インプラント
入れ歯とインプラントの比較
Compare dentures and implants

入れ歯とインプラントはどう違う?

虫歯や歯周病のために歯を失ったときの治療は、保険のきくブリッジや入れ歯がまず選択肢としてあげられます。ここでは入れ歯とインプラントの違いについて比較しながらご説明します。

インプラントは失った歯の代わりに顎の骨にネジのような形状の人工歯根を埋め込み、その上にセラミックなどで作った被せ物をかぶせて歯の機能を回復させる治療です。

1本から治療出来、全ての歯を失った場合にはオールオン4という治療法があります。

一方、入れ歯は部分入れ歯総入れ歯に分けられます。インプラントは自費診療ですが、入れ歯には保険適用と自費診療のものがあり、快適さを求めるならば自費の金属床やバネのない入れ歯を選ぶことが出来ます。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯を様々な項目について比較してみましょう。

1.費用面

インプラントは自費診療で当院では1本36万円+消費税(ハイブリッドセラミックの場合)です。

入れ歯は保険適用で可能ですので、入れ歯で補う歯の本数によって数千円から2万円程度で作ることが出来ます。自費診療の入れ歯は高額ですが、入れ歯のデメリットと考えられている様々な点が改善されています。

2.審美的な見た目

見た目の美しさではインプラントが優れています。部分入れ歯は金属のバネを隣の歯にひっかける構造ですので、バネが見えてしまう場合が多いです。自費診療の入れ歯の場合は金属のバネを失くして歯茎と同じ色で作ることが出来ます。

3.隣の歯を傷めてしまう危険があるか

他の歯を傷めないということではインプラントが勝っています。インプラントは顎骨にインプラント体が埋まっていて自立しています。しかし部分入れ歯は他の歯にバネをかけて支えてもらわなければ安定しません。バネをかけた歯は負担がかかりますので、それ以外の歯と比べると寿命が短くなってしまいます。

4.噛みやすさ

噛みやすさの比較ではインプラントが優れています。入れ歯は強く噛む力が出ませんが、インプラントは骨に固定されているため強い力で噛むことが出来ます。

5.手術が必要かどうか

入れ歯は手術の必要がありません。しかしインプラントは顎骨にインプラント体を埋め込むための手術が必要になります。

6.治療期間の長さ

治療期間の比較では入れ歯の方が期間が短く、数回の通院で完成します。インプラントは人工歯根が顎骨に固定されるまでの間は待ち時間となり、固定が確認されてから上部構造を取り付けますので、治療が終わるまでには何カ月もかかります。

 

入れ歯

歯を失われた時「入れ歯」か「インプラント」か迷われると思います。
入れ歯・インプラントそれぞれのメリット・デメリットをご説明します。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯

入れ歯のメリット

  • 比較的簡単に治療が受けられる。(小さい入れ歯の場合。大きい入れ歯は別)
  • ブリッジのように、歯を削らなくていい。
  • 取り外しが出来るため、自分では歯磨きが困難な方は衛生的。
  • 保険が絶対に効きます。(ただし、材質には限度あり)
  • 食事の力の負担を、バネがかかった歯と入れ歯の下のアゴの骨の両方が受けるので、ブリッジよりも歯に優しい

入れ歯のデメリット

  • 口の中でがたつきやすく、違和感が強い
  • バネの架かる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる。
  • 食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。
  • 硬いものやお餅など、噛むのに苦労する。(噛む力が出にくい)
  • 発音しづらくなる事がある。
  • 食後に取り外して手入れをする必要がある。
  • 臭いが付きやすく、口臭の原因になる
  • 総入れ歯だと、外した時にお顔がしぼんで老けて見える(アゴの骨がやせてる為)
音量を調整してご覧ください

上記の入れ歯の留意点(短所)を
改善した治療方法

↓

インプラント

自分の歯の様に噛むことができる。
他の歯に負担をかけない。
あごの骨がやせるのを防ぐことができる。

入れ歯でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント

インプラントのメリット

  • 自分の歯のような感覚で噛む事ができる。
  • 噛む力が天然の歯より強い。
  • 入れ歯のように、粘膜を覆わないので味覚が変わらない
  • 入れ歯は残りの天然の歯に金具をひっかけるので、その歯に負担をかけるが、インプラントはひっかけないので当然残りの歯に負担をかけない。
  • 入れ歯のようにバネがないので、見た目が非常に良い
  • インプラントがある部分のアゴの骨がやせるのを防いでくれる。

インプラントのデメリット

  • 歯を抜く場合と同程度の手術が必要。(大きな欠点ではない。)
  • 重度の糖尿病など持病のある方は治療ができない場合がある。
  • 自費診療なので費用が高くなる。(ただ、自費の入れ歯とは同等で医療費控除の対象になる。)
  • 入れ歯より、日にちがかかる(即時荷重インプラントは別)。ただし回数は変わらない
  • 長持ちさせるにはインプラント周囲炎(歯周病)の予防が大切。

入れ歯に代わるインプラント

インプラント

インプラントは第2の永久歯と呼ばれており、自然な見た目で、もう一度歯が生えるのと同じ感覚で噛めます。

天然の歯よりも噛む力は強く、ほぼ何でも噛めます。入れ歯のわずらわしさから開放されて、若返る方が多いです。

歯を失って歯の本数が少ない方は、健康な歯が何本も残っているh型と比べて平均寿命も短いことが証明されています。失った歯をインプラントで補えばその問題は解決します。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントを入れた後は歯医者のメンテナンス(定期健診)を欠かさず、大切に使用して下さい。

入れ歯で苦労されたあなたへ
入れ歯から解放されたいと思いませんか?

想像して下さい。
あなたが、入れ歯ではなく、自分の歯で何でも食べている時のことを。

家族や友人の前で何にも気にすることなく、おいしい物を食べられる。食べたくても食べられなかった物が食べられる。入れ歯から解放されると素晴らしいですよね。

しかし、何でも咬める入れ歯を作るのは簡単ではありません。

入れ歯にはたくさんの克服すべき問題があります。入れ歯の問題が克服できたらどうなるでしょうか。きっと楽しい人生を送れます。

入れ歯のこんなお悩みはありませんか?

・入れ歯を外すと、顔がしぼんだ状態になって老けて見える。

・すっかり人相が変わって見える。

・せんべい、漬物など硬いものが食べにくい。

・肉やパンなどが噛み切りにくい。

・噛み心地を感じられない。

・お孫さんから口が臭いと言われる。(実は入れ歯のせいだった)

・口臭がするのではないかと気になり、人と話すのが怖くなる。

・食後に入れ歯を外して洗わなくてはならないので、外食や旅行が億劫になる。

・入れ歯であることを、他人には知られたくない。

入れ歯の利点・欠点

歯の型取りをして、歯科技工士さんが入れ歯を作り、口の中にはめる。それが入れ歯です。入れ歯にもメリットとデメリットがあります。

入れ歯の利点

入れ歯の利点は、まず、比較的簡単に治療が出来るということです。小さい部分入れ歯であれば、型取りをして作って入れるだけです。

ところが、実際には大きい入れ歯や総入れ歯は、作るのが難しいです。

例えば総入れ歯で、ぴったりして違和感も少なく、硬い物も噛める入れ歯を作るのは、実際にはかなり難しいのですが、部分的な小さい入れ歯であれば、比較的簡単に治療はできます。

2番目に、入れ歯は、ブリッジのように両隣の歯を削らなくていい。バネをひっかける必要はありますが、歯を削るわけではないので、歯を削ることは免れる、という利点があります。

入れ歯のバネ

3番目として、保険がききます。こういうメリットがありますので、入れ歯という選択肢も当然考えられます。

入れ歯の欠点

1.違和感が強い

入れ歯には欠点もあります。まず、口の中でがさつきやすく違和感が強い。

これは、入れ歯の違和感にはいくつか種類があり、単純に大きさが大きいこと、厚みが分厚いこと、それに加えて、少しがたつくということも、違和感になります。

2.硬いものが噛みにくい

食事をする女性

実際にぴったり合った入れ歯であれば、硬いものでも噛めますが、ぴったり合った入れ歯であっても、天然の歯の5分の1しか噛む力が出ません。

3.発音がしづらい

上顎の入れ歯で分厚い場合、舌の動く範囲が減りますから、発音しづらくなるということがあります。

4.患者さんご自身が取り外して洗う必要がある

せっかくご家族ご友人で外食に行ったのに、入れ歯の間に物が挟まって、席を外して洗いに行かなければならないということが起こる場合があります。

5.入れ歯を外したときに老けて見える

入れ歯を外すと顔がしぼんで老けて見える(人相が変わる)ということです。

総入れ歯の方もそうですが、総入れ歯を外してしまうと、唇の上に縦じわが寄ったりして、人相が変わってしまうということがあります。

6.口臭の原因になる

口臭を気にする女性

入れ歯は臭いがつきやすく、口臭の原因になるということがあります

入れ歯は樹脂で出来ています。樹脂はプラスチックです。プラスチックは吸水性があって水を吸いますから、どうしても臭いが付きやすいです。

7.バネのかかる歯は負担が大きい

入れ歯のバネ

入れ歯は両サイドの歯にバネをひっかけることによって機能していますので、両サイドの歯にどうしても負担がかかります。

そのため数年でぐらぐらしてきて、グラグラすると、余計に歯周病のばい菌も感染しやすくなって、抜けやすくなるということになります。

その他の健康面の問題点

他の歯に負担をかけたり、あごの骨がやせてきたりします

  • ・バネを掛けた歯に負担がかかり、数年でぐらぐらになり、だめになることが多い
  • ・入れ歯をしていてもアゴの骨がやせるのでその都度、入れ歯に肉盛りをしないといけない。
  • ・アゴの骨は永遠にやせていき、ついには入れ歯がまったく合わなくなることも多い。その場合は、入れ歯を外し、食べ物を丸のみすることになり、寿命も縮まる
  • ・食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。
その他の機能面の問題点

入れ歯が合わなくなるとこんな問題が起こってきます

  • ・入れ歯を入れて噛むと痛い。(アラレなどは、くずが入れ歯と歯ぐきの間にはさまって痛い。)
  • 噛む力が出にくいので、お餅などを噛むのに苦労する。(硬いせんべいやするめ、漬物などは入れ歯の前歯では噛み切れない
  • ・基本的に、噛む力が弱く(天然歯やインプラントの5分の1)、硬いものが食べにくい。(硬いものを食べる時はあらかじめ小さくしておかないといけない。)
  • 熱を感じにくい。(熱いものや冷たいものがおいしくない。熱いものを飲む時は気を付けないとやけどする。)
  • ・歯ぐきが入れ歯で覆われていて、食べ物の味を感じにくく、おいしくない。
  • ・上の入れ歯が落ちてきたり、下の入れ歯は安定が悪く食事中にがたついたり、動いたり、たわんだりして食べにくい。何もしないでも動くこともある。
  • ・入れ歯が合わなくなってくると口を開けたり、話をするとはずれることがある
  • ・入れ歯のバネがあたって痛い
  • ・バネを掛けてる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる。
  • ・取り外しの時に歯ぐきにこすれて痛い
  • ・入れ歯の取り外しが困難
  • ・入れ歯の厚みによる違和感が大きく、お口の中がせまく感じる。(金属床なら違和感少ない)
  • ・ほっぺたや舌を噛む。
  • ・洗っても臭いがつきやすい。(口臭の原因にもなる)
  • ・入れ歯がこわれやすい。
  • 言葉をうまく発音できず、人前に出たり、話をするのが億劫になる。
  • ・歌が歌いにくくなる。
  • ・口の中でがたつきやすく、違和感が強い
  • ・がたつく時は入れ歯安定剤を使うが、安定剤は気持ち悪く、後で取るのが大変。
その他の精神面の問題点

人の目を気にしてしまうことが増えてしまいます

  • ・部分入れ歯は歯にひっかけるバネが金属であり、結構目だってかっこ悪い
  • ・食事後、入れ歯を外して洗わないといけないので、外食や旅行がしにくい
  • ・入れ歯をはずすと顔がしぼんでふけて見える。(人相が変わる)
  • ・入れ歯のイメージが、年寄りくさい、精神的に入れていること自体がいや
  • ・食事がおいしく感じられない。
  • ・バネと歯の間に食べ物が入りやすく、取り外して掃除が必要。
  • ・違和感に慣れるのに時間がかかる。結局慣れないときもある。
  • ・取り外して手入れをするのがめんどくさい。

入れ歯をしっかり固定する方法

インプラントで全部の歯を作る方法

インプラントや入れ歯についてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富・初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00
日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

説明会