インプラント治療前・治療後の疑問

インプラント治療の前に虫歯や歯周病を治すべき?

インプラント治療の前に虫歯や歯周病を治すべき?

インプラント治療前には虫歯や歯周病の治療は必要なのかについてご説明します。基本的には事前に口腔内の環境を整えておくことがインプラント治療成功の秘訣です。

インプラントの事前治療(虫歯と歯周病の治療)

虫歯治療と歯周病治療

虫歯や歯周病など、お口の中にトラブルがある場合は、インプラント治療の前にまず治療を行います。成人の8割が歯周病にかかっているといわれており、日本人が歯を失うトップは歯周病ですので、インプラント治療の前には殆どの方に歯のクリーニングを受けて頂いています。

特に歯周病で歯を失った方には、お口の中の歯周病菌を減らすための治療が必要です。歯周病は歯周病菌による感染症ですので、お口全体に広がっていると考えられます。

更に、歯周病で歯を失うほどの重症の方の場合は、他の歯も歯周病が進行している可能性がありますので、事前に治療が必要になります。

歯周病は骨を破壊するためインプラントがだめになってしまう

インプラント周囲炎

インプラントを失敗したり、あまりにも早くインプラントが抜けてしまうという失敗のケースで最も多いのが、「インプラント周囲炎」によるものです。

最近では歯周病がお口の中だけでなく全身の病気にも影響があることがわかってきています。そのため、インプラント治療を行う方も、そうでない方も、歯周病の治療はもちろん、予防も普段からしっかりと行わなければなりません。

歯周病は最終的には歯が抜けてしまう怖い病気で、歯と歯の間や歯と歯茎の境目についた歯垢の中で歯周病菌が増殖し、歯周組織に炎症を起こします。

初期の段階では歯肉が腫れる歯肉炎としてあらわれます。歯周病が進行していくと、歯周ポケットが深くなっていき、その中で更に歯周病菌が増え、歯茎の組織を破壊していきます。

歯茎が下がって歯の根が露出するようになると、知覚過敏が起こり、次第に歯槽骨が溶かされて減っていきます。歯槽骨が減ると歯を支えられなくなりますので、歯がグラグラしてきて、最終的に歯が抜けてしまいます。

歯が抜けてしまうほど歯周病が進んでいる方のお口の中は、他の歯も歯周ポケットが深くなり、歯根も露出してグラついている場合が多いため、その状態でインプラントを埋入しても、インプラントの周囲の歯周組織が歯周病菌に侵されてしまいます。

歯周病菌がたくさんいる状態では、インプラントもまた抜けてしまった歯と同じ運命をたどることになりますので、インプラント治療前に必ず歯周病の治療を行わなくてはなりません。

歯周病は専門医療と毎日の歯磨きで治療します

歯周病は歯科医院での治療とセルフケアでかなり改善できます。歯茎がかなり減って歯根が露出している場合も、歯茎の再生治療によって復元させることが出来ます。

そこまで歯周病が進行していない場合には、一般的な歯周病の治療では、歯科医院で歯垢や歯石を除去する治療を受けると共に、ご自宅で正しい歯磨きを行って頂く必要があります。つまり、歯周病は歯科医院への通院だけで治るものではなく、患者さんのセルフケアが絶対に必要になります。

中度以上の歯周病の場合は、スケーラーという器具を使って歯周ポケットの奥の歯根に付着している歯垢や歯石を取り除きます。その後、歯根に歯垢がつきにくくなるように表面を滑らかに磨きます。これをルートプレーニングといいます。

歯周ポケットの奥の歯垢や歯石を除去するためには、歯ブラシは届きませんので、歯科医院でのクリーニングを受けていただきます。歯周ポケットのかなり深い部分に歯石がある場合は、麻酔をして歯茎を切開して歯石除去を行う場合もあります。

歯肉の炎症が酷く、腫れてぶよぶよした感触になり、歯磨きなどで出血してしまう場合も、

歯科衛生士による歯のクリーニングと、徹底した歯磨きなどのセルフケアで、歯茎がひきしまり、かなり改善させることが出来ます。

まとめ

インプラント周囲炎を防ぐためには、まずインプラント治療前に歯周病の治療を徹底的に

行う必要があります。また、インプラント治療後も歯周病やインプラント周囲炎を起こさないように、定期的な歯のクリーニングとセルフケアを継続していくことが大切です。