インプラント治療前・治療後の疑問

インプラントの後で圧迫感を覚えるのはなぜ?

インプラントの後で圧迫感を覚えるのはなぜ?

インプラントの手術を受けた後、圧迫感を感じるケースが稀におられます。今日はそのような症状がなぜ起こるかについてご説明します。

インプラントはどんな治療?

インプラントの構造

そもそも、インプラントとはどのような治療か、流れを踏まえてご説明します。インプラントとは歯科医院で行う義歯治療です。虫歯や歯周病、不慮の事故により歯を失った方へ行う治療法です。義歯治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントとあります。

入れ歯やブリッジは、保険適用内で作製し治療を行うことができるため、費用は安いというメリットがあります。ただし、食べ物を噛む際などの不安定さや、隣接歯への負担が増すために残存歯の健康を保てないというデメリットがあります。

インプラントは、保険適用外の自由診療のため、高額な料金がかかることと麻酔をして手術を行うというデメリットがあります。ただし、顎に人工の歯根を埋入するので、入れ歯やブリッジと比べても噛んだ際の安定感があり、他の残存歯に影響を及ぼさないというメリットがあります。

インプラント治療の流れ

インプラントの治療を行いたいと思われたら、まずカウンセリングを予約してください。インプラントの相談は、無料で行っているクリニックが多いです。カウンセリングを受診し、お悩みを相談され、インプラント手術を決断されれば、CTや精密検査を行います。

骨粗しょう症・糖尿病・免疫不全・白血病・血友病・チタンアレルギーなど他の全身疾患による服薬がないか

インプラントが可能である骨の量である

この二点をきちんと確認し可能であれば、生体親和性の高いチタン製フィクスチャー(人工歯根)を埋入します。あごの骨(歯槽骨)とフィクスチャーが結合するまで時間を置き、しっかりと結合したかドクターがチェックできれば、歯茎を再び開け、フィクスチャーの頭部にアバットメントを装着します。アバットメントは上部構造と呼ばれる人工歯と、骨に埋まっている人工歯根を繋ぐ役割があります。アバットメントの上に仮歯を被せて、型どりを行い、審美性の高い人工歯を作製し終えれば、仮歯を外し、上部構造を被せます。

オールセラミックやジルコニアセラミックなどの人工歯は、自然な色合いで美しい強度を保ちます。インプラント手術後には定期通院を行ってもらい、インプラントをより長く保つためのメインテナンスを患者様に受診してもらう歯科医院が多いです。

仮歯を入れたら圧迫感がある場合はどうすれば良い?

インプラント手術後に仮歯を装着した後で、歯茎が締め付けられるような圧迫感を感じる方がおられます。そのような痛みを感じる方もおられれば、あまり痛みを覚えない方もおられますが、長期間にわたり痛みを覚える方は、一度通院先の歯科医師にご相談ください。

インプラントにはスクリュー固定とセメント固定と二種類のタイプがありますが、スクリュー固定のインプラントでしたら、締め付けを少し弱くすると圧迫感を感じなくなることがあります。仮歯の調整を行ってもらいましょう。

また、仮歯という名前ですがインプラントの治療においては、最後に被せる人工歯の基礎となる重要なものです。圧迫感以外にも、噛み合わせに違和感がある方、食事の際に食べ物が詰まりやすくなった方、舌や頬に当たり話しにくくなった方は、早めに通院をして症状を主治医やスタッフに伝えましょう。仮歯が隣の歯を圧迫すると、健康な隣の歯が動いてしまい、歯並びや噛み合わせが悪化する可能性もあります。

指や舌で必要以上にインプラントを触らないようにし、歯ぎしりや食いしばりのないお口の状態を心がけましょう。また、インプラントをよく使わなければならない固い食べ物や、刺激のある飲み物は圧迫感や痛みがある場合、避けた方が賢明です。

インプラントの圧迫感や痛みはどれくらいで消える?

インプラントの悩み

インプラントの手術後に痛みを伴うことは多いです。細菌感染などによる痛みではなく、手術は切開を行いますので、麻酔が切れた後に痛みを感じます。歯科医院は痛み止めを処方しますので、鎮痛薬(ボルタレンやロキソニン)を服用しましょう。早い方ならば約2~3日、痛みが続く方でも約2週間ほどで痛みはなくなります。

1ヶ月以上たっても痛みが消えない場合は、要注意です。ただ、それ以上に長い期間痛む場合、インプラントが神経を圧迫しているという原因が考えられます。不快な痛みが続かないように、インプラントを戻すなどの調整を行う必要があります。



まとめ

インプラントのカウンセリング

インプラントの圧迫感は長く続くと、やらなければ良かったと後悔してしまいます。信頼関係の築ける歯医者さんに通い、なにかトラブルや不安な点があればすぐに確認できるようなクリニックでインプラント手術を受けることが望ましいです。担当医がきちんとした説明や処置を行ってくれない場合は、セカンドオピニオンを視野に入れることも検討しましょう。