インプラント

インプラントと虫歯・歯周病の関係を教えて

インプラントと虫歯・歯周病の関係

 

抜けてしまった歯の代わりに、顎の骨に人工歯根を埋め込むという治療を、インプラントといいます。「インプラントは自分の歯ではないから虫歯にならないの?」「歯磨きしなくてもいいの?」という疑問がわいてきますが、実際にはどうなのでしょうか?

 

インプラントは虫歯になるの?

 

虫歯とは口の中の虫歯菌が歯についた糖質から酸を作り、歯のエナメル質を溶かしていく病気です。インプラントは上部構造と呼ばれる義歯の部分がセラミックなどの人工的なものなので、虫歯にはなりません。歯茎の中に埋まっている人工歯根はチタンという金属製で、これも虫歯菌に侵されることはありません。

つまり、インプラントの歯自体が虫歯になることはありません。

虫歯の心配がないなら歯磨きしなくても大丈夫?

 

虫歯にならないからといって、歯みがきなどのケアをしなかったり、適当にすればいいというわけではありません。インプラントの被せ物に歯垢がついたままになっているということは、隣の歯との境目にも歯垢がたまり、その部分に細菌が棲みついて口の中は大変不衛生な状態になってしまいます。

部屋を掃除しないとホコリがたまってアレルギーや喘息等につながるのと同じように、歯磨きが不十分な場合はお口の中に歯垢がたまって細菌が増えますので、歯周病や虫歯が発症しやすい危険な状態になります。 つまり、インプラントの周囲の歯が虫歯になってしまう危険が高まります。

歯垢を発生させないためには、歯みがきを丁寧に行うことが大切です。ぜひ正しいブラッシング方法を身につけてくださいね。力を入れすぎず、磨く場所によって歯ブラシの持ち方を工夫し、きちんと歯と歯の隙間に届かせることに気を付けて磨き残しが出来ないようにしましょう。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってご自身で丁寧にケアをしていただいても、歯垢が取れにくい、または取れない部分があるものです。特に歯石は歯みがきでは取ることが出来ません。歯科衛生士によるプロのクリーニングを定期的に受けていただくと虫歯や歯周病の予防に効果的です。

インプラント自身は虫歯になりませんが、お口全体の健康ということを考えると、お口全体を丁寧に歯磨きするように習慣づけてくださいね。

インプラントが歯周病になるって本当?

インプラントをケアせずに放っておくと、周囲の歯茎や骨が周囲炎という歯周病のような状態になってしまい、そうなるとインプラントを長持ちさせることができません。

インプラント周囲炎

インプラントは人工的に作られた歯根で、本来の歯の根っこがありません。人工歯根の部分には神経が通っていないため、インプラント周囲炎が進行してくると周囲の歯ぐきが腫れたり、出血などの症状が起こります。

周囲炎の症状がもっと進むと、骨に埋まっているインプラントがグラグラと動くこともあります。歯周病と同じような症状だと考えていただいて結構です。

インプラントを長持ちさせるためには治療後のケアがとても重要です。具体的には患者さん自身による丁寧な歯みがき等のセルフケアと歯科医院での定期検診です。

まとめ

 

今回は、インプラント治療後において、もっともよく起こるトラブルである「虫歯」と「歯周病」についてご説明しました。このようにインプラント治療は、よく噛めるようになったからといってそれで終わりではなく、むしろその後のケアが重要です。

インプラント自体が虫歯にならないからと安心しないで、毎日丁寧に歯磨きすることはもちろんのこと、数か月に一度の歯科医院での定期検診も、欠かさないように受診することをお勧めします。