インプラント周囲炎と歯肉炎の類似点

現在では多くの患者さんがインプラント治療を受けておられ、インプラント治療が可能な歯科医院もどんどん増えています。数年前にインプラント手術の危険性についてテレビや雑誌で取り沙汰されましたが、その後、インプラント手術が安全に行われるようになるにつれ、インプラント治療後のメンテナンスの重要性が議論されるようになってきました。

インプラント周囲の骨が細菌感染によって吸収されるインプラント周囲炎にかかっている患者さんが増えており、どのようにしてそれを予防し、また対処するかが今後の歯科医療の大きな問題となってきています。

インプラント周囲炎にかかってしまうと、歯周病と比べてインプラント周囲の骨は急速に吸収されてなくなっていきます。歯周病がすすむと歯が抜けてしまうように、インプラント周囲炎が悪化するとインプラントが抜けてしまうのです。そのため、歯科医院ではインプラント治療後の患者さんに対して定期的にメンテナンスに通うように呼びかけています。

さて、ここでインプラント周囲炎と歯肉炎の類似点等についてみていきましょう。

粘膜炎


動物実験やヒト生検標本から、インプラント周囲粘膜の炎症と歯肉炎が良く似ていることが確認されています。さらに歯肉やインプラント周囲粘膜辺縁部の結合組織が細菌に反応して起こる炎症は、同じパターンをたどり、2つの病変の炎症性細胞の組成も類似しています(図6-7)。
歯肉炎と粘膜炎は治癒して元に戻る状況であり、炎症は適切な手当やメンテナンス等の感染管理手段の対策をとることで完全に消し去る事ができます。

astratec_imp05

インプラント周囲炎


インプラント周囲炎は粘膜炎とは対照的に、歯周炎とは大きく異なる特徴があります(図8-9)。
歯周炎で起こる炎症は、歯肉の上皮化結合組織部位に限定されており、1mm幅の密な結合組織ゾーンによって歯槽骨から分離されています。
さらに、ポケット領域はポケット上皮が最根尖側で歯根面と接触しているため、ポケット内の最近のバイオフィルムを遮断し、直接触れないようになっています。

astratec_imp06

インプラント周囲炎もまた、細菌が増殖するポケットが存在するという点では、同じです。
しかし、歯周炎のポケット上皮とは対照的にインプラント周囲炎の上皮はポケット全体を覆っていません。その結果、ポケット内の根尖側から3分の1の炎症組織は覆われておらず直接バイオフィルムと接触してしまっています。

歯周炎とのもう1つの相違点は、インプラント周囲炎の炎症の広がり方です。
歯周炎ではその病変は結合組織ゾーンで歯槽骨から分離されていますが、インプラント周囲炎の病変は、骨表面に近接した位置まで広がります。疾患の治療のための方針を選択する際、歯周炎とインプラント周囲炎とのこれらの違いを理解することが重要になります。

インプラント周囲炎を放っておくことのないように注意しましょう。

インプラントのメリットを知りたい

インプラントにすることのメリットはいくつもありますが、その中でも際立っているメリットは、インプラントは顎の骨に埋め込まれて骨と結合しますので、しっかり噛めるようになるということです。

歯周病やひどい虫歯で、何年も柔らかいものを中心に食事をされていて方にとっては、インプラントでしっかり噛めるようになることで食生活が激変することになるでしょう。硬いものはもちろんのこと、入れ歯の方にとって苦手とされているガムやお餅などの粘着質のものも難なく食べられるようになります。

前歯を失った方で、話す時に口元を気にしておられたり、思い切り歯を見せて笑えなかった方も、きれいなセラミックの歯が入ることで自信がもて、食事やおしゃべりが楽しくなることでしょう。

インプラント治療のメリットは噛めるようになることだけではありません。歯の本来の機能回復と、自然な歯に見える審美性の両方が叶えられます。
セラミックの被せ物は様々な色の中からご自身の歯に一番近い色を選んで作られます。歯科技工士が本物の歯とそっくりな形状に作ってくれますので、被せ物をセットした後は、周囲の歯と比べても義歯だとはなかなかわかりません。

違和感がないため、数日後には義歯であることを患者さんご自身が忘れてしまいそうになるほど、自然にフィットします。隣の歯に影響を与えることなく、インプラントをした部分のみの治療で済むことも、お口全体の健康を考えれば大きなメリットとなります。

4179285_s

奥歯でも前歯でもインプラントで機能回復できます

虫歯や歯周病、事故等で歯を失った時に、これまでは入れ歯やブリッジでしか対応できませんでした。現在では失った歯の歯根の代わりにインプラントを顎の骨に埋め込み、その上に被せ物を取り付けることで、失った歯の機能を回復させることが出来ます。

失った歯が奥歯の場合、インプラントによってしっかりと噛む力が出るため、硬いものでも何でも食べられるようになります。歯周病で歯を失った方は歯がぐらぐらするのを気にしながら食事をされていたと思います。そのような方にとって、インプラントの歯でしっかり噛めて何でも食べられるということは、この上ない快感なのではないでしょうか。

失った歯が前歯の場合は、何といっても他人からの見栄えを一番気にされてきたと思います。インプラントの被せ物をセラミックにすることで、天然の歯とそっくりの色に作れますので、他人から義歯だと気付かれることはまずないでしょう。

インプラントは骨にしっかりと固定されていますが、インプラント治療後は歯周病を起こさないように天然歯と同じように毎日のケアをしなければなりません。つまり、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス等でていねいにケアを行い、歯垢が溜まらないように気をつける必要があります。

そして数か月に一度は歯科医院で歯科衛生士によるクリーニングをお受けください。その際に歯ぐきが炎症を起こしていないか、歯周ポケットが深くなっていないか、歯科衛生士がチェックしながら歯をきれいにクリーニングします。そうすることでインプラントを永く快適に機能させることが出来ます。

00201_01imp-chiryo-image

入れ歯、ブリッジは残っている歯を痛める場合があります

インプラント治療は、失った歯の代わりの義歯を根っこから人工的に作る治療方法です。歯が抜けたあとの顎の骨にチタン製のインプラント体を埋め込み、歯の根っこの代わりにします。その上に被せ物を取り付けることで歯を再建します。

歯を失ったことで噛めなくなってしまった食べ物が以前と同じように食べられるようになることで、食事が美味しく楽しくなり、精神的にも表情が明るくなったり積極的になったりと、良い影響があります。

インプラント治療が確立される前は、歯を失った患者さんには入れ歯やブリッジで対応していました。当院を受診される患者さんも、入れ歯やブリッジをインプラントにしたいとおっしゃるかたが大勢おられます。

入れ歯、ブリッジの特徴を以下にまとめてみましょう。

ブリッジは固定式ですので、治療後は違和感がなく普段は全く気にならないと思います。治療のために両隣の歯を削る必要があることが一番の欠点で、土台になる2本の歯の負担が大きく、十数年後には両隣の歯を痛めてしまう可能性があります。保険がきくため治療費の負担は少ないものの、前歯の場合は審美性を考えて自費診療のセラミックにしなければならないかもしれません。

入れ歯は取り外し式で、ブリッジでは治療できないような多数にわたる欠損にも対応できます。噛む力がかなり弱くなってしまうため、硬いものが食べられない、はめると違和感を感じる、安定しない等の悩みを訴える患者さんもおられます。食後に取り外して隅々まで洗うことで清潔な状態で使用できます。バネ式の入れ歯の場合は、隣の歯にひっかけることで安定させるためバネをひっかける歯には負担がかかり、歯を痛める原因になります。

これらの特徴を比較して、実際に治療をどうするかを歯科医師と患者さんが話し合いながら決めていくことになります。

illust3700thumb