インプラント

インプラントオーバーデンチャーのメリットと、デメリットを教えて

インプラントオーバーデンチャーのメリットと、デメリット教えます!

 

歯科医院で「インプラントオーバーデンチャーという方法があります」と紹介されたけど、いまいち全体像が掴めない方もいらっしゃると思います。専門用語ではなく、もっと身体への負担などもわかりやすく説明してという方へ、メリットやデメリットなどをご説明しますね。

 

 

具体的にインプラントオーバーデンチャーって何?

インプラントオーバーデンチャー

 

インプラントオーバーデンチャーは、歯周病や虫歯などが原因で医院で抜歯し、既に多くの歯を失われた悩みを持つ患者さんに歯科医がおすすめする治療法の一つです。

簡単に特徴を説明いたしますと、総入れ歯をインプラントに取り付けた磁石や金具で固定するといえば想像しやすいのではないでしょうか。

マグネット式のインプラントオーバーデンチャーでは、まず顎の骨にインプラントを2本埋入し、その頭に小型の磁石を取り付けます。総入れ歯状の義歯の下にも磁石を2か所取り付け、磁石同士をくっつけることで義歯を固定します。

種類としては、主に二つのタイプがあり、ロケーター義歯、マグネットデンチャーがあります。

ロケーターは、ロケーターと呼ばれるボタンのような留め具をインプラントに装着し、入れ歯側にロケーターとくっつく留め具を埋め込みます。その後、入れ歯を乗せるとパチッとくっつくというのがロケーター義歯の構造です。

インプラントオーバーデンチャーのメリットは?

 

それでは、インプラントオーバーデンチャーのメリットをご説明いたしますね。

インプラントオーバーデンチャーは入れ歯と違い、磁石の強い力でくっつくため、安定性が高く、食事の際によく噛める事(専門用語で咬合力と言います)、見た目がよく会話をしても、義歯であることが人に分かりづらい事が最大のメリットです。

インプラント程ではありませんが、保険の入れ歯と比較したらかなり安定し、噛める喜びがあります。インプラントによるオールオン4を行うよりも、非常に安価で、機能が向上する治療であることも大きなメリットです。

そして、ロケーター義歯の場合は、患者さんが現在お使いになっている入れ歯を使用できるという事も大きなメリットです。また、装着した入れ歯の取り外しが可能なので、入れ歯を洗浄してメンテナンスができます。

入れ歯は粘膜に載せているだけの装着状態です。そのままでは顎の骨(専門用語で歯槽骨と言います)がどんどん痩せて退化しますが、ドクターがインプラントを埋入するとにより歯槽骨の吸収を軽減する役目があります。

通常、入れ歯(専門用語でデンチャーと言います)によくあるトラブルの「食べ物を噛みにくい」「見た目も気になるしよく外れる」「金属のバネが歯茎にあたって痛い」「口臭の原因」になるという事がなくなります。患者様にとっても「食べ物を咬める喜び」「金属のバネがないのでバネをかける歯を傷めることがない」「バネがないから痛みもない」「不衛生な口腔環境でなくなる」という点から考えても、デメリットが少ない治療法と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、マグネットデンチャーの磁力は、長年使用しても劣化する可能性は低いといわれています。クリニックで下顎のロケーター義歯の10年残存率を追跡調査したところ、96%とかなり良好な結果が出ております。

 

反対にデメリットは?

 

次に、デメリットを上げていきましょう。

まず、ロケーター義歯で挙げられるデメリットは、ロケーターの内面のゴムが劣化するリスクがあるという事でしょうか。そのようなトラブルが起きた場合は、当院では有償で取り換えをしています。

マグネットデンチャーについてのデメリットは、あえて言えばインプラントより噛む力が劣るという事でしょうか。

 

まとめ

インプラントオーバーデンチャーのメリット、デメリットをご説明しました。治療法を知ることで、あなたのお口の中をより快適な環境にしてくださいね。

 

入れ歯を固定するインプラント・マグネットデンチャー
入れ歯を固定するインプラント・マグネットデンチャーについて教えて 入れ歯を磁石でしっかりと固定するマグネット・デンチャーについてご説明します。マグネットデンチャーは、健康な歯に小さなマグ...