インプラント

インプラントは永久歯の先天性欠如の強い味方って本当?

インプラントは永久歯の先天性欠如の強い味方  
近年、永久歯の中で数本生えてこない歯があるお子さんが増えてきました。そのような状態を永久歯の先天性欠如といいます。乳歯が永久歯に生え変わることが出来ないため、乳歯を大切に長く使うことになりますが、大人になると乳歯は自然に抜けてしまう場合が殆どです。そんな時に歯を補う治療法としてインプラントが注目されています。

 

先天性欠如歯とは?

 
乳歯のままで永久歯が生えてこない歯のことを、先天性欠如歯といい、昔はとても珍しかったのですが、最近では若い方の中にみられるようになりました。

先天性欠如歯の方は、乳歯をしっかりとケアして虫歯にならないように気を付けながら保たせることになるのですが、あごの骨に乳歯が吸収され、抜かなければならないという方もおられます。その場合、抜けた歯の部分にインプラントをするという治療法が、近年よく行われるようになりました。

インプラントの場合は、抜けた歯の左右の歯に負担をかけるとなく治療できるのが何よりも利点と言えます。ブリッジにすると、左右の歯で抜けた部分の義歯を支えることになるので、左右の歯を削らなければなりませんし、そのブリッジも個人差はありますが、8~15年くらいで支えの歯が虫歯になるなどして、治療をやり直さなければならないことになります。支えの歯を抜かなければならなくなることも多いのです。

先天性欠如歯の方は20~30才位で乳歯を失うことが多く、まだお若いため、部分入れ歯という選択肢を選択される方は殆どおられません。そこでインプラント治療が注目されることになるのですが、インプラント治療は保険のきかない自由診療であるため、他の治療法よりも費用がかかり、そのための準備が必要となります。

子どもの10人に1人は永久歯に先天性欠如がある?

 
近年、子どもの歯並びが悪くなる一方です。それは食生活が変わって硬いものをあまり食べなくなった結果、顎の骨が発達せず、小さな顎に全ての歯が並びきらないためだと言われています。

永久歯に先天性欠如があり、永久歯が生えてこない部分のある子どもも増えてきています。日本小児学会の公開講座では2010年の段階で、1本以上の永久歯が生えてこない子どもが10%いるという調査結果が発表されています。
10%といえば10人に一人ですから、かなりの確率になりますね。

永久歯に先天性欠如がみつかったらどうしたらいい?

 
このような永久歯に先天性欠如があって永久歯が生えてこない場合は、その部分の乳歯を大切に一生使うことになります。ただし、大事にしても乳歯が一生もつことは極めてまれで、大体は大人になる頃にはぐらぐらし始め、抜けてしまうことが多いです。

その後は入れ歯やブリッジをしなければならないかというと、近年ではインプラントをする方が増えています。入れ歯をするには若すぎるし、ブリッジは健康な歯を2本削らなければならないというのがその理由です。ただし、インプラント治療を受けるには成長期が終わっていなければなりません。だいたい16才くらいからインプラント治療が可能になります。

大切な乳歯が抜けてしまった場合はすぐに治療しましょう

 
乳歯が残っている間は問題無く噛めますが、抜けてしまってからは速やかに治療して歯のない部分を補わねばなりません。何年も放置すると隣の歯が空いたスペースに倒れてきたり、全体の咬み合わせが悪くなることがあります。若い方の歯周組織は柔らかいため歯が動きやすく、注意が必要です。

何れにしましても、永久歯に先天性欠如がある場合は定期的に受診し、歯科医師の指導のもとに日常生活を送っていただくのがよいと思います。

ちなみに、先天性欠如の原因はわかっていません。栄養が足りないからとか、人間の顎が退化していっているから等と言われていますが、実際には原因不明とされています。そのため予防も出来ない状態にあります。

まとめ

先天性欠如歯は生まれつきの疾患で、患者さんご本人には原因も落ち度もありません。なぜ永久歯の先天性欠如が起こるのか、
原因が明らかになっていませんので、予防することも出来ません。

先天性欠如歯のご相談は年々増えていますので、何とか早く保険で十分な治療が出来るようにならないものかと常々思っています。