インプラント治療の流れ

1.無料初診相談
(初診・検査)

インフォームドコンセントを重要視しており、じっくりご説明いたします。

カウンセリング

まずカウンセリングです。

インプラント治療について気になる点、現在お困りのこと、治療についてのご希望などをお聴きします。

患者さんのお話をじっくり、ていねいにお聴きします。

レントゲン撮影、口腔内診査など

レントゲン撮影

その後レントゲン撮影・口腔内診査を行います。(CT撮影が必要な場合は撮影をします。(CTの撮影には別途費用¥10,000+消費税がかかります)

お口の中を拝見し、残っている歯の状態や骨、歯ぐきの状態、今使っておられる入れ歯など詳しく診察します。

治療内容・治療費のご説明

あなたのお口の中の現状、骨の状態、インプラント埋入本数・部位手術・治療に関する注意点治療費を詳しくご説明します。

ご質問にも丁寧にお答えしますので、ご納得いくまでお聞きください。

ご説明内容に関してわからないことや、不安などがありましたら、どんどんご質問ください。

ご説明を元に、ご検討される場合は、この時点で一旦終了になります。

インプラント治療以外で、歯周病、虫歯等の治療が必要であれば、治療の順番のご説明をします。
初診時で、インプラント治療をご希望された場合は、歯型を取り、手術のご予約を取ります。

Q.この場で治療するかどうか決めないといけませんか?

初診相談の資料

A.ゆっくりとご検討いただき、治療するかどうかをお決めください。治療方法や費用などお話させていただいた内容の資料をお渡しいたしますので、ご自宅でご検討ください。

Q.初診相談をしたら絶対に治療しないといけませんか?

A.ご説明の内容などにご納得いただけなかった場合はお断りしていただけます。また、他の医院にも意見を聞いてみたいという場合にも一旦保留にさせていただきますのでご安心ください。

無料初診相談の予約をする

2.インプラント手術

手術時

術前に抗生物質を飲んで頂きます。その後、血圧、脈拍、脈波、血中酸素濃度を測定します。

必要であれば、精神安定薬、降圧剤を飲んでいただきます。

怖がりの方は、精神安定薬を飲まれますと、かなり楽になりますので、ご希望の場合はおっしゃって下さい。

麻酔

麻酔は局所麻酔です。麻酔は注射ですが、痛点を外した位置から打ちますので、痛みはありませんのでご安心下さいね。

また、麻酔が効いてしまえば、当然ですが痛みはありませんので、どうぞリラックスして下さい。

手術開始

手術中はお口を開けたままにするとしんどいので、時々お口を閉じて休憩して頂きます。ご安心下さい。

音量を調整してご覧ください

手術時間について

手術時間は、1本程度で実質20分、1〜2本で30分〜50分くらいです。
(術前投薬とか、血圧を測ったりとか麻酔をするなどの時間を入れても、長くて1時間半くらいです。)

5本以上あるいは特殊技術のいる場合は120分くらいです。(服薬、血圧測定等の時間は除いた時間です。)

インプラント手術は局所麻酔で行うため、入院は必要ありません。
インプラントの埋入本数が多い場合や、サイナスリフトやオールオンフォーのような比較的大きな手術でも、入院の必要はありません。
もちろん手術後の安静はある程度必要です。手術前後にどのようにお過ごしいただくかなどの注意事項は、担当医師から患者さんに詳しくご説明します。

手順1

歯肉を切開し、あごの骨に専用ドリルでインプラントを埋入する孔を形成します。

手順2

インプラントの歯根部を骨の中に埋入して、歯肉でおおう様にして縫い合わせます。(2回法の場合)

手術の後

手術当日は、なるべく疲れるような行為は控えてください。本数が少ない場合などはほとんど日常生活に影響はなく、安静にして寝ていなければいけないということはありません。

翌日洗浄します。(1週間から10日後の場合もあります。)

必要のない場合もあります。

手術後の痛みはインプラント1本につき、1本天然の歯を抜いたくらいの痛みです。

痛み止めが効きますので心配ありません。

抜糸

手術後、1〜2週間後、抜糸をします。

3.治癒期間

その後は、インプラントが骨と結合するのを待つだけです。

その間、治療は必要ありません。待ち期間になります。1〜2ヶ月に1度くらいチェックをすることがあります。

前歯の場合は必ず仮歯を入れますので、見た目もご安心下さい。

4.かぶせ物取付

手順3

3〜4ヶ月後に頭の部分(アバットメント)を取り付けます。頭の部分の型を採り、上部構造を作製します。

手順5

かぶせ物を頭の部分に取り付け、完成です。

型とり

チタンインプラントの場合は、3〜4ヶ月後に型とりをします。

HAインプラントの場合は、3〜4ヵ月後に2次オペを先にします。(チタンインプラントの場合は、2次オペは必要ありません。)

2次オペは、インプラントの頭を歯ぐきの上に出す処置です。きわめて簡単です。

2次オペが終わってから7〜14日後に型とりをします。

上部構造(かぶせ物)の試適

前歯など審美性の必要な場所や、複数の歯にかぶせる場合は、最終のかぶせ物を入れる前に、その試適(形合わせ、高さ合わせ)をし、患者さんに新しく入る歯の見た目やかみ合わせを確認して頂きます。

上部構造(かぶせ物)のSET

これで、一応治療は終了になります。手術の日から数えて平均3ヶ月半から、4ヶ月後になります。
(ソケットリフトや、GBR法をした場合はもう少しかかります。)

BEFORE BEFORE BEFORE
↓ ↓ ↓
AFTER AFTER AFTER

お疲れ様でした。何でもお食事して下さい。

5.メンテナンス

インプラントやご自身の天然歯を、できることなら、一生持たせて頂きたいと思います。

その為には、メンテナンスが重要となります。メンテナンスは主に歯のクリーニング(PMTC)をします。

クリーニングをすることにより、歯周病になるリスクは大幅に下がります。

インプラントは虫歯には絶対になりませんので、歯周病にならなければ、長持ちする確率が大きく上がります。

インプラント以外のご自身の歯を守るためにも是非お越し下さい。優しい歯科衛生士がクリーニング致します。

インプラントの治療期間

インプラントオペ

治療期間はケースによってかなり変わります。

単純なケース、例えばインプラントを1〜3本くらい埋め込むような場合は、
下アゴで3ヶ月半上アゴで4ヶ月半くらいです。

総入れ歯の方にインプラントをする場合(オールオンフォー)は、仮歯はその日のうちに入りますが、
最終的にすべて治療が終わるには半年くらいかかります。
ただ、仮歯が入ってる間はそんなに不便はありません。

また、インプラントをするために必要な骨の厚みが少ない場合には上顎洞を持ち上げたり(ソケットリフト、サイナスリフト)、骨を増やすような手術(GBR法)をします。
その場合は、プラス1〜4ヶ月くらいかかることもあります。

その場合、トータルの治療期間は長くなりますが、骨ができるのを待つだけの期間ですので、通院は必要ありません。

ですから通院のご負担という意味では心配ありません。

インプラントの通院回数

1回法の場合

初診カウンセリング・検査→手術→消毒→抜糸→チェック→型とり→(試適)→かぶせ物セットの
計7〜8回です。

手術後、骨とインプラントが結合するのに3〜4ヶ月かかります。この間は1〜2か月に1度位チェックに来院していただくことがあります。

2回法の場合

2次手術があるため、さらに2回程通院回数が増えます。

初診カウンセリング・検査→1次手術→消毒→抜糸→チェック→2次手術→消毒→型とり→(試適)→かぶせ物セットの計10回程度です。

特殊な手術の場合

手術を何回に分けて行うかによって回数は変わってきます。

型取りや試適やセットはまとめて行いますので通院回数の短縮はできます。

患者様の状態や治療内容によって前後しますので、目安としてお考えください。

インプラントのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。

お気軽にご予約ください。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談