インプラントの基礎知識

金属のインプラントを身体に入れても大丈夫?

金属のインプラントを身体に入れても大丈夫?

金属で出来ているインプラント体を身体に埋め込むのは心配と思われるかもしれませんが、チタンは身体にやさしい金属で人工関節などにも使われています。インプラント体の安全性について詳しくご説明します。

チタンと骨が結合する「オッセオインテグレーション」の発見

インプラント説明図

歯科インプラントの歴史は実は大変長いもので、最古のインプラントとしては紀元前550年頃のものが見つかっています。

人類は紀元前の昔から、木や貝殻や動物の骨など様々な素材を使って失った歯の機能を回復させようとしてきました。近代になると金、銀、コバルト、サファイアなどの材料で出来たインプラントが研究され、治療が行われていましたが、どれも身体に埋め込むものとしては拒絶反応や毒性があって人体に最適といえるものではありませんでした。

歯科インプラントの画期的な発見があったのは、1965年のことです。スウェーデンで医師をしていたブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する「オッセオインテグレーション」を偶然発見したのです。この発見によってチタン製インプラントが研究開発され、現在のインプラント治療の基礎となりました。

Astra Tech Implant system

チタンはとても身体に馴染みやすい金属

チタン製品

殆どのインプラント体はチタンという金属で出来ています。チタンは人間の身体の組織と生体親和性(体に馴染みやすい性質)が高い金属で、腐食や拒絶反応・アレルギー反応が殆ど起こりません。

日本でのチタン製インプラントは1985年頃から普及し始めました。現在チタンは厚生労働省の認可を受けていて、歯科インプラント以外にも人工関節や心臓のペースメーカー、骨折した骨を繋ぐボルトやプレートなど医療の幅広い分野で使用されています。

チタンは金属アレルギーを起こさない?

チタンは金属アレルギーを起こさない?

さまざまな材料や化学物質に対すてアレルギー反応を示すいわゆるアレルギー体質の人は年々増えているといわれており、金属アレルギーも例外ではありません。しかし金属アレルギーだからといって全ての金属にアレルギー反応を起こすわけではなく、歯科で詰め物・被せ物に使われる金属でアレルギーを起こすといわれる場合は、主にニッケル、クロム、コバルト、銅、インジウム、イリジウム、パラジウムなどの金属のことです。

チタンは金属アレルギーを非常に起こしにくい金属として知られており、そのため人工関節など人体に埋め込まれる材料として選ばれているのです。ただ、チタンでアレルギーを起こす人も僅かですがおられます。そのため金属アレルギーのある方は、インプラント治療を受ける前に念の為アレルギー検査を受けることをおすすめします。

インプラント後に金属アレルギーの症状が出た場合

アレルギーの症状はある日突然出ることもあります。インプラント治療前はチタンにアレルギー症状が出なかったのに、治療後に金属アレルギーではないかと思われる症状が出た場合、まずアレルギーのパッチテストを受け、チタンにアレルギーが起こっているとわかった場合は歯科医師に相談しましょう。

チタンに反応して金属アレルギーが起こっている場合、顎骨に埋め込んだインプラントを除去する必要があり、今後の治療について考えなければなりません。

チタン製インプラントは空港の金属探知機は大丈夫?

空港の金属探知機

銀歯の詰め物・被せ物や銀歯でブリッジをされている方でも、空港の金属探知機には反応しない方が殆どです。金属探知機は金属自体の大きさや、その金属の原子量の大きさに比例して反応します。

インプラントはチタンで出来ていおり、チタンの原子量は金や銀の原子量に比べて小さいので金属探知機はほとんど反応しないと考えられます。

ただし海外の空港を利用する場合で日本の空港よりもチェックが厳しいことが予想される場合は、念のために事前にインプラントの種類や埋め込んだ場所を伝えられるように準備しておきましょう。治療の証明書や診断書があれば更に安心です。

チタン製インプラントはMRIは大丈夫?

MRI

チタンは非磁体性といって磁気を帯びない性質を持っています。そのためMRI装置には吸着されず、MRI検査が可能です。銀歯などの詰め物・被せ物をしている場合でも影響が出ることはほぼないといえるでしょう。

しかしMRI検査をする際に被せものを外すよう指示された場合は、歯科医師にご相談ください。また、マグネット・デンチャーをお使いの方は、マグネットを外さなければMRIを受けることが出来ませんので、ご注意ください。

まとめ

チタンは人工関節にも使われており、アレルギーが起こりにくく、丈夫で人体と相性の良い素材です。金属を体内に入れることを不安に思われている方も安心して治療をお受けいただけます。