動画による解説

【動画】上の前歯にインプラントを埋入した症例を教えて

前歯のインプラント治療は、インプラントが埋入されて機能するだけでは不十分です。

前歯にインプラントを埋入する場合は審美的なセンスが求められますので、通常の埋入技術だけでなく、隣の歯や歯茎とバランスの取れた自然で美しい歯に仕上げるための技術が必要となります。

インプラント治療の実際の症例をご説明します。

30代でもインプラントになる原因って?

インプラント治療を受けられたのは30歳女性の方で、前歯が歯根破折といって歯の根が割れて膿が出ていたので、抜歯してインプラント治療をしました。

30歳くらいの若い方が歯を失う原因の第1番目は、実は歯周病ではありません。歯根破折といって歯の根が割れるのが一番多いです。歯根が何故割れるかといいますと、神経を取ってしまった歯は割れやすいのです。

神経がない歯は神経がある歯と比べて強度が弱いです。この方の場合は差し歯だったのですが、差し歯はとても歯の根が割れやすいです。差し歯については皆さんご存じでしょうか?

歯の構造

歯は横側から見ればこんな感じになっていますよ。差し歯は根本的に、歯の神経を取って神経のない状態にしてしまってから被せ物をかぶせるのですが、神経がない歯は歯の強度が弱いので、被せ物を取り付ける前にまず歯の中に土台を差し込みます。

歯の中に土台を差し込んで歯の強度を回復してから、被せ物をかぶせます。ですから、土台とかぶせ物をひっくるめて差し歯と呼んでいます。なぜそう呼ぶかといいますと、昔は土台とかぶせ物が一体になっていて、本当に差し込むように治療をしていたそうです。その名残があって差し歯と呼ばれています。今はそんな乱暴な治療はどこの歯医者もやっていませんが、歯の神経を取ったあとに土台を入れてクラウンをかぶせるのが差し歯です。

どうして差し歯が割れるかというと、食事した時に噛み合う反対の歯からの力がかかります。この力というのが、どこに集中するのかというと、土台の先に集中します。そのため土台にひびが入りやすいのです。

このひびはレントゲンではほとんど写らないですし、歯科用CTで撮影しても写りにくいです。虫歯でもないのに原因不明で歯が痛い場合は、歯の根が割れてしまっていることも多いです。

どんな風にインプラント治療したの?

この方は明らかに歯の根が割れている部分から膿が出ていたので、やむなく抜歯しました。

この方の場合は幸い膿の量が少なくて、歯を支える骨が十分にあったので、歯を抜いたと同時にインプラントを顎骨に埋め込む手術をしました。歯を抜いた日にインプラント埋入、これを抜歯即時インプラントといいます。

この方は抜歯即時インプラントができましたので、インプラントの上に、その日のうちにプラスチックの仮歯を取り付けています。抜歯した箇所にはインプラントが入っていて、プラスチックの仮歯が手術直後に入ります。

インプラントが骨としっかりと結合するのを待って、3ヶ月後にプラスチックの仮歯からセラミックの被せ物(上部構造)に変えて治療が終了しました。

インプラントは前歯の場合は歯茎を作ることができますので、審美性に非常に見た目のいい歯ができます。前歯2本を見比べてどっちがインプラントでどっちが天然の歯なのか、写真だけを見ると専門家でもわかりにくいです。この方は2年後でも綺麗な状態をキープしておられます。

インプラントの失敗例って?後遺症とか気になる

 

次に、少し古い新聞ですがあえて出させていただきます。2012年の新聞にこんな記事がありました。2009年から2011年の間にインプラント事故の報告が421件もあって、そのうちの4割にあたる158件で、顎の骨の神経麻痺が残ったという記事です。

どうして古い記事を出しているかというと、新聞にこれだけ大きく載ったのはこの時だけであり、この年にNHKのクローズアップ現代で1時間の特集番組が組まれ、ニュースでも頻繁に取り上げていたので出しています。では、この記事以降はニュースになっていないから事故はないかというと、つい最近も実際にありました。

週刊誌でも取り上げられましたし、こういう事故がないわけではないので、あえて出しています。こういうことがありますからインプラントにつきましては、不安な方がたくさんおられます。ですので、しっかりご説明します。

これも2016年の新聞で少し古いのですが、芸能人でもインプラントが失敗に終わることがあります。ですから、インプラントは失敗絶対しないという事はないです。インプラント治療を考えておられる方はご心配でしょうから、更にご説明します。