インプラント

天然の歯のようによく噛めますか?

インプラントは天然歯のようによく噛めます

最近テレビ等で話題になっているインプラントですが、そもそもインプラントという言葉は、「埋め込む」という意味になります。顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、歯根の代わりにするというのが「インプラント=良く噛める」ということの理由です。

天然の歯のようによく噛めます

インプラントが開発される以前の歯科治療では、歯が抜けてしまったときの治療は、入れ歯かブリッジでした。どちらの治療も、歯の部分は回復出来るのですが、歯の土台となる歯根はない状態で、両隣の歯で人工の歯を繋いで支えるという仕組みでした。

インプラントは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、骨としっかり結合させるという、これまでにない画期的な治療法として登場しました。

インプラント模型

ブリッジ、入れ歯の場合、噛む力は天然の歯の半分くらいといわれていますが、インプラントは骨に固定されているために、治療後はまるで天然の歯のようにしっかりと力を入れて噛めます。

この点が、ブリッジや入れ歯とは大きく異なる点です。

特に入れ歯の場合は、装着した時に違和感を感じる方が多く、噛み難いということも良く言われます。ぴったりとフィットして特に問題がない方もおられるのですが、全体的に違和感と噛み難さに問題を抱えておられる方が多いです。

ブリッジの場合は、治療後は両隣りの歯でしっかり支えられているために違和感はないのですが、義歯の部分はやはり歯茎に固定されていない為に浮いた形になりますので、噛む力は出にくいようです。何でも噛めて食事が快適に出来るという点では、インプラントが優れていると思います。

インプラントはシンプルで理にかなった治療

インプラントの構造

入れ歯やブリッジと比べて、インプラント治療の考え方はとてもシンプルです。歯が抜けてしまった部分の骨に、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるというものです。

昔は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという技術がなかったために、歯が抜けたあとはその両隣の歯を使って義歯を支えるという考え方でしたが、インプラントの場合は、両隣の歯は触らずに、失った1本の部分のみの治療となります。

人工の歯の部分はセラミックで作成しますので、両隣の天然の歯と同じ色で作成できます。見た目は、セラミックのかぶせ物や、差し歯と同じ感じで、とても美しく仕上がりますので、治療後はインプラントをしているとは全くわかりません。

このように、インプラントはとても自然で、理にかなった治療です。外科手術が必要になりますが、人工歯根を1本埋入するための身体の負担は、健康な歯を1本抜歯するのと同じ程度ですので、怖がらなくても大丈夫です。

インプラントのもう一つの大きなメリット

インプラントは、失った歯の代わりになるものですので、治療を希望される方は、歯のない部分にきれいな歯が入るというイメージをおもちだと思います。もちろん失った歯の代わりに、第二の永久歯とも呼ばれる程きれいで良く噛める歯が入るというのは、インプラントの大きなメリットではありますが、それ以外にも、他の残っている歯を傷めずに保護するというメリットがあります。

歯を失うと、噛み合わせが悪くなります。インプラント治療によって噛み合わせが回復すると、それは口の中のみならず、全身の健康に繋がります。実際に、歯が悪いせいで肩こりが起こったり、骨格が歪んだりするのです。歯を治療するとこれらのお悩みが治った、というお話をよく耳にします。

まとめ

インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込むため、しっかりと骨に肯定されて良く噛めるようになります。しかし保険がきかない自由診療ですので、保険治療と比べるとどうしても高額な治療になります。安心して治療を受けて頂く為に、保証期間を設けている歯科医院が殆どだと思います。インプラント治療をお受けになる前に、保証についてもしっかりと確認しておきましょう。

そしてインプラント治療後は、大切な歯を失わない為に、予防を中心とした歯科医療を受けていただきたいと思います。歯が悪くなってから歯科に駆け込むのではなく、日頃から歯みがき等のケアをご自身の手で行い、数か月に一度、予防のための健診をぜひお受け下さい。