インプラント治療前・治療後の疑問

インプラントの検査はどんな風にするの?

インプラントの検査はどんな風にするの?

インプラント埋入のために重要な顎の骨の状態や形状などは、レントゲンや3DCTを用いてより細かく精密に検査します。そして検査結果をもとに、安全に手術を行うための治療計画をたてていきます。

顎や口腔内の検査

 インプラント治療前の検査

顎や口腔内の検査は、まず「視診」と「触診」を行います。口腔衛生状態と残存歯の状態、歯周病や虫歯の有無と進行、歯並び、噛み合わせ(咬合)、欠損部の骸骨の状態、それを覆う口腔粘膜の状態などを検査します。

また、インプラント体のリスクファクター(危険因子)に関わる歯ぎしり・顎関節症・口腔内乾燥性等についても検査します。

インプラント治療を行う際に最も重要なのは、患者さんの歯槽骨の状態を把握しておくことです。歯槽骨にインプラント体を埋め込むわけですから、それを受け入れるだけの十分な厚み・高さ・幅・硬さ・形態が備わっていることが重要です。

歯周病の診断として、「歯周ポケット」の測定を行います。歯と歯肉の境目にある溝が歯周ポケットで、歯周病が進行するにつれ歯周ポケットが深くなります。

プラーク(歯垢)や歯石のチェックも行います。プラークとは細菌の塊、歯石はプラークが硬くなったもので、歯周病や虫歯のリスクを高めます。歯周病や虫歯などがある患者さんは、インプラント治療の前に、歯周病や虫歯の治療を優先して行います。

模型での検査

患者さんの歯型をとって、診断用模型を制作します。模型検査で、欠損部の幅・高さ・長さ・形態等の状態、上下顎の関係などを検査します。それらを踏まえて、インプラント体の埋入本数や埋入位置などを模型上で検査します。

X線検査

インプラントの検査 レントゲンとCT

歯槽骨の状態を把握するために、まずX線を用いた画像診断を行います。パノラマX線検査は外側から撮影し、口の中の全体像を観察します。デンタルX線検査は、薄いフィルムを口腔内に入れて部分的な撮影をすることができます。

どちらもデジタル化されており、診療チェアサイドまたはカウンセリングルームのモニターに映し出されます。

歯科用3DCTは全身用CTの1/10の被ばく量で、これはたとえ365日毎日浴びても健康に影響が出ない安全な量です。歯科用デジタルCTでは顔や顎の解剖学的構造、口腔内の状態が3Dで確認でき、歯槽骨の厚み、高さ、骨質、骨量などを見ることが出来ます。

歯科用CT

3DCTではお口の状態が立体的に解析でき、インプラントをどこに埋入するべきか、骨造成がどこにどれくらい必要か、またどの部分に重要な血管や神経が通っているかなども正確にわかります。

また顎の骨のそばには大きな血管や重要な神経が通っているため、うっかり傷つけるようなことがあってはなりません。事前に詳細に検査することで、より安全な手術が実現できます。

この術前の精密検査のデータを元に、インプラントの正確な埋入位置や深さ、角度を検討し、また口腔内模型を作って顎の骨の状態や厚み、歯茎の状態、噛み合わせなども確認していきます。

10年前にはCTデータなしでインプラント手術をする歯科医院がありましたが、現在ではインプラント手術を行っている多くの医院が歯科用CTの設備を持つようになり、より正確で安全な治療計画を立てることが出来るようになりました。

インプラント体埋入のシミュレーション

最近ではコンピューターを利用してインプラント体埋入のシミュレーションが行われるようになってきました。CT撮影で得られた情報を画像処理し、コンピュータ上でいろいろな角度からの画像を組み合わせ、多平面及び立体的にシミュレーションします。

シミュレーションは以下のような手順で行います。

  1. 骸骨を多平面及び立体的に詳細に観察する。特に上顎では、「上顎洞」「鼻腔」「切歯管」の解剖学的位置を確認する。下顎では、「下顎管」「オトガイ孔」「口底部」の解剖学的位置を確認する。
  2. 埋入するインプラント体の種類・サイズ・本数・ 位置・角度などを検討する。
  3. アバットメントの種類・サイズ・深さ・角度などを検討する。
  4. 上部構造の様式を検討する。
  5. 骨移植など各種手術をする必要があるかどうかを検討する。

以上に基づき、手術計画を立案するという流れになります。

慎重に治療計画を立てることで、患者さんへの負担の少ない、より安全な手術が可能となります。

まとめ

インプラントの術前の検査から治療計画の立案までの流れをご説明しました。検査結果のご説明に加えて治療の流れや手術方法、費用などもご説明し、様々な面から検討して最終的な治療計画を決定します。