インプラント治療前・治療後の疑問

様々な全身疾患のインプラント治療へのリスク

様々な全身疾患のインプラント治療へのリスクを教えて

インプラント治療を受けるにあたって様々な全身疾患の患者さんはリスクがあるとされています。代表的な全身疾患である高血圧、心疾患、糖尿病、骨粗しょう症のインプラント治療へのリスクについてご説明します。

全身疾患などの持病はインプラント治療のリスクになる場合がある

全身疾患の種類

インプラント治療は外科手術を伴います。更にインプラント体と骨が結合することで強固な人工歯根となりますので、持病のある患者さんがそれを阻害するようなお薬と日常的に服用しておられると、インプラント治療が失敗してしまう可能性があります。

そのため持病のある患者さんは、インプラント手術をしても問題がないかどうか、事前に全身状態を把握しておくことが重要になります。

持病のある方は、健康診断のデータや、薬の服用履歴が記載されているお薬手帳を見せていただきます。また、バイタルサイン(体温・呼吸・脈拍・血圧)の測定と必要に応じて血液検査、尿検査、心電図検査、胸部X線検査などを行います。一部の検査は患者さんのかかりつけ医にて行って頂きます。

インプラント手術に対するリスクファクター(危険要因)となる全身疾患はいくつかあります。代表的なものは高血圧症、心疾患、糖尿病、脳血管障害、骨粗しょう症などです。これらの疾患がある場合、インプラント治療ではどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

高血圧症のインプラント治療へのリスク

高血圧症のイメージ

高血圧症の方は、外科手術時に脳・心臓・腎臓などに合併症が起こる可能性があります。そのため高血圧症がお薬によって適切な値にコントロールされていない場合は、インプラント治療を行わないのが基本です。

血圧のコントロールが十分に出来ていれば、インプラント治療を受けることで何か問題が起こるといったリスクは少ないと考えられます。

ただ、血圧はほんの少しの気持ちの揺れでも上下してしまうものです。歯医者が苦手な方、怖がりの方、ストレスに弱い方には、手術時の局部麻酔の前に笑気麻酔や静脈麻酔(静脈内鎮静法)をおすすめすることもあります。

心疾患のインプラント治療へのリスク

心疾患のイメージ

心疾患の代表的なものは心筋梗塞・狭心症・不整脈・心不全・心臓弁膜症・心筋症などが

あげられます。

心筋梗塞を発症したことのある患者さんに対しては、心筋梗塞の治療から6ヶ月以上経過後に、健康状態が良好である場合はインプラント手術が可能とされています。

狭心症の場合は、薬により良好な状態がコントロールできていれば、インプラント手術が可能とされています。

心疾患で高血栓療法(血栓症の発症を抑制する治療)を受けておられる患者さんは、インプラント手術の出血時のリスクが高くなる場合があります。

心疾患の患者さんは、事前に担当医にもよくご相談されて、担当医の了承を得られた場合のみ、インプラント手術を受けられることをお勧めします。

糖尿病のインプラント治療へのリスク

糖尿病

糖尿病の患者さんは、手術中・術後に低血糖・高血糖にならないように全身の管理が必要になります。

糖尿病の方が高血糖が続くと、組織や細胞を低酸素状態に陥らせ、好中球(白血球の1種。殺菌を行い、感染を防ぐ役割を果たしている)の機能を低下させるため、術後の感染の危険性が増してしまいます。更に、傷が治りにくくなる術後創傷治癒不全を招くことがあります。

高血糖の状態になると、骨芽細胞の機能や数が低下しますので、インプラント体(人工歯根)と歯槽骨(顎の骨)の結合を阻害する可能性があります。

骨粗しょう症のインプラント治療へのリスク

骨粗しょう症のイメージ

骨粗しょう症は閉経後の女性に多く見られ、骨密度の低下、骨質の劣化が起こる骨格の疾患です。骨密度や骨質が悪くなると、インプラント体が骨の中で安定して結合するための大きなリスクとなります。

歯槽骨への埋入直後にインプラント体が骨に固定されることを初期固定(インプラント体埋入直後の骨との固定)といいますが、骨粗しょう症の方は、この初期固定が失敗するリスクが高まります。初期固定が何とかうまくいったとしても、インプラント体と骨が結合し、その状態を維持することが難しいといったリスクがあります。

骨粗しょう症にも段階があり、どの程度の骨粗しょう症の方にインプラント失敗のリスクがあるかははっきりとわかっていません。そのため、骨粗しょう症の患者さんが治療薬としてビスホスホネート系薬剤を使用しているかどうかで判断する場合が多いです。

ビスホスホネート系薬剤を使用している患者さんは、インプラント手術によって細菌が歯槽骨に侵入して炎症を起こし、顎骨壊死を引き起こすリスクがあることが問題になっています。

そのため、骨粗しょう症のお薬としてビスホスホネート系薬剤を使用している患者さんには、3ヶ月以上薬の服用を止めれる場合は、インプラント手術を行うことが出来るケースもあります。他の骨吸収抑制剤でも顎骨壊死を引き起こす薬剤もありますので、担当医とよく相談なさってください。

まとめ

このように、持病のある患者さんに対しては、持病の担当医と歯科医師とが連携してインプラント治療が可能かどうかを慎重に判断する必要があります。

中高年になると、何かしら病気を抱えている人が多くなるものです。インプラント治療を受けたいけれど、持病があるから無理だろうとすぐにあきらめず、持病の担当医や信頼のできる歯科医師に相談してみると良いでしょう。