インプラント

金属アレルギーだと、インプラントは不可能?

金属アレルギーだと、インプラントは不可能?  
インプラントは、歯科医師が手術で顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入します。そのため、金属を顎に埋め込む手術が怖いというイメージを持たれる方が多いですよね。「金属アレルギーでも治療可能?リスクが高いのではないの?」とおっしゃる方にご説明いたしますね。

 

金属アレルギーはどうして起こるの?

 
金属について、少し専門的な話をしますね。

金属アレルギー発症と言っても、金属には様々あります。金属の種類には、貴金属と卑金属という二種類に分けられます。貴金属は、金や銀など主にアクセサリーに使用されており、言葉もご存知ですよね。対して卑金属は、亜鉛、すず、マグネシウムなど、実に様々な種類が存在します。

金属が肌の汗や唾液などの体液に触れることにより、金属がイオン化され、体内のたんぱく質と結合しようとします。それを免疫制御システムが除去しようとして、金属アレルギーを起こしてしまうという流れなのです。

ただ、アレルギー反応を発症する原因が、貴金属か卑金属が対象かという事は、患者様の体質によって異なります。つまり、一概に「金属アレルギーがあるからインプラント治療はできない」とは言い切れないのです。

インプラントの材質を詳しく教えて

 
インプラントの材質は、その多くが卑金属に分類されるチタン製です。
その昔、チタンは、「生体親和性が高く、骨と結合する(専門用語でオッセオインテグレーションと言います)」という事が判明しました。

それにより、インプラント体(専門用語でフィクスチャーや人工歯根と言います)には医療用チタンを使用する事が医療界においても常識となりました。チタンは人工骨や、人工関節、ペースメーカーにも使われており、多くの方の体内で安全に使用されています。

チタンがインプラント体に選ばれたワケは?

インプラントの模型  
チタンは耐食性や強度を保てる性質なので、強度な力のかかる噛み合わせにはうってつけと言えます。また、強度だけではなく、チタンは体に入っても生体親和性が高い特徴を持っています。

金属が入ると、身体が攻撃して異物を排除しようと炎症反応が起きるのですが、チタンの場合は、炎症反応が起きにくいのです。つまり、チタンのインプラント手術を行えば、天然歯と近い状態に欠損部位が回復すると思っていただいて構いません。

アレルギーになったらどんなトラブルが起きるの?

アレルギーの女性  
ただ、そうはいっても、わずかと言えど、チタンアレルギーになってしまう方もいらっしゃいます。どのような症状を引き起こすのか、具体的にご説明しますね。

金属アレルギーと言えば、手足にかゆみが生じる皮膚の発疹は、イメージしやすいのではないでしょうか。ただ、それ以外にも口唇炎と呼ばれる唇の皮のめくれや唇に炎症が起きたり、扁平苔癬(へんぺいたいせん)と呼ばれる、口腔内の頬の粘膜に白い筋が見られ、潰瘍や接触痛などの痛み、食べ物がしみるというケースがあります。

アレルギーを起こさないためにはどうすればいいのか?

 
では、手術後にチタンアレルギーでインプラントを取り出さなければいけないという悲しいトラブルにならない為には、どうすればいいのでしょうか。

可能性があるかもと思われたら、是非、医院で治療前にパッチテストや採血をして、アレルギー検査をなさってください。設備が揃っていなければ、他の皮膚科専門のクリニックで検査を受けることになるかもしれません。歯科医師としましても、何も不安や疑問のない状態、で患者様が手術を受けられることを願います。

まとめ

 
インプラント治療においては、金属アレルギーになるケースのほうが圧倒的に少ないです。

ただ、チタンアレルギーをお持ちと治療前に判明すれば、別の治療法を担当医は提案できます。患者様が安心してインプラントの治療を受けられるように、歯科のスタッフが事前のカウンセリングなどで検査をご案内できるクリニックであれば、患者様はよりその歯科医院を信頼できるのではないかと思います。

ひょっとしたら近い将来、チタン以外の素材がいくつか増え、患者様はそれらを選択できるインプラント治療になっているかもしれませんね。