インプラント

インプラントやマグネットデンチャーはどんな時に選べばいいの?

インプラントやマグネットデンチャーはどんな時に選べばいいの?

歯を失った方へのインプラントやマグネットデンチャーという治療についてご説明します。

インプラントやマグネットデンチャーがおすすめのケース

シニアのイメージ

歯を失ったといっても、前歯を1本失った方もおられれば、奥歯を連続で複数本失った方、飛び飛びに歯を失った方など、口腔内の状態は様々です。

また、歯が1本も残っていない方もおられます。歯を何本失っていようと、患者さんお一人おひとりにぴったりの治療法はあります。

入れ歯を使っているが満足できていない、または入れ歯を使っているが残っている歯への負担が気になる、入れ歯の見た目が悪くて気に入らないなどの患者さんにお勧めなのが、インプラントやマグネットデンチャー、そしてインプラント・マグネットデンチャーです。これらはより快適な噛み心地と違和感のなさを追求した新しい治療法です。

患者さんのお口の状態やご希望に合わせて、これらの治療方法を選択して用います。そうすることによってどんなお口の状態にも対応出来るようになりました。

失った歯の本数によって治療法を選ぶ

失った歯が1~2本の場合はインプラント

インプラント1本埋入

失った歯が1~2本の場合はインプラントによる治療がおすすめです。奥歯でも前歯でも、飛び飛びに数本のみ歯が抜けているようなケースでも、インプラントの良さが失った歯を補います。

失った歯がもう少し多い場合はマグネットデンチャーやインプラント・マグネットデンチャーの部分入れ歯

失った歯がもう少し多い場合は、マグネットデンチャーやインプラント・マグネットデンチャーによる部分入れ歯が歯をうまく補って咬合を回復させてくれます。

部分入れ歯では入れ歯を歯に固定するためにバネを歯にひっかける必要があります。しかしマグネットを使った部分入れ歯では、バネが必要なくなります。磁石の力で入れ歯を固定するため、バネなしでピッタリとした入れ歯に出来ます。

歯が2~3本しか載っていない場合もマグネットデンチャーやインプラント・マグネットデンチャー

歯を多く失ってしまって2~3本しか残っていない方にもマグネットデンチャーはおすすめです。歯が残っているものの状態があまり良くないというケースでは、その歯を削って歯根にマグネットを取り付けてマグネットデンチャーにすることが出来ます。

もし歯根だけしか残っていないという場合でも、歯根に磁石を取り付けることで総入れ歯タイプのマグネットデンチャーにも出来ます。

総入れ歯の方にはインプラント・マグネットデンチャー

歯が一本もない総入れ歯の方は、インプラント・マグネットデンチャーでかなり快適になります。

上顎の場合はインプラントを4~6本埋入してマグネットを取り付け、総入れ歯を安定させます。下顎の場合は2~4本のインプラントで総入れ歯が安定します。

安定感だけでなく、外れにくいのもマグネットデンチャーの特徴です。歯茎が退縮しているために入れ歯がどうしても安定しなかった方も、インプラント・マグネットデンチャーなら安定させることが出来ます。

まとめ

歯を失った場合の治療はブリッジ、入れ歯、インプラントの三種類となりますが、入れ歯とインプラントの良い部分を組み合わせたものがインプラント・マグネットデンチャーです。

興味のある方はお申し出いただくと、詳しいご説明をさせて頂きます。