽きると思います。
もしインプラントが保険適用になって1本3~5万円程度の負担で済むなら、きっと今よりも気楽にインプラントが出来るようになると思います。

失った歯が1本だけの方でさえ、インプラントの価格を聞いて高いので驚かれる方も多いのです。
既に多くの歯を失ってしまっている患者さんにとっては、お口全体の治療にかかる価格は車が一台買えるほどの価格になってしまいます。

患者さんの負担を考えると、インプラントという提案をしにくい場合もあります。
本当にもう少し安くならないものかと、治療にあたる私達も常に思っています。

インプラントは良い治療法なので、出来るだけ多くの方にその恩恵を受けていただきたいのですが、価格の面がかなりネックになりますので、例え患者さんがどんなにインプラントをしたいと望まれても、現実に支払いということになると躊躇される方は多くおられます。

インプラントが自由診療である限り価格面での医療機関側での努力は続くと思います。
失った歯の治療の場合は特に、早く治療を行わなければ両隣の歯が倒れてくる可能性が高いという時間的な制約があるため、そう気長に治療を迷っているわけにもいきません。

歯が抜けてから治療までの期間が長いほど、更に治療が複雑になり費用が多くかかることに繋がりますので、決断を早くしなければなりません。
患者さんはインプラントかブリッジか入れ歯かで大変迷われると思いますが、早くお決めいただきたいのは以上のような理由からです。

噛み合わせが低い時の諸症状について

インプラントは失った歯を補うだけでなく、歯を噛み合わせの改善にも一役買ってくれます。

さて、噛み合わせが低い時にどのような症状が出るのでしょうか?

まず、噛み合わせが低くなると下顎が後退して顎関節がずれます。
顎関節がずれると、関節と関節の間に挟まれた軟骨がこすれてポキポキ音がします。

食事中にものを噛むたびに顎から音がして気になる方がおられます。
一般に顎関節症といわれているものです。

顎関節の位置は耳のすぐ前あたりで、口を開け閉めした時に動く部分です。
耳に近い位置にあるために顎がなる音は聞こえやすく、耳鳴りなどの耳の症状が出る場合もあります。

顎関節のずれが肩こりや腰痛、手足の冷えを引き起こすともいわれており、必ずしも症状が口の周りに出るというわけではありません。

噛み合わせが低くなることがきっかけで、顎関節がずれたりねじれたりすることもあります。ずれやねじれは全身のバランスにも影響が出ますので、片方の方が下がったり背骨が曲がったりする場合もあります。

こうなると、症状は全身に及びます。
背骨は感覚神経や運動神経、自律神経に深く関わりますので、それらが圧迫される事で腰が痛くなったり、手足が動きにくい、手足が冷える等の諸症状が出ます。

本当に厄介ですね。
それらの症状が起こらないように、インプラントの被せ物によって一つ一つの歯に確実に良い接触点を与えなければなりません。

 

4179286_s

  • 投稿日時:2016年03月29日
  • 記事分類:歯科

噛み合わせが低いってどういうこと?

インプラントで噛み合わせを治すこともできます。
噛み合わせの重要さを理解するために、噛み合わせが低い場合どういうことが起こるかをご説明しましょう。

右利きが多い日本人の多くの方は、右側の歯で噛む傾向があります。
あなたはいかがでしょうか?

主に右側の歯で噛んだ場合、顎が左に向かって捻じれている状態になります。
実際にそのような方を多くみうけますが、左右どちらか一方で噛むという癖は、あなたが思っている以上に顎の歪みを引き起こします。

他にどのような場合に下顎が捻じれるのかといいますと、むし歯のために被せる治療を何本も受けていたり、義歯がすり減っていたり、歯ぐきが痩せることが原因で噛み合わせが低くなっていたり、歯が抜けたのを放置して噛めない歯がある場合などです。

ところで、噛み合わせが低くなるというのはどういうことをいうのでしょうか?
歯を長年使うことで、上下の歯がすり減って歯の長さが短くなります。この、歯が短くなった状態を噛み合わせが低いといいます。

噛み合わせが低くなると下顎が後ろに引けて、上顎は前に倒れます。
重い頭を支えて身体のバランスを取るために背骨を曲げた状態を続けると徐々に猫背になっていきます。

その時に顔面はどうなっているのかというと、下顎が後方へ移動することで口角部に皺が出来、鼻唇溝が深くなります。
そして唇はうすくなり、口角の下がったへの字の形になります。

お年寄りの風貌を想像されると思いますが、これらの風貌は歯の咬み合わせが低くなることから起こっています。

  • 投稿日時:2016年03月28日
  • 記事分類:歯科