サイナスリフト・ソケットリフトとは

インプラントは上顎洞(上あごの奥歯の部分の骨の中にある空洞)の下にある骨に埋め込みます。歯が抜けてしまって時間が経っている場合や歯周病などにより骨が少なくなり、インプラントを埋めるために十分な高さがなくなってしまいます。

その場合には、骨を増やすことが必要になります。ソケットリフトとサイナスリフトは上顎洞を上に持ち上げて骨を作りながら、インプラントを埋め込んでいく方法です。

ソケットリフト

上顎洞の下の骨から人工の骨補填材を挿入して、専用の器具で上顎洞底を押し上げます。十分上顎洞底が持ち上がったところで、インプラントを埋入します。

持ち上がった部分は4〜5ヶ月で骨に代わります。ソケットリフトは体への負担が少ないためこちらの方法で行うことが多いです。

ソケットリフトの説明図

サイナスリフト

上顎洞の横の歯ぐきをめくって上顎洞を露出させ、上顎洞を直接上に持ち上げ、持ち上げたスペースに人工の骨補填材を入れます。

約半年で骨が十分できます。ただ、手術による負担が比較的大きくなります。


実際の臨床の現場ではソケットリフトの方を多用されてます。(世界的にも)。当院でも、患者さんの負担を減らすため、なるべくソケットリフトを行っています。

ただし、骨の量が非常に少ない方は、増骨の処置としてサイナスリフトを選択します。当院では、サイナスリフトも十分に研修を積んでおり可能です。

サイナスリフトの説明図

当センターの手術内容

サイナスリフト・ソケットリフトについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。