インプラントの費用について
相場や1本あたりの費用
About Price

インプラントの具体的な費用

インプラントは3つの要素から成り立っています

インプラント本体・土台(アバットメント)・かぶせ物(上部構造)

1.インプラント本体:あごの骨に埋め込みます。フィクスチャーともいいます。

2.土台(アバットメント):歯のかぶせ物を取り付ける土台です。

3.かぶせ物(上部構造):人工の歯のかぶせ物です。

インプラント1本の場合の値段

インプラント1本の値段

  1. インプラント本体+手術代 25万円
  2. 土台 4万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円

費用合計:36万円+消費税
分割プランはこちら
分割回数 1回目以降(税込) 最終回(税込)
84回 5,232 5,228
120回 3,823 3,868
180回 2,734 2,779

●金利3.0% 360,000円(税抜)の場合

インプラント2本のブリッジの場合の値段

インプラントのブリッジの場合

  1. インプラント本体+手術代 25万円×2本= 50万円
  2. 土台 4万円×2本=8万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円 ×3本=21万円

費用合計:79万円+消費税
分割プランはこちら
分割回数 1回目以降(税込) 最終回(税込)
84回 11,482 11,472
120回 8,391 8,342
180回 6,001 5,914

●金利3.0% 790,000円(税抜)の場合

その他特殊な処置をした場合の費用の例

GBR法(骨を増やす手術)併用の場合の値段

GBR

  1. インプラント本体+手術代 25万円
  2. 連結部(メタルアバットメント) 4万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円
  4. GBR代 7万円

費用合計:43万円+消費税

ソケットリフト併用の場合の値段

ソケットリフト

  1. インプラント本体+手術代 25万円
  2. 連結部(メタルアバットメント) 4万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円
  4. ソケットリフト 6万円

費用合計:42万円+消費税

サイナスリフト併用の場合の値段

サイナスリフト

  1. インプラント本体+手術代 25万円
  2. 連結部(メタルアバットメント) 4万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円
  4. サイナスリフト 22万円

費用合計:58万円+消費税

オールオン4の値段

Allon4

  1. インプラント本体+手術代 100万円(25万円×4本)
  2. 連結部  16万円(4万円×4本)
  3. かぶせ物  94万円

費用合計:210万円+消費税

オプションの金額

抜歯即時インプラントの値段

抜歯即時院プラント

1本の場合の費用
  1. インプラント本体+手術代 25万円
  2. 連結部(メタルアバットメント) 4万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円
  4. 補填材 2万円

費用合計:38万円+消費税

静脈内鎮静併用の場合の値段

静脈内鎮静法

1本の場合の費用

  1. インプラント本体+手術代 25万円
  2. 連結部(メタルアバットメント) 4万円
  3. かぶせ物(ハイブリッドセラミック) 7万円
  4. 静脈内鎮静 7万円

費用合計:43万円+消費税

磁石を使った場合の値段

磁石を使った場合

2本の場合の費用

  1. インプラント本体+手術代 50万円(25万円×2本)
  2. 磁性アタッチメント 17万円(8万5千円×2本)
  3. 入れ歯(通常金属床義歯) 25万円

費用合計:92万円+消費税

※ケースによっては保険の入れ歯でもできます。

インプラント料金表

インプラント本体+手術料
インプラント本体1本分の費用と埋入手術代 ¥250,000+消費税
土台(アバットメント)
セラミックアバットメント
(主にジルコニアセラミック冠に使用)
¥60,000+消費税
メタルアバットメント
(主にオールセラミック冠・ハイブリッドセラミック冠に使用)
¥40,000+消費税
かぶせ物(上部構造)
ジルコニアセラミック冠
(最も高価なタイプ、審美性、耐久性とも最も抜群によい。)
¥120,000+消費税
オールセラミック冠
(最も一般的なタイプ、審美性、耐久性ともよい。)
¥90,000+消費税
ハイブリッドセラミック冠
(樹脂(プラスティック)とセラミックを混ぜた素材で出来たかぶせ物。見た目は白いが、変色の可能性と耐久性においてやや劣る。)
¥70,000+消費税
磁性アタッチメント 1組 ¥85,000+消費税
(入れ歯は別途)
ロケーター 1組 ¥85,000+消費税
(入れ歯は別途)
Allon4(オールオンフォー)

アクリリックレジンタイプ(最も一般的。人工歯がレジン)

¥2,100,000+消費税
セラミックタイプ(人工歯がセラミック) ¥2,700,000+消費税
アクリリック→セラミックに移行 ¥1,600,000+消費税
加算
その他の手術料
GBR法(骨を増やす手術) 1本に付き 
¥70,000
+消費税
チタンメッシュを用いたGBR法 1本 ¥100,000+消費税
2本 ¥150,000+消費税
3本 ¥200,000+消費税
スプリットクレスト手術 2本以上(1/3顎)
¥70,000〜
+消費税
1本 ¥50,000+消費税
ソケットリフト手術 1本に付き 
¥60,000
+消費税
サイナスリフト手術 1本 ¥220,000+消費税
2本 ¥280,000+消費税
3本以上
¥300,000
+消費税
FGG/CTG/APF 等歯周外科手術 1ヶ所に付き
¥80,000
+消費税
二次手術(前庭拡張は保険適用) ¥10,000+消費税
その他(必要時)
診断用模型作製 ¥30,000+消費税
サージカルステント作製 ¥30,000+消費税
抜歯即時(補填材) ¥20,000+消費税
プロビジョナルレストレーション(仮歯)

インプラントに直接つける
1歯 ¥30,000+消費税

インプラントに直接つけない
1歯 ¥10,000+消費税

CT撮影・診断料 ¥10,000+消費税
静脈内鎮静の費用(麻酔医派遣) ¥70,000+消費税

当院の費用は誠実でリーズナブルに計算されております。

具体的には
1.インプラント本体とかぶせ物(上部構造)をつなぐ連結部(アバットメント)の費用を必要時にそれぞれ算定します。

2.かぶせ物(上部構造)も色々種類があり、患者さんに選んで頂けます。インプラント本体、アバットメント、かぶせ物は本数によって簡単に計算することが出来ます。

3.ソケットリフト、GBR、骨造成、抜歯即時など、それぞれ必要に応じて必要最低限の費用算定をしています。手術費自体も、手術時の人件費、インプラント本体、ドリルや器具の償却具合、器具の滅菌にかかる費用、バイタルサイン確認のための費用、手術に要する時間等、緻密に計算しており、合理的でお安くなっております。

4.インプラント本体及びかぶせ物(上部構造)に対する保証制度を導入しています。

5.医療費控除の対象になることをちゃんと説明しています

インプラントは保険が適用されない自由診療です。費用、治療費はその内容をよくご確認くださいね。

インプラントの保険適用について

インプラント治療は自由診療となっていて、保険はききません。

虫歯や歯周病等で歯を失った場合のインプラント治療は保険が適用できません。治療費の全額が患者さん負担の自費診療となります。

しかしごく限られたケースですがインプラントが保険適用になる場合があります。

外傷や腫瘍等の病気で顎の骨を失った場合、その部位に骨移植を行って再建した場合、先天的に歯や顎骨を欠損している場合などです。

保険適用で受けられる医療施設にも制限があります。

・病院に入院用ベット数が20床以上ある
・常勤で2名以上の歯科医師が配置されている
  歯科、口腔外科で5年以上の経験を有するもの
  インプラント3年以上を有するもの
・当直体制が整備されている
・医療機器や医薬品などの管理が整備されている

一般の歯科医院はこれらの必要要件を満たす施設に該当しないため、保険適用で行うことが出来ません。

お支払方法・分割払い

分割プラン

当院では現金払いのほか様々なお支払方法があります。分割払い・デンタルローンのお取り扱いもしておりますので、分割払いご希望の方はご相談ください。

1. 歯ッピー金利0プラン

信販利用

1〜20回までの均等分割なら金利は 0です。

窓口現金・銀行振込(振込手数料はご負担ください)

治療費が下記の範囲なら金利は 0 です。

・100万円未満:1回・2回・3回払い(3ヶ月以内のお支払)

・100万円以上150万円未満:1回・2回・3回・4回・5回払い(5ヶ月以内のお支払)

・150万円以上300万円未満:1回・2回・3回・4回・5回・6回払い(6ヶ月以内のお支払)

・300万円以上:1回・2回・3回・4回・5回・6回・7回・8回払い(8ヶ月以内のお支払)

2. 歯ッピースマイルプラン

最大180回まで 当院にしかできない分割プランです。

金利手数料は 実質年率3.0%です。

  • 分割払い
  • 分割払い

3. カード払い

各種クレジットカードでのお支払いができます。

分割でのお支払い、リボ払いもできますので、お気軽にご相談くださいね。(この場合、カード会社の手数料がかかります)

カードがご利用いただけます

インプラントの費用について知っておきたい事

インプラントの費用は気になりますよね!

今通ってる医院で言われた値段が妥当なのか?

相場はどんな感じなのか?

インターネットで高いとこと安いとこがあるけどどう違うのか?

など治療前に知っておくべき様々な情報をお伝えしますね!

インプラントの費用は妥当なのか?

考える女性

今あなたが今通っておられる医院で言われた費用が妥当なのかを判断する場合は、

しっかりとした明細書があるかどうかという事と、

明細の内容が、以下でご説明するような妥当な金額になってるかという事を、

じっくり見て頂ければわかります。

インプラントの費用の相場

★一般的な費用の相場をご説明します。

インプラント本体
20〜30万円
土台
3〜5万円
かぶせ物
6〜12万円

合計で1本あたり、35万〜40万程度が妥当です。

その他にオプションがある場合は以下が目安です。

GBR法
5〜10万円
ソケットリフト
5〜8万円
歯肉移植
10万円前後

これらを含めても高いようであれば、他の医院も考えた方がいいかもしれません。

インプラント料金は医院によって差があります

費用は医院によって違い、安い医院から高い医院までさまざまです。

費用の違いや、費用が一般的には高い理由についてご説明します。

高額になってしまう理由としては、大きく2つあります。

@治療をする歯科医師の質やレベルの問題

インプラントオペ

インプラント治療は簡単ではありません。にもかかわらず、インプラントメーカーが主催する講習会に参加しただけで、インプラントを購入することができます。

そして、インプラントの経験や一般的な外科の知識もないままですぐに手術をしてしまう歯科医師も多数います。

それでは絶対にだめです。インプラントに関する治療の見学や、数多くのインプラント研修会に参加し、勉強を多く積み重ねることが非常に大事です。

当院の歯科医師は、インプラントの研修を数多く積んでおり、一生勉強するという姿勢を貫いていますのでどうぞ安心してくださいね。

A経費の問題

インプラントの費用

使用するインプラントはたくさん種類があります。日本の厚労省が認可してるだけでも30数種類、世界中には400種類以上のインプラントがあると言われています。

そんなにたくさんあるインプラントは、費用が安いものから高いものまで、まちまちです。経費を削ろうとすると、安いインプラントを使わなくてはいけません。安いインプラントは欠点が多いです。骨とひっつきにくい、歯周病になりやすい、強度が弱い、審美性が悪い、などです!

また、インプラントの勉強をする歯科医師にかかる研修費ですが、かなり高額です。この高額の研修費をけちる為に研修が不十分な歯科医師もたくさん見受けます。

さらに、インプラントの上にかぶせるかぶせ物を作る技工料もピンキリです。安い技工所もありますし、技術が非常に高度ですが、かなり高額の技工所もあります。技工料を抑えてしまうと、質の悪いかぶせ物になってしまいます。

当院は、インプラントの種類はスウェーデン製で歯周病に最もなりにくいインプラントを使っており、また歯科医師の研修には最大限の費用や労力を掛けています。さらに、技工所もインプラント専門の高度な技工所に発注しておりますので、完全に安心して頂けます。

値段の高い医院と安い医院の違いは?

インターネットで費用を調べると安い医院や高い医院があり、患者さんにとってとてもわかりにくいと思います。

インプラントの値段が安い医院について

電卓イメージ写真

1本20万とか25万とか安い医院があります。そういう安い医院は、経費削減とか、大量仕入れとか、宣伝広告費の圧縮とか、利益幅の圧縮などにより、安く治療できるのだと言っておられます。

さらにホームページには「費用は安いけども、技術はめちゃくちゃ優秀」とバッチリ書いています。

これが本当であれば、まさに企業努力が素晴らしくてほんとに良い医院で、患者さんにメリットがあるということになりますが、実際には費用を安くした為に、非常に多くのひずみがでています。

私は同業者ですので、内情を全て知っておりますので、実際にはどうなってるかというと、

1.「薄利多売」で、大幅な治療技術の低下、難症例への対応不備(GBR、ソケットリフトの失敗など)

2.東南アジア製のコピーインプラントを大量に仕入れたり、安い素材のかぶせ物を使ったりしてる(食品偽装に近い?)
⇒安全性が不安、また材料、器具が粗悪

3.採算優先のため、安全性や長期予後の軽視して、訴訟も多く抱えてる

4.医学的にインプラントが向いてない方にも平気で勧める

5.HPには、○万円と安くうたっていたのに、実際には「あなたの場合は無理」とか言われて結局高くなったり、うたっていた費用が本体だけの費用で、しかもかぶせ物が異様に高かったりなど、安く見える費用で患者さんを集めて、高く請求してるところが多いです。

6.実際には広告宣伝費もたくさん使ってる

など、色々あります。

安い費用の医院で治療をしてうまくいかず、他の医院でやり直しをしている患者さんがかなり多いです。

治療のやり直しは大学病院等に行く患者さんが多いわけですが、大学病院での治療のやり直しは半年待ちという状態になっています。私どものところにも多くの方が来られます。

また、体に内科的なご病気があったり、歯周病になりやすい方にも、売り上げ至上主義のため平気でインプラントをしています。

そういう場合は手術自体が危険であったり、早期にインプラントが駄目になったりします。そういう倫理観は欠けています。例え価格面で患者さんにメリットがあったとしても、それ以外ではデメリットだらけです。

インプラントの治療は非常にオプションが多く、高度でち密です。

そして、治療するにあたっては、患者さんのお口の中だけではなくメンタル的なこともじっくり考えて治療する必要があり、術後も長い期間にわたってメンテナンス等のおつきあいをしなければならないため、結果安すぎる金額では相当無理があると考えます。

私どもの医院は、費用はなるべく抑えるご提案をまずは当然しておりますが、安全性や機能の高さ、審美性の良さなどは信頼を得るために外せないと思っています。

インプラントの値段が高い医院について

インターネット上で公開してる範囲では、全国の一番高い医院で1本50〜60万くらいです。ただ、公開はしてませんが1本100万近くでしているところもあると聞きます。

「費用が高い=良くない」とは一概に言えませんが、経費ベースで考えた場合、1本が50万以上かかることはありえません。

どんなに素晴らしい手術室などの設備があったり、十分過ぎるほどの検査をしたり、いい材料や器具を使ったり、人件費をかけたり、静脈内鎮静法を使ったりしても経費ベースではそこまでかかりません。

では何故そんなに高いかというと、基本的にインプラントは自由価格制度で、医院が自由に値段を設定できるからです。適切な費用は、常識的に30〜40万くらいです。

これより安い場合は粗悪、高い場合は利益を取りすぎ、ということが明確に言えます。

では何故そんなに高いかというと、それはその歯科医師のプライド料と利益幅の取りすぎ、これが現実です。

費用や、その歯科医師の技術、そして人となりをよく見極めて医院を選ぶことが大事だといえます。

インプラント

料金をいつ払うかということも確認してください。

最初に一括なのか?

手術とか処置に応じてその都度払いなのか?

分割はできるのか?

追加料金はないのか?

なども正確に確認されてください。

医療費控除

医療費控除

インプラントや上部構造の治療は医療費控除の対象になります。

1年間に現実に支払った治療費(他院の治療費も含む)が、10万円を超えた部分が医療費控除の対象になります。

税金の還付額は収入により異なります。還付請求は確定申告の時にご自身で行ってください。その時には領収書の添付が必要となりますので、大切に保管してください。

詳細につきましては、各管轄の税務署へお問い合わせください。

医療費控除の計算方法

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。

医療費控除の計算方法

医療費控除を実際に受けた例

例1:Aさん家族(課税所得金額700万円)

医療費控除例

例2:Bさん家族(課税所得金額800万円)

医療費控除例

インプラント治療の費用はどうしても経費がかかってしまいます。

一部には格安を謳ってる医院もありますが、我々は治療の質と安全性と保つため、どうしてもその分の費用はかかってしまい、費用を抑えて格安にするのは難しい状況にあります。

治療の質とは、世界スタンダードのメーカーのインプラントを使う、常に勉強会、学会、講習会に参加する、歯科医が集まって症例検討会をする、などです。勉強にも交通費や参加費、書籍代など経費がかかります。

安全性を保つ為には、CTによる診査・診断に多くの時間をかける、手術の準備にも多くの時間と労働力をかける、器具の滅菌・消毒を完璧に行う、手術のシミュレーションソフトで術前に充分検討する、などです。

インプラントの費用についてのご質問・ご相談は
無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。
無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。

CONTACT
お気軽にお電話ください
歯科相談窓口 相談受付時間
月〜土 9:00〜18:00

0120-505-589
(日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く)