インプラント治療前・治療後の疑問

インプラントの治療後のメンテナンスで気をつけることはありますか

インプラントの治療後のメンテナンスで気をつけることはありますか?

インプラント治療後は周囲炎を予防するためにメンテナンスを必ず受けなければなりません。インプラントを長持ちさせるためのメンテナンスで気をつけることについてご説明します。

インプラントのメンテナンスは必要?

インプラント1本のイメージ

治療後暫くたってインプラントに全く何も問題がない場合に、油断してだんだんとメンテナンスを怠りがちになる方がおられます。しかしインプラント周囲炎になってしまうと、インプラントが数年でグラグラしはじめ、長く使うことが出来ないということになりかねません。

メンテナンスでは周囲炎を防ぐために歯周病の有無の検査をしっかりと行います。歯ぐきに少しでも炎症が起こっている場合は、歯垢や歯石をきれいに除去して炎症を鎮め、歯茎が健康になるように毎日のケアの仕方に問題がある場合は、正しいケアの仕方についてお話させていただきます。

歯科医院でのメンテナンスと、ご家庭での日常的は歯磨きは、インプラント周囲炎を予防するためにどちらも大切です。

インプラント治療後はメンテナンスが必須
インプラント治療後はメンテナンスが必須ですか? インプラント治療後の患者さんは、しっかり噛めるようになって安心されたと思いますが、クリニックでかぶせ物を装着したところで油断してはい...

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎

歯周病は歯についた歯垢や食べかすの中に細菌が繁殖して引き起こされる感染症で、初期の段階では歯茎の炎症が歯周病の主な症状です。歯周病が進行していくと、歯と歯茎の間の溝に出来た歯周ポケットに細菌が侵入していき、歯を支えている歯周組織をどんどん壊していき、歯槽骨を溶かしてしまいます。

インプラントの上部構造やアバットメントにも歯垢がついて、インプラントの周りの歯茎にも歯周病が起こります。これをインプラント周囲炎といいます。初期のものはインプラント粘膜炎とも呼びます。

重度の歯周病になると歯茎に膿がたまり、歯槽骨が溶けて歯を支えられなくなって歯が抜けてしまいます。これと同じことがインプラントにも起こり、インプラント周囲炎が進行すると歯茎から膿が出るようになり、そのまま悪化するとやがてインプラントが抜けてしまいます。

インプラント周囲炎の予防方法は歯周病予防と同じで、歯垢の除去を徹底的に行うことです。

インプラント長持ちの重要ポイント 歯周病予防と咬合の調整
インプラント長持ちの重要ポイント 周囲炎の予防と噛合の調整 インプラントを長持ちさせるにはインプラント周囲炎(歯周病)にならないようにすることが大切ということは、よく言われています。もう一つ重...

インプラントの日常的なお手入れについて

歯ブラシ

インプラントを長持ちさせるためには、毎日の歯磨きなどのセルフケアが重要になります。インプラントは歯茎の中に人工のインプラント体(人工歯根)とアバットメントが埋まっていますので、そのことも踏まえて丁寧にお手入れする必要があります。

天然の歯もそうですが、歯垢がたまって歯石が出来やすいのは歯と歯茎の間の溝の部分です。歯肉との境目部分はブラシで丁寧に磨きましょう。歯ブラシに加えて歯間ブラシやデンタルフロス、タフトブラシなどを使用すると、ブラシが届かない小さな隙間の歯垢や食べかすも取れますので、ぜひ使ってみていただきたいです。

隙間がごく小さい箇所はデンタルフロス、少し大きい箇所は歯間ブラシで効果的に歯垢を落とすことが出来ます。セラミックやジルコニアで出来た上部構造は歯垢や汚れがつきにくいですが、油断せずにきれいにしましょう。

インプラントを長もちさせるためのケアの仕方を教えて
インプラントを長もちさせるためのケアの仕方を教えて インプラント治療が終わったら、インプラントを長持ちさせるためのケアを続けていかなければなりません。それには歯科医院での定期健診とご家...

インプラントの歯科医院でのメンテナンス

メンテナンス

毎日欠かさずていねいに歯磨きを続けていても、どうしても磨き残しが出来てしまうものです。歯周ポケットの奥の歯垢は歯磨きでは取れません。

そのため数か月に一度、歯科医院で特別な器具を使って歯やインプラントのクリーニングを受けていただき、歯や歯ぐきの隙間に残っているバイオフィルムをきれいに除去します。メンテナンスは3ヶ月毎にお受けいただくと、歯石が出来る前にクリーニングで除去することが出来ます。

スクリューで留めるタイプの上部構造の場合は1~2年に1度くらいは上部構造を外して洗浄することが理想的です。(その頻度は歯科医院によって違います)上部構造がセメントで固定されている場合は、メンテナンスで上部構造を外すことはありません。

インプラントのメンテナンスでのチェック項目

  • 膿が溜まっていないか
  • レントゲン撮影による異常はみられないか
  • 血液検査に異常はないか
  • 心因性による痛みではないか
  • インプラントが正しい位置にあるか

インプラント治療後に引っ越した場合は?

引っ越しのイメージ

インプラントは手術をした歯科医院でメンテナンスを受け続けるのが理想ですが、患者さんの中には、転勤などの引っ越しで転院しなければならない方もおられます。

転院先の医院に患者さんの治療に使用したインプラントのメーカーなどの情報を渡す必要がある場合は、受付にお申し付けください。

ただし、インプラント治療後の保証については、当院でのメンテナンスを受けていただくことが条件となっておりますので、ご承知おきください。

インプラント治療後のメンテナンスはどの歯科医院で受けてもいいの?
インプラント治療後のメンテナンスはどの歯科医院でうけてもいいの? インプラントを長持ちさせるためにはメンテナンスを受け続ける必要があります。同じ歯科医院でメンテナンスを受けた方がいいのか、違う歯科医...

まとめ

インプラント長持ちのために定期健診+自宅でのケア

インプラントを長持ちさせるためには必ず治療後にメンテナンスを受けていただく必要があります。天然歯と同じかそれ以上にケアに気をつけなければならないと言っても過言ではありません。

天然歯にも同じことがいえますが、何かトラブルが起こる前に定期健診で予防をし、不具合が生じた際にはすぐに対処しながら、長く使っていただきたいと思います。