GBR法(骨を増やす方法)とは

[最終更新日]2019/12/25

GBRイメージ図

GBRとは、Guided Bone Regenerationの略で、日本語では骨誘導再生法と呼ばれており、骨が少ない方の場合に、歯槽骨や顎の骨の再生を促す治療方法です。

骨が細いと、インプラントが骨の中に収まりきらず骨からはみ出して歯ぐきから露出してしまう場合があります。

そうなると見た目が悪いだけでなく、骨としっかり結合するべき部分が露出しているため、 強度に不安があったり、衛生面も良くない影響があります。

GBRでは骨補填材(骨生成材)を使用したり、患者さん自身の骨(自家骨)を採取・移植して、骨の再生を促します。

GBR法(骨を増やす方法)の流れ・治療期間

GBRの説明図

1.インプラントを埋め込むには、表側の骨の量が足りません。
2.メンブレンと呼ばれる特殊な膜で、骨を作りたい場所を覆います。骨をつくる場所には、人工の骨補填材を入れておきます。そこに、骨芽細胞は集まり、骨ができます。
3.約4〜5ヶ月で、新生骨ができあがります。

当院の手術内容

GBR法についてのご質問・ご相談は無料初診カウンセリングでドクターが詳しくお答えいたします。お気軽にご予約ください。無料の電話相談やWeb診断も行っていますのでご利用ください。