インプラント
無痛治療
静脈内鎮静法などの様々な取り組み
Painless

当院では痛みのないインプラント手術を行うため様々な取り組みをしております。

静脈内鎮静法(点滴麻酔)

点滴による無痛治療

また、恐怖心や不安などが強い方には点滴麻酔(静脈内鎮静法)という方法があります。

麻酔科医が腕の静脈から鎮静薬を注入する方法で、うとうとして眠たくなり、リラックスした状態で手術を受けていただくので、あっという間に手術が終わったように感じます。
手術中にいびきをかいて寝てしまう方や寝言を言われる方もおられます。

静脈内鎮静法は全身麻酔と違って意識は失わず、半分寝ているような状態です。インプラントで静脈内鎮静法では局所麻酔を併用して手術を行います。

静脈内鎮静法を行うとリラックスした状態になります。また、健忘効果がありますので、治療中の記憶や不快感をほとんど覚えていません。

恐怖心の強い方、不安の大きい方も鎮静状態でストレスのないインプラント手術を受けることができます。

全身麻酔と静脈内鎮静法の違い
  全身麻酔 静脈内鎮静法
意識 意識がなくなる 意識はある(半分眠っているような状態)
自発呼吸 自発呼吸はできないため人工呼吸器が必要 自分で呼吸ができる
入院 入院が必要な場合が多い 入院は必要なく日帰り手術
回復時間 回復に時間がかかる 回復が早い

静脈内鎮静法で使用する機械

静脈内鎮静法で使用する機械

静脈内鎮静法では鎮静薬を腕の静脈から注入します。シリンジポンプという機械で正確な薬液注入を行います。設定した速度で一定量の薬液を持続的に注入することができます。

また、生体情報モニタで心電図・呼吸・体温・血圧などをモニタリングし、インプラント手術の安全性を高めています。

局所麻酔

インプラント手術の際の麻酔は局所麻酔で行います。

麻酔が完全に効いていれば痛みは全くないのですが、完全に効いてなければ痛みが出ます。

私どもの医院では如何に麻酔を確実にしっかり効かせるかについて研鑽を積んでおり、経験により安全に効かせるよう尽力しております。

無痛で手術ができれば患者さんは本当に楽で、ストレスも激減します。

その為に必要なのは何といっても麻酔の方法です。

インプラント

麻酔自体を痛くなく行い、また確実に麻酔を効かせて手術中は完全無痛にしなければいけません。ただ麻酔そのものが痛くては意味がありません。麻酔を無痛で行うにはいくつかのステップを行わなくてはいけません。詳しくご案内いたしますね。

@ 針の刺し方
歯ぐきには痛点と呼ばれる痛みを感じるポイントがありますが、そこを確実に避けて針をさすことが必須です。そうすれば患者さんは針をさされたことを感じません。

A 麻酔薬の注入速度
麻酔薬を1秒に1滴くらいのゆっくりしたペースで注入していくと、患者さんは注入されたことに気付きません。

B 麻酔薬の温度を事前に36℃に温める
麻酔薬の温度を36℃に温めておくと、注入したときの麻酔薬の液体の冷たさ(温度差)を感じませんので、無痛で麻酔をすることができます。

C 麻酔注射の技術
もう一つ大事なことがあります。いくら麻酔の注射が無痛でできても、しっかり麻酔が効いてないと意味がありません。麻酔薬をどの位置からどの方向で深さはどのくらいで、どの位の量を打つかなど、麻酔をする歯科医師の技術が今イチで麻酔が完全に効いてないということも少なくありません。当院では、こういった麻酔の技術も皆でしっかりと勉強しています。

麻酔は効きにくい方もおられます。お酒が強い方は効きにくいです。特に手術の前の日に、お酒をたくさん飲んで来られますと、手術当日は麻酔が保証できない位に効きにくいです。主にお控えいただくようご案内しております。

精神安定薬

セルシン、デパス

麻酔だけではご心配な方は、手術直前にセルシン、デパスなどの精神安定薬を飲んで頂いております。

精神安定薬を飲むと、頭が少しぼーっとしてきて、いい気分になります。手術中にいびきをかいて寝られる方もおられます。

これらの薬は結構よく効くので、3錠位飲むと、身長180センチくらいの大きな体の方でも40分間ほど寝てしまいます。

笑気麻酔

笑気麻酔

笑気麻酔という方法も効果があります。

笑気という気体があるのですが、これは鼻から吸うもので、甘い香りがします。吸うと大体5分以内に鎮静状態になって、恐怖心、不安感が薄れ、穏やかでリラックスした状態になるため、時間の経過も気になりづらくなって、お酒を飲んだ時のほろ酔い気分に似た多幸感がある状態になります。

※笑気麻酔はクリニックによって対応していない医院もございます。事前にお問い合わせください。

  笑気麻酔 静脈内鎮静法
意識 意識はある(リラックスした状態) 意識はある(半分眠っているような状態)
効果(痛みの感じ方) 静脈内鎮静と比べて効果は低いが
痛みを感じにくい
効果が高く
痛みを感じにくい
健忘効果 ない ある
注射 必要ない(鼻から吸入) 必要(静脈注射)
回復時間 早い 笑気麻酔に比べると時間がかかる

無痛治療についてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。
お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

CONTACT
お気軽にお電話ください
歯科相談窓口 相談受付時間
月〜土 9:00〜18:00

0120-505-589
(日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く)