インプラント

インプラント治療のリスクを減らすための様々な取り組みを教えて

インプラントのリスクを減らすための様々な取り組み  
インプラントは手術を伴う治療ですので、様々なリスクがあります。リスクを減らし、安全な治療を受けていただくための様々な取り組みについてご説明します。

 

リスクを減らすための取り組み

 
インプラント治療は、歯がなくなってしまった部分の骨にチタンで出来た人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を作ります。

公的な医療保険が適用されない自由診療なので、保険診療に比べると治療費が高いのですが、残っている歯に負担をかけない、歯がなくなった部分の骨が減ることがない等の利点があるため、インプラント治療は入れ歯やブリッジに比べるとQOLの向上のためにすぐれた治療法であると思います。

しかし、インプラントの手術後、痛みや化膿が続く、神経が麻痺する等の被害に遭われている方も少なからずおられるとの問題点が、新聞や雑誌に掲載されました。そのような記事をお読みになり、心配になって治療を迷われている方が多いのも事実です。

インプラント治療を行うにあたって、歯科医院や歯科医師に関する基準や、治療のプロセス全般に関するガイドライン等がないため、歯科医院や歯科医師によって技術の差があることは、インプラント治療の大きな問題点であると考えられます。

当院では、インプラント治療を安全に受けていただくための取り組みとして、CT撮影や器具の滅菌処理はもちろんのこと、グループ内の歯科医師全員による症例検討会を行い、お一人おひとりの治療法に間違いがないか、見落としている点はないかを、徹底的に話し合います。

インプラントは安全か?患者さんからのご質問に対して

インプラントを埋入する際に「骨の中の神経や血管を傷つけることがないのか。本当に大丈夫なのか」と患者さんから質問を受けることがあります。

インプラント手術にももちろんリスクはありますが、手術が成功するかどうかは、歯科医院がインプラントに必要な最新機器をそろえていることはもちろんのこと、手術を行う歯科医師の手術の熟練度と技術、そして解剖学の知識がどの程度あるかに左右されます。

骨の少ない難しいケースでも増骨の処置すればインプラント手術が可能になりますし。レントゲンで確認を行いながら処置を行うことで、危険なく手術を終えることができます。

長く使っている間にインプラントが駄目になってしまう場合は、インプラントの設計や噛み合わせに原因があります。現在使用されているインプラントはチタンベースの歯根型(ルートフォーム)のものが主流になっています。長い年月の試行錯誤によって形や表面性状の面からもほぼ完成されたものになっており、安全性を考慮して適切に埋入し噛み合わせを調節すれば、まず問題が起こる事はありません。

しかしインプラントが数年でだめになるケースが全くないわけではありません。だめになる場合は埋入してから間もない初期の段階が多く、だめになった場合はインプラントがぐらぐらしていますので、ねじを逆回転すればほんの数秒でインプラントを除去できます。

インプラントの除去はそれほど苦痛はありません。インプラントがぐらぐらした原因を見極め、それに対処しながらインプラントを埋入しなおす場合もあります。

安心して治療を受けていただくために

過去に他院でインプラント治療をしたことのある方が来院されるケースがたびたびあります。お話を伺うと、1本目のインプラント治療をした際に、満足のいく治療を受けられなかった場合が多いです。

次に多いのが、引っ越しや転勤などで、以前の歯医者さんに通えなくなってしまった場合です。遠くて通えなくなった場合は転院も仕方がないのですが、気になるのは、一本目の治療に満足しておられない患者さんのことです。

インプラントした部分がぐらついたり、違和感があったりして、2度目は違う歯科医院で治療したいと思われる方や、先生やスタッフの方とうまくコミュニケーションが取れず、不信感に繋がったりと、理由は様々です。

このようなお話を伺うたびに、2度目の治療をされる時も当院で安心して治療を受けていただけるように、しっかりとした治療をしていかなくてはならないと、引き締まった気持ちになります。


まとめ

患者さんが不安を抱えたまま治療を受け続けることのないように、当院では、何でも気になる点があったときに、専任のカウンセラーに相談できる体制になっております。気になる点をお話いただくことで、解決の道が開けると思いますので、お気軽にカウンセラーにお申し付けくださいね。