費用・治療費

インプラントは健康保険が使えないの?

インプラントは健康保険が使えないの?  
歯科治療の中でもインプラント治療は非常に高額なものです。入れ歯が合わなくて困っているのに、保険でインプラント治療を受けられないのでしょうか? 今回はインプラントと健康保険についてお話します。

 

保険診療と自由診療の違い

 
インプラント治療を考えておられる方の中でも、治療費が高いという理由で迷っておられるケースが多いです。それというのも、インプラント治療には保険がきかないからです。

一般的に虫歯や歯周病などが原因で歯を失った場合は、インプラント治療には健康保険が適用されません。それは、健康保険適用になるのは「必要最小限の治療」であり、インプラントは保険で認められていない特別な治療法に該当するからです。

そのため、歯科医院によってインプラントの治療費はまちまちで、使っているインプラント体のメーカーなどによっても値段が違ってくる場合が多いです。

●保険診療とは

健康保険が適用される診療のことで、保険で決められた治療方法や材料を使わなければなりません。虫歯の治療の場合では、削った部分にプラスチックを詰めるレジン充填、金属の詰め物・被せ物、ブリッジ、神経の治療、抜歯等が保険適用の治療となります。

●自由診療とは

自由診療は保険の適用されない治療方法や材料を使用した場合の診療で、患者さんと歯科医院で契約を結び、治療内容と金額が決まります。

自由診療の材料の代表的なものはセラミックの詰め物・被せ物です。柔らかい樹脂で歯にフィットするように作られた入れ歯も保険適用外となります。インプラントも自由診療に含まれ、保険適用外の材料を使って噛む機能や見た目の美しさに重点を置いた治療は自由診療となります。歯列矯正も自由診療に含まれます。

インプラントが保険適用外の理由

 
インプラントは保険適用外の治療です。保険治療は原則として日常生活に支障をきたすような症状があるときに行う最低限の治療に適用されますので、高度な治療には適用されません。

歯が抜けてしまったときに、ブリッジや入れ歯という、保険のきく治療法があるために、インプラントは必ずしも必要な治療ではないとされているのです。インプラント治療がブリッジや入れ歯に比べて優れていることは、一般の方にも広く浸透してきました。しかし、保険がきかないということが、インプラント治療を躊躇する大きな理由になっています。

インプラントがブリッジや入れ歯と比べて良い点は、天然の歯と殆ど変らない自然な噛み心地と、見た目の美しさにあります。それに加えて、ブリッジや入れ歯のように隣の健康な歯を削ったりいためたりすることがありませんので、歯全体の健康のためにも優れています。

医療費控除を使って少しでも治療費を安くしましょう

 
インプラントは自由診療ですが医療費控除や高額療養費制度の対象ですので、制度をうまく利用することで治療にかかる費用を軽減することができます。

確定申告の時期になりますと、サラリーマンの人にはあまり関係ないと思われがちですが、実はインプラント治療は自由診療でも立派な医療費ですから、医療費控除の対象となります。例えば、自分や家族が通院や入院、手術などで医療費の合計が10万円を超えるかどうかという年に、インプラント治療を受けることで、その治療費分が医療費控除に使えて所得税から還付されます。

医療費として支払った金額がまるまる戻ってくるわけではありませんが、しっかり申告をすれば高額な治療だけに還付があります。タイミングによって損得があるということは覚えておいてもいいと思いますよ。

まとめ

 
今回は、健康保険外であるインプラント治療の費用を、少しでも軽減する方法についてご説明しました。

当院では、無料でインプラントの初診相談を行っています。専門医があなたの場合の治療方法や治療期間、気になる治療費についても詳しくお話しますので、インプラントをしようか迷っておられる方は、ぜひ専門医の話をきいてみてくださいね。