即時荷重インプラントとは

従来のインプラントは、手術から仮歯を入れるまでの間、数ヶ月の安静期間を置かねばなりませんでした。仮歯で過ごす期間も3〜6ヶ月間とかなり長いため、これらが欠点とも言われてきました。

しかしインプラントをしたその日に、 借り歯を入れる「即時荷重インプラント」という新しい治療技術が登場しました。 仮歯は、骨に埋め込んだインプラントの上に固定させるため、手術当日からしっかりと噛むことができます。

ただ、即時荷重インプラントは、骨質が良好な状態になければ受けることはできません。

専門的に言うと、インプラントを埋入した時の力(埋入トルク値)が35〜40Ncmあれば大丈夫です。

即時荷重インプラントが可能であれば、患者さんにとって大きな福音となります。患者さんのQOLも大きく向上します。

単独の歯に応用することもありますし、オールオンフォーのように、総入れ歯タイプに応用することもできます。

オールオンフォーの場合は、患者様は今まで噛めなかったのが、1日で噛めるようになるため、感動して泣かれる方が多いです。

当院の手術内容

即時荷重インプラントについてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。