オールオン4

オールオン4で失敗しない為、知っておきたい事とは?

オールオン4で失敗しない為、知っておきたい事とは!?

オールオンフォーという治療法はAll on 4、つまり「全ての歯を4本(ケースによっては6本)のインプラントの埋入により作成する」という技術です。

さまざまな理由で全歯を失った方にとっては、オールオンフォーは素晴らしい治療法といえます。ただ、失敗というトラブルが潜んでいることは否定できません。では、その問題を回避するためにはどうすればいいのかについてご説明します。

オールオンフォーとはどんな治療法?

オールオンフォーは4~6本のインプラントで支える

オールオンフォーとはどんな治療方法なのか、治療の流れに従ってご説明します。まず、4~6本のインプラントを顎の骨に埋め込みます。太い血管や神経を避けて斜めに埋め込む術式であることがオールオンフォーの特徴です。

オールオンフォーでは1つの総入れ歯のように全ての歯が連結されている上部構造(人工歯)を装着します。つまり、4~6本のインプラントで片顎の全ての歯を作ることが出来ます。そして手術当日に仮歯が入るのもオールオンフォーの特徴です。


手術から数か月たち、インプラントが骨と結合したことをドクターが確認したら、仮歯を外して、最終的には固定式の連結した上部構造(多くはセラミック製なので前歯も美しい仕上がりです)を入れて完成です。歯ぐきの部分は樹脂製で歯茎の色に似せて作られているため、周りから見ても違和感は少ないです。

オールオンフォーのメリットって?

メリット

オールオンフォーの最大のメリットは、手術日当日に仮歯が入るという事ではないでしょうか。通常のインプラントでは、人工歯根を埋入後約3ヶ月~半年程度、顎の骨とチタンが結合するのを待たねばなりません。前歯の場合は仮歯をおつけしますが、奥歯は仮歯なしで数か月過ごしていただく場合が多いです。その点、オールオンフォーは、一日で仮歯が入りますので、見た目はもちろん、お食事などに不自由しません。

見た目という審美性も上がりますので、患者様のQOLの向上にもつながります。QOLはクォリテイー・オブ・ライフの略で、生活の質という意味です。

他のメリットとして、身体にかかる負担も少ないのが特徴です。オールオンフォーは、即時荷重インプラントという術式で行っており、骨造成(サイナスリフト、ソケットリフト、GBRなど)や、二次オペなどの必要がありません。骨造成術を行うと完治までに半年以上かかるケースが多いのですが、オールオンフォーはその期間が要らないので、結果的に治療期間が短縮できます。

また、オールオンフォーを行う事で、咀嚼機能が高まります。今まで骨吸収のために総入れ歯が合わなくなり、皮膚のしわやたるみへと繋がっていた、老化のリスク要因を減らせます。今までお口に自信がなかったのに、周囲に見せられるように変化したことにより、気分が晴れて性格が明るくなり、アンチエイジングにも効果を及ぼす可能性があるといわれています。

オールオンフォーのデメリットって?

デメリット

オールオンフォーのデメリットは、インプラントと同様に、身体の慢性疾患によっては、治療ができないケースがあるということです。糖尿病や骨粗しょう症、高血圧、心疾患などを筆頭に、持病があって全身状態が安定していない方にはおすすめできません。

その他には、1本でも残った天然歯がある場合はその歯は抜歯しなければならない事、そして、オールオンフォーの料金は保険適用外の為、高額であるという事があげられます。費用が高いため、二の足を踏んでしまう患者様も少なくありません。

また、喫煙の習慣がある方は、インプラント治療をおすすめできません。なぜなら喫煙をすると、あごの骨と人工歯根の結合がすすまないからです。では、骨と結合するまでは禁煙できても、その後、喫煙習慣が戻るとどうなるでしょうか。

喫煙するとニコチンを摂取することになります。ニコチンには体内に入った異物に対抗するT細胞の生成を抑制したり、細胞内の樹状細胞の免疫機能を低下させるという報告があり、身体の免疫力を大きく低下させます。

ニコチンによって歯茎の免疫力が下がれば、インプラントが骨と結合しにくくなるばかりでなく、細菌にも感染しやすくなるため、インプラントの脱落の要因となる「インプラント周囲炎(歯周病のような炎症)」を起こしやすくなります。インプラント周囲炎になると、インプラントがぐらつき脱落という結果を招きます。手術をしてせっかく治療したのに、これでは意味がありません。

オールオン4にはどんな失敗のリスクがあるの?

オールオンフォーが失敗するケースは、通常のインプラント手術の場合にも起こり得るリスクに関するものが殆どです。

1.インプラントの埋入位置や深さや角度がズレた

オペを担当した歯科医師の技術不足により、インプラントが治療計画通りの位置や深さや角度で埋入できなかった場合、インプラントや上部構造への力のかかり方のバランスが狂い、噛み合わせがおかしくなるリスクがあります。

また、治療計画通りに埋入できなかった場合、血管や神経を傷つけるリスクもあります。

2.インプラントが骨と結合しなかった

インプラントは骨としっかり結合しなければしっかりとした歯が作れません。しかし様々な理由で、インプラント体と歯槽骨の結合がうまくいかず、インプラントが骨と固定されない場合があります。 インプラントが骨と結合しにくい理由として考えられるのは、以下のようなものです。

  • インプラントが適切な位置に埋入されていない・・埋め込む位置や深さや角度などが治療計画とずれてしまった場合は、骨とうまく結合しないことがあります。
  • 埋入時のドリルによるオーバーヒート・・インプラントを埋入するために顎の骨にドリルで穴を開ける際に、ドリルのふれた骨の温度が上がり過ぎた場合には骨にダメージを与え、インプラントが骨とうまく結合しないことがあります。

3.インプラント周囲炎になってしまった

インプラントは歯根膜をもたないため、感染にとても弱く、インプラントの周囲の歯茎が歯周病(インプラント周囲炎)になってしまうと進行が早くなります。

そのため毎日のセルフケアを丁寧に行ってインプラントの周囲に歯垢がつかないように気をつけると共に、数か月毎の歯科医院での定期健診を必ず受けていただくことが必要になります。

4.上部構造の色が思っていたよりも白すぎた

上部構造を作る際に、セラミックの色を決めるのですが、白い歯を好む方が多いです。自然な白さなら良いのですが、上部構造が白すぎると、笑った時などに歯だけが浮き出たように見えますので、程々の白さで作った方がお顔になじみます。

オールオンフォーを失敗しない為にはどうすればいい?

シニアの夫婦

では、オールオンフォーを失敗しない為にはどうすればいいのでしょうか。

オールオンフォーを行うのは上顎や下顎の片顎のみ、もしくは上下全顎の場合もあります。例えば上顎にオールオンフォーを行う場合、上顎洞や鼻腔を避ける事を徹底しなければなりません。歯槽骨を貫通してしまうと、蓄膿症や上顎洞炎という後遺症に悩まされることになるからです。

下顎に行う場合、下顎管と呼ばれる静脈や神経の通った部分を避ける事が必要です。誤って傷つけてしまえば、神経麻痺、もしくは出血が止まらない事故になりかねません。

では、オールオンフォーを成功するためにはどうしたらいいのか。

多数の症例を診療してきた歯科医院で、オールオンフォーの治療を受ける事が、危険を回避する方法と言えます。実績や経験がある担当医、設備がしっかりした医療機関であれば、CT撮影などの術前の検査を怠ることなく、データを利用して綿密な治療計画を立ててから手術を行います。

そして、術後管理や腫れが引かない場合の処置もきちんと行える歯医者かと考慮することも忘れないでください。

オールオン4の治療例

全ての歯がぐらぐらだった患者さん。上顎はチタン床の部分入れ歯、下顎はオールオン4で治療しました。画像の下のリンクからご覧ください。

オールオン4の治療例

動画:オールオンフォー(all-on-4)について

インプラント市民公開講座より抜粋。オールオンフォーについての解説。

まとめ

総入れ歯が合わなくてお困りの方や、歯がボロボロで噛めないという方は、オールオンフォー4治療によって綺麗な歯列になり、食べ物を快適に噛む事が出来たり、人と会う事が楽しくなると思います。

ただし、オールオンフォーの治療後は、定期的に通院し、インプラントのメンテナンスを必ず受けるようにして下さい。きちんとしたメンテナンスを受け続けることで、インプラントをより長期的に保つことが出来るようになります。