入れ歯にはしたくない方へ

入れ歯に対して心理的な抵抗のある方は多いです。

かといって、ブリッジはまず、両隣の支えになる歯がない場合は治療出来ませんし、支えになる歯を削らなければならないという問題もあります。

もう一つ、支えなければならない歯の数が多い場合、ブリッジでは支えきれない場合もあります。

例えば、一番奥の歯を失った場合には、治療方法としては入れ歯(部分入れ歯)かインプラントになります。

入れ歯は嫌だとおっしゃる方が多いのは事実です。
入れ歯は高齢者の使うものだという意識があり、心理的にとても抵抗があるようです。

そのような患者さんには、インプラントをお勧めしています。
インプラントは保険がききませんので、治療費は高くなってしまいますが、一番奥の歯を失った方で、入れ歯が嫌な方は、インプラントしか治療法がありません。

このように、歯を失った場合は、治療方法が限られており、どれかを選ばなければなりません。

どの治療法にも長所短所がありますので、じっくり考えてお決めいただけるよう、しっかりご説明しております。