インプラント用の歯磨き粉って必要?

執筆

執筆:総院長 松本正洋


インプラント治療を行った患者様にとって、一般的によく流通している歯磨き粉の使用を避ける方もいらっしゃるという事をご存知でしょうか。虫歯や歯周病などの疾患により、抜歯で歯を失くされた方にとって、一つの選択肢であるインプラント。今日は、インプラント治療後に、どのような歯磨き粉でケアしていくべきか、詳しくご紹介いたしますね。

フッ素配合の歯磨きって?


まず、一般的によく流通しているものはフッ素配合が多いですよね。では、フッ素が入っている歯磨き粉とはどのようなものでしょうか。現在、流通している歯磨き粉の多くには、1本あたりおおよそ1000ppm前後のフッ素が低濃度配合されています。
ppmってどんな単位という質問がありそうなので、お伝えしますね。ppmとはparts per million(パーツパーミリオン)の頭文字をとった単位で、10,000ppm =1%です。つまり、歯磨き粉の0.1%にフッ素が含まれているということですね。

フッ素とインプラント体との関係は?


では、なぜフッ素とインプラント体の相性はそれほど良くないのでしょうか。インプラント体は、通常チタン製が多いので、フッ素が原因で腐食する(インプラント周囲炎になる)可能性があると言われておりました。気になる研究結果がございましたので、ご説明いたします。<参照先:一般社団法人口腔保健協会>



通常、人間の口腔内には、唾液が存在します。この研究結果によれば、唾液によりフッ素が希釈されるとの情報があります。唾液でフッ素の濃度が薄まり、インプラント体の腐食を起こすリスクが減るとも言われています。

つまり、お口の状態により、フッ素配合の歯磨き粉を使えるかどうかが決まるという事です。インプラントと天然歯が混在する方も多いでしょう。そのような方はどうすればいいのか。インプラントと天然歯の本数、お口の状態というポイントにより、歯磨き剤を選びましょう。

例えば、1本しかインプラントをしておらず、他の歯は天然歯が残っている方のケース。その場合は、他の歯の健康を考え、フッ素配合の歯磨き粉を使用していただいても構いません。虫歯になりやすい口内環境の方は、フッ素配合の歯磨き粉により、インプラントが腐食に至るトラブルより、虫歯にならないメリットが上回ることが予想できます。

ただ、ほとんどがインプラントで、あと数本しかご自身の歯がない方のケース。その場合は、虫歯のデメリットより、インプラントを保持することが大切です。インプラント専用の歯磨き粉を使用することをおすすめいたします。

インプラント用の歯磨き剤の特徴は?


インプラント用の歯磨きとして、よく使用されるものをご紹介します。有名なものは、ジェルコートIPという名称の歯磨き剤ですね。上部構造や人工歯根に影響を与えがちな、フッ素、研磨剤、発泡剤が無配合のジェルタイプの歯磨き剤です。もちろん、殺菌作用の高い有効成分である塩酸クロルヘキシジンも含有されていて、歯茎の退縮予防効果も期待できる配合となっています。<参照先:ウエルテック株式会社「ジェルコートIP製品説明」>



先程のジェルタイプのご紹介を読んで、研磨剤もダメなの?と思われる方も多いと思います。リスクを避けるには、研磨剤入りの歯磨き粉は避けましょう。研磨剤入りの歯磨き粉は顆粒タイプが多いですよね。

歯ブラシで擦る際に、上部構造と歯肉の間に挟まり、プラークコントロールが不完全だった場合、炎症を起こす可能性があります。インプラント周囲粘膜炎が悪化すると、インプラント周囲炎となり、インプラントの脱落や動揺を招く可能性があります。ブラッシングで歯垢のすべてを取り切るというのはセルフケアでは難しい事ですので、インプラントをしたら、研磨剤入りの歯磨き粉は避けたほうが好ましいです。

マウスウォッシュは大丈夫?

この写真の商品は歯科医院で取り扱いをしている薬用マウスウォッシュですが、一般的にも、複数の成分が配合されているマウスウォッシュがありますね。液体歯磨き剤(デンタルリンス)は、歯磨きの仕上げとしてはおすすめです。ただし、これのみ用いて、歯ブラシを使用せずではお口の状態は良くなりません。

歯垢は磨いて落とさないと、歯石となり、虫歯や歯肉炎、歯周病などのもとになります。定期的に歯科衛生士によるメンテナンスや検診で、歯石の除去を行い、口内環境を整え、インプラントを長期的に保持しようとすることが大切です。

まとめ


今回は「インプラント用の歯磨き粉って必要?」という事についてお伝えしました。お口の健康状態は人により様々異なります。ご自身で判断がつかなければ、担当医やクリニックのスタッフに質問したり、相談をしてみるのもいいですよね。