インプラント

入れ歯を固定するインプラント・マグネットデンチャーについて教えて

入れ歯を固定するインプラント・マグネットデンチャー  
入れ歯を磁石でしっかりと固定するマグネット・デンチャーについてご説明します。マグネットデンチャーは、健康な歯に小さなマグネットを取り付けて入れ歯を取り付ける方法と、インプラントにマグネットを付けて入れ歯を取り付ける2種類の方法があります。



インプラント・マグネットデンチャーとは


マグネットデンチャーは、入れ歯をマグネットでしっかりと固定するものです。残っている歯がある場合は、歯根に磁石を埋め込んで、入れ歯についているマグネットと吸着させます。マグネットの強い力で固定されるためしっかりと固定されます。

そして歯が残っていない総入れ歯の方は、総入れ歯の裏面に磁石を取り付けると共に、インプラントを埋め込んでインプラントの先も小型の磁石を埋め込みます。そして磁石同士の引き合う力で総入れ歯を固定します。

マグネットデンチャーとインプラントを組み合わせたインプラント・マグネットデンチャー(インプラント・オーバーデンチャーとも呼ばれます)は大変画期的な治療法です。


マグネットデンチャーは歯根を利用してマグネットを取り付けますが、インプラント・マグネットデンチャーでは失った歯の部分にインプラントを埋め込み、そのインプラントにマグネットを取り付けます。つまり、インプラント・マグネットデンチャーはすでに多くの歯を失っている方にとって良い治療法といえます。

インプラント・マグネットデンチャーはインプラントに支えられていますので、しっかりと固定されており良く噛めます。

マグネットデンチャーはこのような方にお勧めです

1.入れ歯が動いて痛い、噛めないなどのお悩みのある方

マグネット・デンチャーは強力な磁石を使用していますので、動いたりずれたりしにくく、外れにくいです。
磁石は半永久的に機能するため、途中で磁石を取り換える手間などは発生しません。

2.壊れにくくて快適な着け心地の入れ歯が欲しい方

マグネット・デンチャーは、保険適用の入れ歯とは違って薄く壊れにくく丈夫です。上顎の部分が繰り抜かれていますので、えずきにくく快適です。

3.入れ歯を安定させるための床やバネが気になる方

マグネット・デンチャーは金属のバネを使わず、磁石の力のみで固定します。そのため入れ歯を入れていることに気づかれにくいです。


マグネットデンチャーの超小型磁石について


マグネットデンチャーは失った歯の本数がかなり多い患者さんに適用されます。
今までの入れ歯の違和感を解消する画期的な入れ歯治療です。

当院ではこれにインプラントを組み合わせたインプラント・マグネットデンチャーをおすすめしていますが、まずマグネットデンチャーに使われている磁石についてご紹介しましょう。

現在のマグネットデンチャーについているマグネットは日本の最先端科学技術が生んだ高性能の超小型磁石です。

マグネットデンチャーの治療自体は今までにも海外で行われていたのですが、マグネットのサイズや耐久性の点で問題があり、マグネット同士の吸着力も低く、それほど人気のある治療法というわけではありませんでした。

日本の超小型磁石が使われるようになってマグネットデンチャーは生まれ変わりました。
歯科治療は海外で開発された技術にリードされることが多かったのですが、この超小型磁石を使ったマグネットデンチャーは日本の誇れる技術です。

入れ歯のがたつきや違和感が解消され、良く噛めるようになれば画期的な治療法だと思います。
ただマグネットデンチャーは保険のきかない自由治療で、保険適応の入れ歯よりは治療費がかかります。

 
インプラントオーバーデンチャーのメリットと、デメリット教えます!
インプラントオーバーデンチャーのメリットと、デメリットを教えて 歯科医院で「インプラントオーバーデンチャーという方法があります」と紹介されたけど、いまいち全体像が掴めない方もいらっしゃ...