ブリッジとインプラントの比較

ブリッジにした場合

ブリッジにした場合の利点欠点

音量を調整してご覧ください


利点
● 補綴物(ほてつぶつ)(被せる人工の歯)を選べば審美性は良好。
● 自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない。
比較的簡単に治療が受けられる。(ただし、神経を残せる場合)

欠点
● ブリッジを固定するために、両隣の歯を削らなければならない。
● 削った後もし痛みが出れば、神経を取る場合もある。
支えになる歯は負担が大きく、8年程度でだめになる。
● 抜けた歯の部分の顎(あご)骨が、次第にやせてしまう事がある。
● 食べ物カスが詰まりやすく、口の中が不衛生になりやすい。
● 発音しづらくなることがある。



上記の留意点(短所)を改善した治療方法
↓


インプラントにした場合

インプラントにした場合


音量を調整してご覧ください

利点
自分の歯のような感覚で噛む事ができる。
● 噛む力、味覚が低下しない。
ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない。
● 審美性が良好。
● インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる。
天然歯の負担を減らし、天然歯を守る。

欠点
● 歯を抜く場合と同程度の手術が必要。(大きな欠点ではない。)
● 体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある。
● 費用がかかる。
ブリッジより、日にちがかかる(即時荷重インプラントは別)。ただし回数は変わらない。


ブリッジについて

歯を抜いたまま放っておくと、噛み合わせのバランスが崩れてきます。抜いた歯を補うための治療法の一つが、ブリッジです。

ブリッジの説明図

1本歯がない場合は、その両隣の歯を削ります。そして型取りをして、歯科技工士さんが橋渡しのような形のものを作って、それを被せます。

つまり、両隣の歯を土台にして、人工の歯を支えます。それがブリッジになります。まさに名前の通り川にかかっている橋です。

このブリッジには、利点と欠点があります。ブリッジの利点は、比較的簡単に治療が出来るということです。

両隣の歯を削って型取りをして、それで歯科技工士さんが作って入れるだけなので、治療としては比較的簡単というメリットがあります。ブリッジは保険がきき、治療期間も比較的短いです。

ところがブリッジには欠点もあります。

両隣の歯を削らなければいけない

1番目の欠点は、ブリッジで被せるためには、両隣の歯を削らないといけないということです。

歯の表面にはエナメル質という鎧のような硬い組織がありますが、ブリッジをするために歯を削った場合には、エナメル質はほぼ全部なくなります。

ブリッジは両隣の歯を平行に削らないと、被せ物が入りませんので、平行に削ろうとすると、通常よりも削る量が多くなります。

まして歯が真っ直ぐでなく斜めになっていると、更に削る量が増え、エナメル質はほとんどなくなってしまいます。

エナメル質がなくなると、物理的に歯の強度が落ちるという問題があります。

削って痛みが出た場合に、神経を取る場合もある

エナメル質 象牙質 歯髄 神経等の図

2番目の欠点は、歯を削って痛みが出た場合に、神経を取る場合もあるということです。

神経が生きている歯を削った場合、大体20本に1本くらいの割合で痛みが出ます。そして、痛みが出たら神経を取らなければなりません。

患者さんにわかりやすいように神経と言っていますが、正式な名前は歯髄(しずい)と言います。

歯髄の中に神経と動脈と静脈があります。歯は表面にエナメル質があり、その内部に象牙質という柔らかい組織があり、更にその中に歯髄が通っています。

ブリッジにするために歯を削って痛みが出ると、神経を取ることになり、場合によっては神経を取らないとブリッジが出来ないケースもあります。

歯が斜めになっていたら平行に削れませんので、神経を取らないとブリッジが出来ません。

ところが、神経を取った場合、デメリットが3つあります。

1.神経がないと痛みを感じないので、虫歯が大きくなっても気づきません。
2.歯の中から動脈がなくなりますので、歯がもろくなります。
3.歯の中から動脈静脈といった血流がなくなるため、歯の内部から白血球がいなくなります。

白血球というのはバイ菌をやっつける作用なので、例えばウィルスをやっつける白血球のことをリンパ球といいますが、あるいは少し大きいバイ菌をやっつける白血球のことをマクロファージとかいろいろ名前がついていますが、免疫を担当する白血球がいなくなりますから、感染に非常に弱くなります。

非常に感染しやすくなるということが神経を取ることの大きなデメリットです。

このように、ブリッジにするために神経を取る、あるいは削った結果神経を取らなければいけないということになった場合は、そのデメリットはかなり大きいということになります。

歯周病のリスクがある

ブリッジの欠点に戻りますが、3番目の欠点は、歯周病のリスクがあがるということです。

ブリッジは歯の根元に歯ブラシが届きにくいために、歯周病のリスクがどうしてもあがってしまうという欠点があります。

支えになる歯の負担が大きい

4番目の欠点は、支えになる歯の負担が大きいために、平均して8年で駄目になるという研究があるということです。

更に大きなブリッジになる説明図

もしブリッジを支える2本の歯のうち、1本が駄目になった場合、抜かなければなりません。

そして更に隣の歯を削って、4本をブリッジでつなぎます。

その場合、2本が3本を支えているブリッジが2本が4本分の仕事をするブリッジになりますので、両端の歯にもっと大きな負担がかかりますから、今度は8年はもちません。

更に端の歯が駄目になった場合は、それを抜いてまた隣の歯を削って端から端まで被せるということになり、2本が5本分の仕事をするブリッジになります。

ところがこれは何十年も前の厚生省の時代から、やってはいけないという決まりがあります。そのため、この場合は部分入れ歯にするということになります。

インプラントについて

インプラントやブリッジについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。