インプラント

インプラントはいつもの歯医者で大丈夫?

インプラントはいつもの歯医者で大丈夫?

 

かかりつけ医の先生から「失った歯を考えると、今後の生活のためにインプラント治療をされるべきです」と言われたら、あなたはどうしますか。いつも診てもらっている歯医者さんなので大丈夫だろうと思われたなら、ちょっと待ってください。その先生はインプラント手術を沢山しておられますか?そうでないなら、その医院を利用して本当に安心なのか、考えてみましょう。

 

診療科目に歯科って書いてあったら治療できるでしょ?

 

医院が掲げている診療科目に「一般歯科」と書いてある(専門用語で標榜といいます)場合です。何らかの理由(親知らずなどもありますね)で抜歯をされた患者様にとっては、インプラントもいつもの歯医者さんに相談すれば治療できると思っておられるかもしれませんね。

歯周病による抜歯や虫歯治療や予防はできても、「一般歯科」のみでは、インプラントは可能ではないのです。インプラントを治療している歯科医院は「口腔外科」または「インプラント」と看板に書いています。つまり、診療科目でそれらを標榜していない歯科は、インプラントを行っていないかもしれません。(※行っている場合もありますので問い合わせる必要があります)

インプラントって歯医者さんなら誰でもできるんじゃないの?

 

「自分の歯や口の状態をトータルで診療してもらって感謝しているから、インプラントをするなら初めての歯医者じゃなく、いつもの歯医者で受けたい」と思われるかもしれません。確かに、昔から診療してもらっていて、信頼している歯医者さんだと、そう思われる気持ちは理解できます。しかし、インプラントのような手術を伴う治療の場合は、話が別です。

インプラント治療では、チタンでできたインプラント体を顎骨の中に埋め込む手術を受ける必要があります。その後インプラントと骨が結合するのを待ち、アバットメントと呼ばれる土台をつけ、その上にセラミックなどの被せ物をする治療です。

専門的な知識を持ち症例を積み重ねたドクターがおり、CT機器などの検査や撮影ができる設備を院内に完備している歯科医院で手術を行えば、リスクが少ないと考えます。

ですが、必要な知識が乏しく、インプラントの症例経験や検査が少ないと、見た目のお口の内部の予想だけで手術を行うことになってしまいます。上顎の骨の上にある上顎洞にインプラントを誤って刺して落としてしまったり、下顎の動脈を傷つけて出血が止まらないという事故やトラブルに繋がります。

このような事例から考える限り、インプラントの埋入を誤りなく、患者さんの負担にならないように、計画的、そして精密に行うには、やはり経験や知識が不可欠要素といえます。

 

安全なインプラント治療のためのCT撮影
安全なインプラント治療のためにCT撮影は必要? 今日はCTのことを書いてみたいと思います。当院では、治療計画書を作成するために、必ず患者さんのCT撮影を行います。インプ...

インプラント治療が得意かどうか見分けるコツは?

認定証

 

インプラント治療が得意な歯科医師かどうかを見分けるコツをご紹介します。

見分けるコツとしては、まず相場(30~40万円/本あたり)をしっかり把握しましょう。そして、「相場より安い料金でインプラント治療しています」とホームページに載せているクリニックは、通院候補から除外しましょう。

何故なら治療費が極端に安い歯科医院は多くの場合、アジア製の性能の劣るコピーインプラントを使用して安く治療していたり、かぶせ物の質が悪い等の理由で安くしている場合があります。また、あまりにも安い価格で治療した結果、赤字経営がクリニックの存続を逼迫して、その医院がある日突然閉院する可能性があります。

そのため、劣悪な環境でインプラントを行うと、患者様は他の医院でインプラントの再治療をしなければならないリスクがあります。費用が更にかかる上、手術による身体や精神的なご負担も増えるので、メリットがなくおすすめは出来ません。

そして、実際に手術をする歯科医師がどのような学会に所属しているのかをホームページで確認してみましょう。専門的にインプラント手術をしている歯科医師であれば、口腔外科やインプラント等の学会に所属しているはずです。

他にコツとしましては、インプラントを検討段階の際、予約カウンセリングを受診来院し、気になる事を質問していただきたいと思います。「本当に痛みは少ないのか」「CTが院内に設置されているか」「方法は1回法なのか2回法なのか」「アフターケアはどうなっているのか」など質問し、患者様のご希望が叶うか、お悩みが解消されるかを確認してください。これらの質問には、実績のある歯科ならば即答できます。

その際に、数多の症例を診てきたドクターや医院ならば、衛生的な管理ができるアフターケアについても対応しているはずです。

様々な歯科を来院するって失礼じゃない?

 

「様々な歯科を来院してお話を伺うのは、いつもの歯医者さんに悪い」とおっしゃる方がいらっしゃいます。優しい方とは思いますが、快適な治療を行うためには、冷静に判断すべきと考えます。ご自身のみで不安ならば、ご家族とご一緒に医師のお話を伺ってみてはいかがでしょうか。

インプラントは定期的にメンテナンスを受けていただき、予防歯科などでしっかりと衛生的に管理していけば、天然歯と変わらず長きにわたって使えます。手術にかかる費用も、虫歯治療費とは違って高い費用がかかります。

「虫歯治療はいつもの歯医者さんにしてもらうけど、インプラントは専門院で治療して良かった」と診療後に思えるようにするべきではないかと考えます。新たに専門的なクリニックと出会い、最短の来院で、治療を終えられるとご負担も減ります。

まとめ

 

いかがでしたか。それぞれの治療を得意分野とする医院を把握・活用することの大切さをおわかりいただけたでしょうか?患者様がしっかり噛めて何でも食べられる喜びを実感でき、口臭や見た目を気にせずにいられるような状態を、ぜひ手に入れていただきたいと思います。私たちは、そう願ってやみません。