インプラントの種類について

インプラントは、日本国内だけで30種類以上の種類がありますが、大きく2種類に分類されます。

チタンインプラント、HAインプラントそれぞれについて、説明します。

チタンインプラント

純チタンからできているものです。

チタンは、骨と直接結合します。骨の性状が普通の方や、ノーマルケースのインプラント手術の際に用います。

全体の半分くらいの使用頻度です。当院で使用しているチタンインプラントをご紹介します。

1.ITIインプラント

世界的にもかなりシェアの高いインプラントです。スイス製です。

2.ブローネマルクインプラント

世界的に最も歴史の古いインプラントです。スウェーデン製です。オールオンフォーなどの即時荷重インプラントに向いてます。

3.プラトンインプラント

日本製のインプラントです。日本人向けに作ったインプラントなので、日本人には非常に使い易いです。サイズも豊富で骨との結合もいいです。

4.アストラテックインプラント

アストラテックの最大の魅力は、インプラント周囲の骨の吸収が少ないことです。患者様の適応を考えて使っております。

5 .エンドポアインプラント

カナダ製のインプラントです。インプラントの表面性状が非常に凹凸に富んでいるため、骨と強固に結合します。

歯冠歯根比(歯の根っこの長さと、頭の長さの比率)が、かなり融通が利くため、主に、上顎洞までの距離が近く、サイナスリフトやソケットリフトをしない場合や、下顎管(神経、血管の管)までの距離が近い場合などに使用します。

6 .オガインプラント

日本製のインプラントです。最近はあまり使用してません。メリットは、歯肉を剥離しなくていい、手術が簡単、その日の内に補綴処置ができる、などのメリットがあります。デメリットは、骨との結合がやや弱いことです。

HAインプラント

チタン表面に、HA(ハイドロキシアパタイト)を結合させたものです。HAは、骨誘導能といって、骨を呼び込む性質があります。

その為、適応症としては、抜歯即時インプラント、骨密度が低い方、糖尿病の方、ヘビースモーカーの方などです。

当院で使用しているインプラントをご紹介します。

1.カルシテックインプラント

アメリカ製のインプラントです。骨を呼び込む性質が非常に強く、最も骨と結合しやすいインプラントです。当センターでは4割くらいの方に使用しています。

2.プラトンバイオインプラント

日本製のインプラントです。手術が簡単なので、症例を選んで使っております。

3.AQBインプラント

日本製のインプラントです。ワンパートと言って、インプラントの根っこの部分と頭の部分が最初から一体化しております。骨と結合する期間も短いです。このインプラントも症例を選んで使っております。

インプラントについて

インプラントの種類についてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科センター相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

説明会

無料Web診断(無料診断コーナー)

総院長 松本正洋


総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。

インプラント治療に関するご質問・ご相談がおありですか?

無料電話相談にいただいたご質問は、専任のカウンセラーがお答えします。

根幹治療を受けていますが、半分の根がダメらしく抜歯が必要と言われました。抜歯してブリッジかそれともインプラントで悩んでいます。歯を抜くのは抵抗がありますが、ブリッジ時に健康な歯を削るということも抵抗があり、悩んでおります。将来を考え、インプラントがやはりおすすめでしょうか。(大阪府吹田市 TN様)

インプラント希望です。シミュレーションとして歯形もとった上での診断を受け、インプラントをするには上顎の幅が狭いからおそらく難しいのではとの事で、実際に歯形とインプラントの詰め物の幅を見比べてみたらかなりギリギリなのは納得できました。長年空いてる右上4番を放置していた為か右下の歯がだいぶ傾いてきているので、ここはもう早いうちに噛み合わせをなんとかしないと今後の為に良くないなと自覚し始めました。インプラントができるのかどうかは実際に診ていただかないとわからないかと思いますが、こんな状態でも可能性はまだありますでしょうか?よろしくお願いいたします。(大阪市福島区 WT様)

かかりつけの歯科医に、下の骨が感染症とかで無くなっていっているので、この歯を早期に抜く必要があるといわれています。痛みはありません。「ブリッジはお勧めしない、入れ歯か最良の選択肢はインプラント」と言われ、費用が38万円と言われて悩んでいます。(大阪府守口市 HI様)

右下を4年ほど前に抜いたのですが、左上は今から抜く必要があります。海外在住のため来年の3月頃に帰国予定しています。そのときに手術をと思っていますが出来ますでしょうか。また、費用と治療方法を教えて下さい。