インプラント

インプラントは20代~80代でも可能!?年齢制限は?

インプラントは20~80代でも可能?年齢制限は?  
虫歯や歯周病などで抜歯しなければならなくなった時は、ブリッジや入れ歯、インプラントという治療方法から選ばなければなりません。噛む幸せや耐久性などを考えて、インプラントという治療法に傾きかけた時、「インプラントって年齢制限あるのかな?」と疑問に思われる方もおられます。今日は、インプラント治療の際の制限についてご案内します。

 

インプラントって若い人がするもの?

 
インプラントという言葉を聞くと、どのようなイメージをお持ちですか。

一般的に、ご高齢の方がされる歯科治療というイメージをお持ちなのではないでしょうか。テレビでインプラント関連のCMが流れると、たいていシニアの患者様や白衣のドクターが出てくるように感じます。

でも、インプラントは、シニアの方に限らず、お口の成長を終えた20歳以上の年齢であれば誰でも受けられる診療です。もちろん費用面の問題があるなど、お若い世代には現実的ではないと思われるのかもしれません。

実際に20代の方でこのようなお話がありました。
虫歯になって歯医者に通院したけど、その歯科医院での嫌な体験が重なって、通うのが嫌になったそうです。歯が悪くなっているのは分かるけどクリニックが怖いと悩まれるうちに、奥歯を抜歯しなければならなくなって、気づいたら複数本の奥歯を失っていたというケースがありました。

つまり、若くてもインプラントを検討される症例は少なくないのです。

インプラント高いからお金足りるかな?

 
ただ、インプラントはやはり他の自由診療と比べても、料金が高いですよね。それがデメリットになり、歯の治療にそこまでお金をかけられない方にとっては、選択肢から外される原因となります。

しかし、インプラントを行う歯や、他の歯の健康という面では、インプラントにメリットが多い事も確かです。ブリッジや入れ歯は保険適用も可能ですが、他の歯へのリスクを高めることにつながるからです。

通常、ブリッジは両隣の支台となる天然歯を多く削らなければいけません。結果的にブリッジの支台の歯も数年後に抜歯する可能性が高いです。また、入れ歯は顎の骨を痩せさせる為、結果的に他の歯のぐらつきというトラブルを起こすからです。

お金が足りないかもと心配される方は、無料カウンセリングの際にスタッフにご相談ください。当院のように手数料がかからない分割支払いを設定しているクリニックはありますし、金利はかかるけど回数が多く分割できるデンタルローン、クレジットカードなど、さまざまなお支払いができる歯科医院は多いです。

インプラントって高齢でもできる?

 
インプラントは、高齢でも可能なのかと尋ねられることがあります。結果的に言えば、耐えることができる手術です。

インプラント治療をすると、咬む機能が戻ることで食事が楽しくなり、人と会う事が億劫ではなくなります。手術と聞くと大仰ですが、全身麻酔や入院が必要なものではありません。還暦を迎えた60代の方、70代や80代の方でも、口腔内の歯肉組織や全身状態などの良い条件が十分揃っていると歯科医師が判断すれば、可能な治療法です。

年齢の他に病気の制限とかある?

 
インプラントをされる際は、歯周病などの歯肉組織や全身状態が大丈夫かどうかがポイントだとご説明しました。「全身状態って?具体的に教えて」と思われるので、ご紹介します。

糖尿病や膠原病、リウマチ、骨粗しょう症の疾患をお持ちの方、放射線治療を行っている方や、ビスフォスフォネートの服用中の方には、残念ながらインプラント治療をおすすめできません。ビスフォスフォネートって聞きなれない方が多いと思いますので、ご説明しますね。

ビスフォスフォネートは、骨粗しょう症や腫瘍の骨転移を防止するために用いられる薬ですが、乳がんの症例にも用いられることもある薬です。下記にも詳細が載っておりますので、ご参照くださいね。該当する慢性疾患があるけれど、どうしてもインプラントをされたい方は、その疾患の担当医に確認をとってください。

まとめ

 
いかがでしたか。今回は、インプラントが治療可能な年齢についてお伝えしました。口腔内や全身状態に問題がないとドクターが診断すれば、インプラントは若くても、お年を召されても可能な治療方法であります。歯を失くして困っている方に、是非この情報が参考となれば幸いです。