インプラントの基礎知識

インプラントの材質であるチタンの特性を教えて

インプラントの材質であるチタンの特性

インプラント治療は人工的な歯根を顎骨に埋め込み、強力に固定することで、まるで自分の歯が再生したかのような、しっかりとした噛みごたえを感じることができます。

インプラント治療の人工歯根はチタン製のインプラント体で、ネジのような形をしたものです。これを歯槽骨に埋め込むことで人工歯の土台とし、その上にセラミックやジルコニアなどで作られた上部構造を被せます。

インプラントはこんな形をしています

インプラント

インプラントと天然歯の模型で見ると、インプラントの形がわかりやすいです。歯ぐきから下には歯槽骨と呼ばれる骨があり、この骨によって歯が支えられています。インプラント体は天然の歯の根と同じように歯槽骨に埋め込まれて、その上に被せ物をかぶせます。

被せ物はセラミックやジルコニアという材質が主に使われており、隣の天然歯と殆ど変わらない色調に作ることが出来ます。そのため、歯茎の上に見えている部分は、インプラントか天然の歯か一見してもわかりません。

インプラント自体の構造は下の図のようになっています。

インプラントの構造

ネジのような形をしたインプラント体が歯槽骨に埋め込まれ、インプラント体と上部構造(被せ物)を繋ぐ働きをしている物がアバットメントです。インプラント体とアバットメントはチタンまたはチタン合金です。

チタンの特性1:骨と結合する

インプラントが骨と結合

インプラント体がチタンであるのには、オッセインテグレーションという作用が関係しています。オッセインテグレーションとは、骨にチタンを埋めこむと、骨の代謝によって骨とインプラント体が強力に結合する現象です。この効果のおかげでインプラント技術は完成を見たと言えますが、逆に言えば人工歯根はチタン製に限られるわけで、そこがインプラント治療が高額になってしまう理由の一つでもあります。チタン自体はありふれた成分なのですが、精錬や加工が難しいのです。

しかし、先日の新聞に載っていた記事で、長野県の工業高校に通う生徒が、短時間でチタン粉末からチタンの塊を作る技術を開発したと報じられていました。これまではチタンを加工するためには1600度という高温でチタンを溶かす必要があったのですが、新しい技術では常温で圧力をかけながら攪拌することで、従来と同程度の強度を備えたチタンの固体を作れるのだそうです。

この技術が実用化されれば、インプラント治療は今よりも受けやすい料金になってくるのかもしれませんね。

チタンの特性2:生体親和性が高い

生体親和性人間の身体は異物を感知するとアレルギー反応を起こします。チタンは金属の中でも生体親和性が高く、アレルギー反応を起こしにくい物質とされています。

生体親和性が高いということは、人体になじみやすく、無害な成分であるということで、金属アレルギーの患者さんにも使うことが可能です。これはインプラントにチタンを使用する大きなメリットの一つです。

チタンの特性3:腐食しにくい

チタンは錆びない金属といわれています。チタンは酸素との結合力が強く、表面に酸化被膜を形成し、酸素を通さなくなりますので、それ以上酸化しません。

特に海水の中ではプラチナに次ぐ耐食性を持ちます。

チタンの特性4:軽くて加工しやすい

チタン製品

チタンは軽くて強いため、身につけるものに適しています。

まとめ

インプラントの材料であるチタンの特性についてご説明しました。インプラントがしっかりと噛めるのは、チタンの特性によるものが大きいです。よく噛むことで唾液が増え、虫歯や歯周病の予防に繋がります。そして口の周囲の筋肉を使うことがお顔のアンチエイジングに繋がるなど、ゆっくりとよく噛んで食べることにはメリットがたくさんあります。