質問1
インプラントが出来ないケースはありますか?

全身状態に大きな問題がある方などは、インプラント手術ができません。例えば、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症、リウマチ、脳梗塞の既往がある方、アゴの骨が極端に少ない方、ビスフォスフォネート製剤を服用している方などです。

ただ、条件しだいでは、インプラント治療が可能なこともあります。

歯周病の方

歯周病の方でもインプラントはできますが、ある程度歯周病を治してからインプラントをする方がいいです。歯周病をある程度コントロールしておかないとインプラント治療後に歯周病になってしまうかもしれないからです。

ただ、歯周病の治療と並行してインプラントを行うこともよくあります。その場合は、インプラントが骨とくっつくのを待っている間に歯周病の治療をしていきます。

インプラントはあごの骨がしっかりあるかということが重要になってきます。歯周病は歯肉炎と歯周炎を総称した疾患です。

以前は歯槽膿漏とも言われていました。プラークという細菌の塊が歯肉の炎症を引き起こし、進行するとあごの骨を溶かしてしまいます。

インプラントは治療前にあごの骨が十分にないと手術ができません。

また治療後に歯周病になってしまうと埋入したインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。治療前も治療後も歯周病にならないようにすることがインプラントを長持ちさせることにつながります。

生活習慣病の方

生活習慣病は高血圧症、糖尿病、心臓疾患、脳血管障害、肝機能障害、骨粗しょう症、リウマチなどのことをいい、これらの症状がみられる場合はインプラント手術は避けてください。

これらの生活習慣病の方で、内科医を受診されて薬を飲んでいる方でも、症状が落ち着いている場合は手術が可能なケースもあります。歯科医と麻酔科医や内科医との提携などで可能なこともありますので、担当の歯科医にカウンセリング時ご相談ください。

骨粗しょう症の薬であるビスフォスフォネート製剤を服用している方は手術ができない場合があります。(詳しくはこちらをご覧ください。

また、ヘビースモーカーの方はインプラントと骨との結合がうまくいかなかったり、傷の治癒がよくなかったり、歯周病になりやすかったりといろいろなデメリットがありますので、なるべく喫煙はやめていただくようにお願いしています。

金属アレルギーの方

金属アレルギーは全ての金属で起こるわけではなく、金属にはアレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属があります。起こしやすい金属はコバルト・ニッケル・クロムなどです。起こしにくい金属はチタンなどです。

保険の銀の詰め物で金属アレルギーが起きるという話を聞いたことがあるかもしれません。銀歯には銀合金やアマルガムなどの金属がつかわれており、アレルギーを起こす可能性があります。

しかし、インプラントは純チタンのため、生体親和性が高く金属アレルギーの心配はまずありません。また、チタン表面は、酸化膜でおおわれ、不動態といって、金属がもつ化学反応性を失った状態になります。また、活性水素を放出し、細胞の酸化を防ぎ制ガン作用ももつ唯一の金属です。

チタンアレルギーのある方は治療を受けることはできませんが、チタンアレルギーの方は極めて少ないので一般的には大丈夫と言っていいでしょう。当院では1例も経験しておりません。チタンアレルギーが疑われる場合は、皮膚科によるパッチテスト等をお受けください。

高血圧の方

高血圧の方は血圧、脈拍、血中酸素濃度などを常に測定しながら手術を行います。また患者さんの状態に合わせて、麻酔科医に来ていただいたり、内科医に血圧のコントロールをお願いしています。

糖尿病の方

糖尿病の方は、ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)という検査値がありますが、それが7以下なら大丈夫です。7以上の方は、血流も悪く、免疫的にも弱くなり、歯周病にも感染しやすくなります。全身の健康の為にも7以下にコントロールされることをお勧めします。

糖尿病の方でも骨とくっつきやすいインプラントを使うことや感染予防を十分に行うことで成功率が格段に上がります。手術やインスリン注射について内科医と歯科医との連携が必要になります。

またインスリン注射をしている場合には手術前後の注射や食事のタイミングによって血糖値が下がりすぎる場合がありますので主治医にご相談ください。

当院では、 万が一結合しなかった場合は、費用はいただいておりません。(結合しないと予想される場合には手術をしておりません。)

骨粗鬆症の方

骨粗しょう症の場合には、骨密度のタイプによって手術ができるかどうかが変わってきます。

15歳未満の方

15歳未満の方は骨が成長途中なのでインプラント治療はできません。骨の成長が終わる20歳前後から治療ができます。

喫煙者の方

喫煙はインプラントと骨の結合が悪くなったり、歯周病になりやすかったり、血流が悪くなり治療後の傷の治癒を妨げたりしますのでなるべく禁煙していただきたいと思います。


質問2
歯が1本もない場合でも、インプラントは可能ですか?

インプラントは歯のない方のための治療ですので、歯が1本もない場合でももちろん可能です。

歯が1本もない場合には、当院では以下の治療を主に行っています。

1.オールオンフォー

4本〜6本のインプラントを支えにしてかぶせ物を12本作るやり方です。従来のやり方ですと、かぶせ物12本を作る為にはインプラントを8本から10本埋め込む必要がありました。

骨量が足りなくて奥歯の位置に埋め込みができない場合は、骨の移植や上顎洞を持ち上げる手術が必要でしたが、オールオンフォーではそれらの問題も解決した素晴らしい手術法です。

2.磁石を使ったインプラント

手術の負担を減らしたり、費用の負担を減らすために、インプラントを2〜4本埋め込み、そこに磁石を取り付ける方法です。そして入れ歯にも磁石を埋め込んでおき、磁石同士の力で、入れ歯を安定させるやり方です。

磁石は非常に力が強い為、入れ歯はかなり安定し食べやすくなります。


質問3
インプラントでガルバニック電流は流れますか?

お口の中で違う種類の金属同士が触れ合った時にイオン化傾向の差で流れる電流のことを、ガルバニック電流といいます。

アルミ箔やスプーンなどを噛んだ時にキーンと嫌な感じがしたことがあると思いますが、それもガルバニック電流です。

インプラント本体はチタンという金属ですが、その上にかぶせるかぶせ物(上部構造)を、非金属のセラミック等でかぶせれば心配ありません。金属同士が触れ合うことがないためにガルバニック電流が流れることはありませんので、ご心配いりません。

しかし、インプラント以外の歯に銀歯などの金属が入っている場合はその金属同士でガルバニック電流が流れることがあります。その場合には金属の詰め物をセラミックなどに変えることで電流が抑えられます。

ガルバニック電流が原因となる肩こりや頭痛、イライラ、不眠などの症状が出る方もいらっしゃいますので、金属の詰め物の交換をお考えの方はお気軽に歯科医にご相談ください。


質問4
インプラント手術当日に注意することはありますか?

仕事や遊びについて

骨を増やす手術などの特殊な手術がなく、インプラントの埋入本数も多くない場合は痛みや腫れがあまり出ませんので、あまり体に負担がかからないようなお仕事でしたらしていただけると思います。あまり体が疲れないようにしてください。

ハードなお仕事や飲酒・激しいスポーツ・入浴など血流が良くなるようなことは避けてください。痛みが出たり、出血しやすくなる可能性があります。また傷の治りが悪くなりますので喫煙はしないようにしてください。

インプラント手術の程度にもよりますが、1〜2本程度の手術であれば、歯を1〜2本抜いた程度の体の負担ですから、それ程ご心配はいりません。

ほとんどの方は手術の翌日から普段どおりの生活をしていただけます。もし痛みがある場合は痛み止めのお薬をお渡ししますので服用して様子を見てください。腫れは抗生物質をお出ししますので服用していただき、3〜7日で引きます。

運動について

手術当日は体力も落ちていますし、出血する可能性がありますので運動は避けてください。

ハードな運動をすると、血の流れが良くなって、痛みがでたり出血の原因になります。歯を食いしばったりするような運動もしないでください。

また、体が疲れていると傷口の治りも遅れますので手術当日はなるべくゆっくりお過ごしください。手術翌日からは通常の生活をしていただけます。

食事について

食事は、インプラント手術をした場所の反対側で噛むようにしてください。
そして、たくさん食べて体力をつけた方が治りも早くなりますので手術後はしっかり栄養を取ってください。

熱い食べ物や刺激物は避けてください。あまり固いものも避けていただいた方がいいでしょう。

同じ日に左右両方に手術を行った場合は、しばらくは柔らかい物を食べて頂くことになりますが、なるべくお口の中でどこか噛める所を作っておくような形で手術をしています。

また、飲酒は血流がよくなって痛みがでたり、出血しやすくなることがありますので、お酒は控えていただくようにお願いいたします。

手術後も麻酔が効いている間は感覚が鈍っていますので舌や口の中噛んだりしないように気を付けてください。

お風呂について

手術当日の入浴は避けてください。プールで泳いだり、サウナに入ったりすることも控えてください。

口の中を清潔に保つために雑菌に感染する可能性のある入浴は避けてください。また、長風呂や熱い風呂で温まることで血流が活発になります。そうすると、痛みや腫れが出たり、傷口から出血しやすくなったりします。

お風呂の他にも激しい運動したりやお酒を飲むことなども血の流れを活発にしますので手術当日は控えてください。

どうしても、入りたい時は湯船には入らずに、シャワー程度で済ませるようにしてください。

歯みがきについて

手術当日は傷口を安静にするために強いうがいをしないようにしてください。強いうがいをすると傷の治りが悪くなったり、血がとまりにくくなってしまいます。

インプラント手術をした場所の周辺は、なるべく舌などで触らないようにして、1週間から10日くらいは歯磨きは避けて下さい。傷口を縫い合わせている糸がほつれたり、傷口がくっつきにくくなるためです。
その間は、歯みがきの代わりになるうがい薬をお渡ししますので、食後と寝る前にうがいをして下さい。

インプラントの手術後は口の中を清潔に保たなければいけないので、手術をしていない部位は傷口に歯ブラシが当たらないように気を付けて歯磨きをしてください。

糸を取ったあとは、普通に歯磨きができます。ただ、しばらくは強く歯ブラシをあてると歯ぐきが少し痛みますので、痛くない範囲で軽めにして下さい。

その後は歯周病を予防しインプラントを長持ちさせていくために、歯磨きはとても大切になりますので、歯間ブラシやフロス等も併用してしっかりメンテナンスしていきましょう。


質問5
インプラント手術後の注意事項は?

手術自体は、通常のインプラントの場合は、手術侵襲(手術による体への刺激)が抜歯程度なので、そんなに大げさな注意事項はないです。

手術直後のケアにつきましては、ドクターが実際に患者さんに詳しくご説明します。

具体的な注意事項としては、

  • インプラントの手術当日はうがいを強いうがいをしないようにしてください。
  • 手術した場所は1週間から10日位歯みがきはできません。専用のうがい薬でうがいして頂きます。手術部位以外は歯みがきできます。手術した部位以外の歯は傷に当たらないように歯磨きしてください。
  • 手術後に抜糸をした後の歯磨きは強い力をかけずに、軽く磨くようにしてください。
  • 抗生物質(化膿どめ)、消炎酵素剤を3日から5日くらい飲んで頂きます。胃が荒れないよう、胃薬も飲んで頂きます。痛み止めの薬は、痛みが出た時に飲んで頂きます。
  • 手術当日は、激しい運動や、お風呂、お酒は控えて頂いております。
  • お食事は手術をしてない方の側でして頂きます。辛い物や熱いものなどの刺激物は避けて、柔らかめのものをお召し上がりください。たくさん食べて栄養をつけられた方が 傷口も早く治ります。
  • タバコは傷口の治りを遅らせます。術後3日くらいは、控えめにされたほうがいいです。
  • 腫れや内出血があらわれることもありますが、1週間程度で必ず治りますのでご心配はいりません。

その後は特には注意するものはありませんが、上部構造(かぶせ物)の種類によっては、硬いものを噛む時に、上部構造(かぶせ物)が破損することがあります。

当院では、保証期間を設けております。保証についての詳しい内容はこちらをご覧ください。


質問6
インプラントは将来、体に悪影響はないですか?

インプラントは、チタンという材質からできておりますが、チタンが体に悪影響を及ぼすことはありません。医療の世界では骨折の際に使うボルトなどにもチタンが使われています。

また、金属アレルギーを起こしにくい金属です。チタンによるアレルギーは、当院では1例も経験しておりません。(チタンのアレルギーが疑われる方は、皮膚科でパッチテスト等をお受けください。)

チタンはその表面に酸化膜をつくります。この膜は、チタンの化学反応性を失わせ、生体内で安定化します(不動態といいます)ので、体にとって悪い影響はありません。

ガルバニック電流もかぶせ物を金属以外で装着しますので流れませんので、ご安心ください。

インプラントがMRI撮影の際に、悪影響があると誤解されている病院もあるようですが、純チタンのインプラントの場合、まったく問題ありません。チタンやかぶせ物のセラミックは非磁性体のためMRIには影響がでません。今後のMRI撮影のことを考えて悩んでおられる方は心配はありません。


お電話での予約・無料相談はこちら
ネットでの予約・無料相談はこちら

大阪にお住まいの方でインプラント治療を考えておられる方はたくさんおられると思います。

ただ、インプラントについてよくわからないとか、本当にした方がいいのか、入れ歯やブリッジと比べてそんなにいいものなのか、 などお悩みも多いと思います。

また、今通ってる医院の診断以外も知りたい、他の先生の意見も聞いてみたい、そんなお悩みは必ず解消されて下さい。正しい知識、情報を得ることが最も大切なことです。

ご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。


無料電話相談・初診相談予約は0120-505-589(歯科相談窓口)までお電話ください。インプラントについてのご相談はこちらから 無料インプラント市民公開講座 無料Web診断・無料メール相談 無料初診相談のご予約

実績豊富・初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00
日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

説明会